ぶっ飛び君95S 名は体を表す

今日は、休みが合ったJingasaさんとサーフ釣行の約束で、Jingasaさんに是非とも釣っていただきたかったが・・・雨と濁りもあり、午前中場所を変えたりして挑んだが、生命反応全く無し。
 
ここ2日は、全体的にベイト,フィッシュイーター共に寄りが少なかったようで、周りも釣果報告がほとんど無い様子。
 
Jingasaさん、今日はお疲れ様でした!なかなかタイミングが合わず、申し訳ないです・・・
 

スポンサーリンク


 
話は変わって、今日はヘビーシンキングペンシルというのか?ジグミノーというのか?これらは同義語なのかはよく分からないが、とりあえずヘビーシンキングペンシルで統一して話をする。
 

以前にも何度か記載したぶっ飛び君95Sについて。
 
巷で言われる「ジグ並みの飛距離」と謳っているルアーは数あれど、オレ様がそう認めているルアーは、MJリグ(ミノーM+8号シンカーの組み合わせ)とこのぶっ飛び君だけ。
 
以前のご近所釣行で、2回も根掛かりロストしてしまった・・・これ、けっこう高いので、根掛かりロストすると相当へこむ・・・
 

ぶっ飛び君があまりに高いので、安価で同じようなヘビーシンキングペンシルを探していたところ、見つけたのがこれ、デュエルのアダージョヘビー。ほぼ同じような形状なので、使用用途はぶっ飛び君と同じように使えるだろ!
 
しかしながら先日、ご近所朝練でMJリグ屋さんにお会いした際、オレ様が以前に根掛かりロストしたぶっ飛び君を回収してくれていた!
 
MJリグ屋さん、ありがとうございます!
 
201506191
上:MJリグ屋さんが回収してくれたぶっ飛び君。もうハゲハゲ・・・
ブルピンイワシカラーだったんだけど、残ったカラーは背中僅かと腹の部分のみ。
下:アダージョヘビー
 
ぶっ飛び君は27グラム,アダージョヘビーは30グラム。
 
今日の釣行で、飛距離を比較してみたところ、平均で約10メートル以上の差でぶっ飛び君の勝ち。
 
感覚でも、アダージョヘビーはさほど飛んでいないという印象。対するぶっ飛び君は、軽快にカッ飛んでいるという印象。
 
なぜ似たような形状で、しかもアダージョヘビーの方が3グラム重いのに、これだけ飛距離に差が出てしまうのか?
 

ぶっ飛び郡95S キモはキャスト初速時の飛行姿勢

 

原因はキャストでの初速時の飛行姿勢の差。 
 
アダージョヘビーは、初速時に明らかに姿勢がブレる。中盤からは飛行姿勢は安定するが。
 
一方のぶっ飛び君95S。こちらは初速時から飛行姿勢がキレイで安定しており、どんなキャスト方法でも飛行姿勢がほとんど崩れない。微妙な形状設計とウエイトバランスが、この差を生んでいるのだろうね。
  
以前に使っていたアンリパのGIGも、ほぼアダージョヘビーと同じような評価。別にアダージョヘビーやGIGの評価が低いわけではなく、それだけぶっ飛び君の能力が抜きん出ているということ。
 
正直、ルアーに対しての有名テスターからの高評価や周りの下馬評は、よほど根拠がない限り信用しないのだが、この「ぶっ飛び君95S」だけは名前の通り、軽快にぶっ飛び、ホントにジグ並みの飛距離であることは間違いない!
 
しかも、ホントに釣れるし!
 
ぶっ飛び君をプロデュースした井上なにがし、間違いないな・・・
 
オレ様のお気に入りのバイブレーションである、エクリプスのパワースライドもキールバイブも、井上なにがしが関わっているんでしょ?
 
熱烈ファンにはならないが、彼が関わっているジャンプライズ,エクリプスのルアーには今後も注目していこうかね!
 
さて、次回のご近所朝練はいつになるかな・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする