ラインローラーはどちらに軍配?マグシールド v.s. Xプロテクト

以前にもコメントしたが、今年出たシマノのヴァンキッシュとダイワのセルテート。

最近になって、とある理由から防水機構のしっかりしたスピニングリールをもう一台必要と考えていたのよね。しかも、3000番クラスの。

そこで注目したのが、ヴァンキッシュとセルテート。

ヴァンキッシュはねぇ・・・確かに軽いんだけど、あまりに軽すぎて「おもちゃ感」がどーしても抜けきらないのよねぇ。

しかも、セルテートより実質5,000円ほど高いし。

対して、セルテート。

このセルテートは良い!

デザインもシンプルでいいっ!モノコックボディも良いよね!

そして、何より軽いっ!

これまでのメタルボディで重たかったセルテートの印象がガラッと変わっちゃったよね。

この価格でこの軽さ、更に先代からの剛性はそのまま。

お店で聞いてみると、今年はやはりセルテートが断然売れているらしいし。まぁ、それも納得だわな。

正直、ヴァンキッシュと回し比べてみたけど、言うほどの重量差は感じなかった。

これならば、もうセルテートが欲しいっ!・・・と言いたいところだけど・・・(´・ω`・)エッ?

スポンサーリンク

セルテートで唯一気になるのが、セルテートはラインローラー部分の自己メンテナンスが原則禁止なところなのよねー。

ラインローラーはいくら防水機構が付与されているといっても、どうしても海水が入りやすい部分なので、自己メンテナンスできるシマノのリールの方が良いのよねー・・・ラインローラーがシャリシャリいうたびにオーバーホールに出しているようじゃランニングのコストがかかっちゃってしょうがないし。

買う前から、こんなことをあーだこーだと考えている不肖ゆたりな。

そこで今回、シマノとダイワのラインローラー防水機構について、改めて比較してみた。

シマノのラインローラーはXプロテクト

シマノのラインローラーは機種にもよるが、下位機種はコアプロテクト,上位機種はXプロテクトを採用。

更に最上位機種のステラSWにもXプロテクトが採用されているが、下位機種のものとはちょっと構造が違うみたい。

今回はステラ以下の機種に採用されているXプロテクトのラインローラーをメインに話を進めていく。

シマノのXプロテクトは、ラビリンス構造特殊撥水グリスの2つによって水の侵入を防ぎ、塩噛みを防止するというもの。

Xプロテクト採用のツインパワーXDを2年半以上使い続けており、使用後には必ずラインローラー部分はラインローラーを動かしながら水洗いを念入りにしているが、確かにラインローラーのシャリシャリは少ないかなーといった程度の印象。

しかし、それでも使い続けていればシャリシャリはどうしても出てくる。

Xプロテクトのラインローラーは自己メンテナンスが可能

Xプロテクトのラインローラーは、自己メンテナンスが可能。

だから、自分でバラしてのメンテナンスができる。

ツインパワーXDはこれまで2回ほどラインローラー部分をバラしてメンテナンスをしたが、実際に塩噛みによるボールベアリング内部の錆汚れも確かにあったが、それよりも細かいゴミが侵入していることが多い。

