【ヘキサネットとキャッチバー改】ランディングツール買ってみました

相変わらず、釣りへは行ってません・・・貧乏暇なし、不肖ゆたりなでございます(;´Д`)
 
今回は、先日、楽天にて購入したランディングツールについて。
 

 
5年前、エギングを始める頃に揃えたバカチョン格安の玉網(約3,000円)。
 

サーフが主戦場なので、玉網はあまり使うことはないのだけれど、たまに堤防で釣りするときに使用する程度。移動する際は手持ちになるため、非常に面倒だった。
 
最近では、富山遠征でのメバリングで、面倒だから玉網は持ってかなかったら、60センチのシーバスが掛かっちゃって、無理に男のわし掴みをしたら、手を負傷orz
 
最近のシーバスアングラーみたいに、背中のD環やら腰やらに掛けて、移動に便利なランディングツールが必要と考え、楽天にて購入。
 

キャッチバー改マイクロ420(テイルウォーク)

 

ポールは、携帯性を考え、ライジャケのD環に引っ掛けられるホルダーが付いて、仕舞寸法が50cmと、他のランディングポールより短く、しかも比較的安価なので、購入を決意。

全長は420cm。まぁこんくらいあれば、ある程度のところなら大丈夫でしょ!

これ以上高い場所で釣りしないし(高所恐怖症)。
 

ランディングネット ヘキサネット(メジャークラフト)

 

ネットは、メジャークラフトのヘキサネットLサイズ。「Lサイズも必要か?」とも思ったが・・・まぁ、大は小を兼ねるということで。昌栄のよりは安いし。
 
さっそく届いたが・・・
 

どはっ!ヘキサネットは思った以上にデカいっ!

これって折りたたみできないのか!
 

あぁ、折りたたみできるやつもあったのね・・・(;´Д`) こっちにしとけばよかった。
 
あっ、これって・・・
 

ランディングアームが付属していたのね・・・
 

付いてないと思って、別に店舗で買っちゃったよ・・・(;´д`)
 

ランディングポールとネットを組んでみた


ランディングポールの方は・・・これは程よい長さと重さでgood!
 
さて、取り付けてみましょうかね・・・
 

ポールよりネットの方がデカいな・・・(‘Д’)
 
ネットを振って・・・
 

シャキーン!スムーズに出るねぇ!
 
次にポールを伸ばして・・・ン?アラッ?・・・
 

EVA部分が硬くて抜けない・・・(-_-)
 

ちょっと硬すぎるな・・・これってこんなもんなの?


ポールの伸びはスムーズ・・・これはいい感じ!
 
いずれにせよ、使いこなせるようになるには慣れが必要だな。

ポールのEVA部分が硬すぎるので、ここをもう少しどーにかしたい。ちょっと考えましょうかね!
 
サーフ以外で釣りするときは、これをライジャケの背中か腰にでも掛けとけば、移動も楽々!
 
さぁ、いつ活躍してくれるでしょ~かっ!

スポンサーリンク