【ボーンラッシュWX8】使用6ヶ月後のインプレッション

よつあみのPEラインである、「ボーンラッシュWX8」。

ボーンラッシュを使い続けて、半年が経過。

現在はツインパワーXDへ巻き替えて使用。だから、ご近所サーフでの釣行は、ほぼボーンラッシュを使っている。

ご近所サーフで2時間以内の短時間釣行がほとんどだが、回数にすれば週3くらいは確実に使っているから、使用頻度としてはそれなりだと思う。

今回は、そのボーンラッシュを半年使用した時点で、率直なところをインプレッションしていきたいと思う。

ボーンラッシュ半年後の使用状況

ボーンラッシュは使い始めからはずっと順巻きで使用していたが、3ヶ月ほど使用した頃だろうか、一度強風時に釣りをした時に不用意にエアノットができてしまったので、その部分をカットして結び直した。

しかし、その箇所は60メートル付近でジグをキャストした時には結束箇所が放出されてしまうので、安全のため逆巻きにしてその後は使用を続けている。

【ボーンラッシュ使用条件】
・使用号数: 1.0号(22lbs.)
・リーダー: シーガーFXR船5.0号(20lbs.)
・リーダーとPEとの結束方法: FFノットorFGノット
・スナップとリーダーの結束方法: ダブルクリンチノット
・使用スナップ強度(公証): 4.2kg

ボーンラッシュは、とにかく細くて強い!

ボーンラッシュは、とにかく細くて強い。それは半年経過したところで変わらない。

他のPEラインの同号数のものに比べれば間違いなく細い。それなのに、直線強度は間違いなく強い。

スポンサーリンク

直線強度が強いのは、魚とのやりとりが有利なのはもちろんあるけど、それよりも、根掛かり時にフックを伸ばして回収できたりするところの方が大きい。

多少の色落ちはあっても、直線強度が極端に低下するようなことは無いし、もちろん、強度ムラも感じない。しっかりと強度保持がなされているといった感じ。

そして細いことによる恩恵について。

使用時には大きく実感することは無かったが、ラインが細いことに越したことはない。ラインが細いと風や潮の流れへの抵抗も少なくて済むし、着底感度も上がる。細かいところでこうした恩恵は必ず受けているはず。

とにかく、細ければ何であろうと「良し」。

色落ちはあるが、長期耐久性はバツグン

ラインの色落ちは他のPEライン並みにあるといった印象。色落ちが極度に少ないアーマードF+プロと比べると、明らかに色落ちは早い。

しかし、表面のコーティング剤がガイドにびっしりと付着するようなことはない。コシは新品時に比べると確実に落ちてはいるが、だからといってライントラブルに発展するようなヘナヘナ感はない。

それなのに、ライン表面の滑りは維持されており、毛羽立ちもかなり少ない。

これって何なんだろうね?矛盾した現象のように思えるのだが。

ライン表面へのコーティング剤の食いつきが良く、使用を重ねてもコーティングが完全に取れにくいからかね?

それとも原料であるポリエチレンの質が違う?

はたまた編み込み密度の違いによる差?

それとも・・・

PEラインの製造の詳細が分からないから何とも言えないのだが、どうなんだろうね。個人的にはそのメカニズムを知りたいね。

よつあみって「なんとか製法がどーのこーの・・・」など、パッケージ裏に記載の説明や、メーカーHPからの説明を見ても、抽象的な説明ばかりで全く理解できない。これほど分かりにくい説明も無いよね。

おそらく、文章を考えている担当者自身が自分が考えた文章に酔っているとしか思えないくらい。ホントに分かりづらい。

製品自体は良いのに、説明の文章で損をしちゃってるような気がするよね。「美しい文章」ではなく、「分かりやすい文章」にして欲しいよね。

フィッシングショーとかに行ってメーカーに聞けば、ある程度のところは教えてくれるのかな?

フィッシングショーって行ったことがないのだが、よつあみのブースが出るのなら、行ってみようかな。

スポンサーリンク

まとめ

これまでボーンラッシュを検討し続けたが、もうだいたいのことは分かった。検討はこれで十分だろう。

今後の使い分けは、強風時や潮の流れが速い時、ウィードなどの障害物が多い時にはアーマードF+プロ。それ以外の比較的条件が良い時にはボーンラッシュ。

今のところは、こんなんで良いかなと。

ただ、最近になってちょっと気になるのが、通販大手のナチュラムやアマゾンなどは200m巻きのアーマードF+プロの欠品が多くなっており、最近は高値で売られていることも多くなった。

デュエルHPで確認したところ、アーマードF+プロの200m巻きがノーマルのもので無くなっていた。200m巻きは「投」のやつだけになってしまった・・・おいおい、もしかしたら今後、アーマードF+プロ自体が生産中止になるなんてこと無いよな???

どちらにしても、オレ的には200m巻PEラインは3,000円が上限。それ以上の価格になったら、別のPEラインを検討するだろうね。

いずれにせよ、安定供給されている限りは、ボーンラッシュとアーマードF+プロの2つでいこうと思います!

スポンサーリンク