特にサーフの釣りでは波打ち際に泡ゴミがたくさん浮遊しており、これをラインが拾ってラインローラー内部に侵入しているようだ。

こうした内部のゴミを自己メンテナンスで除去できるのは、とても便利。

しかも実際にバラしてみると、Xプロテクト搭載以前のラインローラーに比べてパーツ数が少なく、誰でもメンテナンスがしやすいようになっている。

こんなもん、ラインローラーがシャリシャリ音するたびにオーバーホールしてもらったら、それだけでお金かかるし、そのメンテナンス期間は使えないわけだからね。

どーせ一番汚れる部分がラインローラーなわけだから、完璧に塩噛み等を防げないのであれば、ある程度は自己メンテナンスで済ませたいところ。

ダイワのラインローラーはマグシールド

一方のダイワ。

ダイワの防水機構はおなじみの磁性オイルを使用したマグシールド

ラインローラー部分はなんと、ボールベアリングにマグシールドが搭載されており、ボールベアリング内部への水の侵入を防ぐというもの。

これで完璧に塩噛みが防げるのであれば良いのだが、そうもいかないだろう。

ましてやゴミが侵入したら、尚更やっかいである。

更に、あんな小さなボールベアリングにマグオイルがセットされているわけでしょ?あくまでも素人の感覚ではあるけど、マグオイルが頼りなだけに、個体差による当たり外れがありそうな気がしてならない。

実際にマグオイルが漏れていたという口コミもあるようだし。

マグシールドのラインローラーは自己メンテナンスは禁止

しかも、マグシールド搭載のラインローラー部分は分解や注油は禁止。自己メンテナンスできないのである。

ダイワのマグシールド搭載リールは使ったことがないから分からないが、ラインローラーのシャリシャリが出るたびにオーバーホールへ出さねばならないのは、ちょっと困る。

マグシールドが信用できないからと、「脱・マグシールド」化して自己責任でメンテナンスしているひともいるようだしね。

まぁ、明らかにシマノのラインローラーよりも防御ができているのであれば話は別だがね。

耐久性はどちらに軍配?

結局のところ、ラインローラー部分はXプロテクトとマグシールドのどちらが耐久性があるのだろうか?

こればっかりは両方使ってみなければ分からないんですがね。

ただ、ラインローラーは海水が最も侵入しやすい箇所であるため、完璧に防ぐのは不可能にちかいと思うのよね。

そんだったら一つの考え方として、「ある程度は海水の侵入を防ぐ機構を設け、防ぎきれない部分は自己メンテナンスで補う」というシマノのXプロテクトの方がユーザー側としては都合が良いと思うのだが・・・

マグシールドがXプロテクトを大幅に上回る防水機能を持っているのであれば、また考えが違ってくるのだがね。

スポンサーリンク

まとめ

セルテート欲しいんだけど、ラインローラーのマグシールドってどうなんだろ?どうしても耐久性が気になってしまう。

まぁ、実際に使ってみないことには分からないからね。マグシールドに満足しているユーザーも多いわけだから、思い込みは良くないわな。

ここは思い切って、セルテートを買うべきか?

いやいや、やはりヴァンキッシュか?

しかし、セルテートとヴァンキッシュの価格差まで考えると、オレごときがヴァンキッシュまで持つ必要もないわけだし・・・(´Д`)ハァ…

エクスセンスCi4+ってのもアリだな・・・軽いし、ラインローラー部分もXプロテクトを採用しているし。

耐久性に関しては、同じ樹脂ボディのCi4+素材のレアニウムCi4+で全く問題なく使えているからね。

あぁ、どうしようかな~・・・悩みますわ・・・(´Д`)ハァ…

・・・

・・・まだまだ先の話なんですがね!(´・ω`・)エッ?

みなさん、どう思われます?

スポンサーリンク

コメント

  1. 小田原のPちゃん より:

    お久しぶりです。
    釣り道具選び、悩みますよね。
    シマノに詳しく無いので、主にDAIWAのことでコメントさせていただきます。
    DAIWAのマグシールドに関して…
    メインシャフト部分にあるマグシールドに関しては、ある程度信頼・信用しています。
    ただしラインローラー部のマグシールドベアリングに関しては、1ミリも信用していません。
    理由は、回転部しかもX軸Y軸両方に遠心力が掛かるラインローラーに於いて磁性だけでオイルを維持出来るか疑問が残ります。
    まあ密閉型ベアリングなら問題無いとも思えますが…
    本来ベアリング自体粘性の高いグリス等で異物の侵入を防ぎ、回転に伴う熱でグリスが緩くなり滑らかに回るモノで、DAIWAのマグシールドベアリングは、側板外周部のマグオイルでグリス流出を防ぐモノです。
    いくら磁性があると言っても何千何万と回転し、外へ振られ続けるラインローラーで1年以上性能を維持出来ると思えないのが信用出来ない理由です。
    ただ本音を言うと…
    根本から、ひっくり返す事になるのですが、ラインローラー部分にベアリングは、不用と思います。
    リールの使用において直接、水に曝され異物や水分の侵入をゼロには、出来ないなら高価な精密ベアリングなど不用というのが持論です。
    比較的安価なジュラコンで十分だし、セルフメンテも交換すれば良いだけですから。
    と言う訳でメンテナンスを自分でしたいならシマノ。
    保証なんてイラネ。魔改造するぜって気持ちならセルテが良いかと。脱マグ化は、先人の贄がウェブに多数在るので参考にされては、如何でしょうか。
    えっ俺ですか?
    オイラは、中級機をノーメンテで使い潰すスタイルです。

    • ゆたりな より:

      小田原のPちゃんさん、ご丁寧なコメントありがとうございます!

      マグシールドに関しては、私も全く同じ意見ですね。あんなチンケなボールベアリングを磁性オイルで防げるなんて到底思えないんですよね。

      ヘビーユーザーでも2年以上はノーメンテで大丈夫というくらいならば良いと思いますが、1年ももたないようならば言うほどでもないかな、とは思います。

      ダイワもあんだけマグシールドボールベアリングを宣伝していて、今更方向転換で「ごめーんねっ!ここはやっぱ自己メンテしてね!」なんて言えないでしょうし。

      その点、シマノのXプロテクトのほうが納得がいくと思いますね。ラビリンス(迷路)構造と防水グリスで異物が入りにくくして、それでも入ってきちゃったら「自己メンテプリーズ!」。この方がユーザーサイドも納得がいくでしょう。

      前に「ラビリンス構造にしちゃったら、一度入った異物が抜けないジャン!」みたいな理屈をこねているブログを見かけたことがありましたが、「入りにくいものが入っちゃったらメンテすればいいじゃん!」と、ただそれだけなんですよね。

      Pちゃんさんのご意見のように「ジュラコンで充分ジャン!」という意見も多く聞きますが、ボールベアリングと性能的に大差がないならそれでもよいでしょうね。

      ちなみにアタクシの場合、「それなりの道具をメンテナンスで永く大事に使い続けたい派」ですね。最上位機種までは必要ないですが!

  2. 自分はセルテートクラスになると、値段が高いの一言です(笑)

    カルディアLT5000CXHを使ってます。
    使いこなせてない、もしくは良さがわかってないのかも知れませんが、正直これで限界の高さです^^;

    先日、そのカルディアがフックング時にリールフットが折れました(+_+)
    ザイオンボディって弱いの???で頭が一杯になりました(笑)

    • ゆたりな より:

      チンパパさん、コメントありがとうございます!

      あれっ、チンパパさんて確か高いロッド持ってるじゃないですか!そんだったらセルテートは余裕でしょ!

      ダイワはフリームスしか持ってないので分かりませんが、サーフメインではバイオマスタークラスだとすぐにゴリ感が出たりするんですよね。今のハガネギア(前はCFギア)が入っているやつは良いんですがね。

      それにしても、カルディアのリールフッドが折れたとは…私のフリームスはライトタックル用だから折れることはないとは思いますが。

      どうなんでしょ?

      • それが、、、
        扱いが雑なのか、どんなリールでも二年で壊してしまいます(+_+)

        リールフットを折ったのも、これで二回目です汗

        もう少しメンテと扱い方を考えたいと思います。。。

        • ゆたりな より:

          チンパパさん、2回もですか!

          どうやったらリールフットが折れるんでしょうかね?メンテも何もないようなところですよねぇ?

          やはり、セルテートですよ!買っちゃいましょう!