よつあみのPEライン ボーンラッシュWX8は超ド級のラインかも!

「アーマードF+プロはコーティングが早く剥げる」だと?

先日、INXlabelが運営しているyoutube動画「一釣一是」の釣り糸基本編①をボケーっと見ていたところ、レオン氏のお仲間がアーマードF+プロについて、次のようなことを言っていた。

(39分39秒あたりから注目)

「コーティングが剥げるのが激しいんで、もう使い捨て感覚なんですよ」(レオン氏のお仲間)

・・・(´・ω`・)エッ?

えーっ、そうか?そんなにコーティング剥げるの激しいか?色落ちゼンゼンしないし!

そもそも、それってアーマードF+プロでなくて、プロ「じゃない」方でないの??

以前にも記事にしたが、デュエルは中途半端な販売戦略でグレードの低いものをラインナップするから、そういった誤解が出るんだよ!

「今、細くて強いPEがよつあみさんにあるので、比重がモノフィラみたいに重くなくても、線形細くなった分ぜんぜん使えちゃうので、アーマードフロロにする意味が超希薄になっているの」(レオン氏)

なに?よつあみのPEラインてそんなに細いんかい???

でも、確かにこれまでソルトルアーフィッシングを始めてから、デュエルのPEラインやラパラのラピノヴァなどの安ラインばかりで、ハイグレードのPEラインを今まで使ったことがない。

そういえば、レオン氏は最近、よつあみのPEライン『ボーンラッシュWX8』が良いと言っていたな・・・

ならば試してみよう!よつあみのPEライン『ボーンラッシュWX8』

それならば、試してみよう!よつあみライン!

レオン氏が推奨しているボーンラッシュWX8、200m巻き1.0号を購入してみました。

通販なら実売価格3,000円程度で購入可能。

アーマードF+プロの200m巻き1.0号で実売価格が2,300円程度で、ボーンラッシュの方が700円ほど高い程度。これくらいならば試す目的ならば買ってもいいかなと。

さぁこの700円高い分の良さが見いだせるのでしょうか?

スポンサーリンク

驚愕!ボーンラッシュはこんなにも違うのか!アーマードF+プロとの比較検証

さぁ、このケチケチ大魔王の不肖ゆたりな、初めてのよつあみPEラインを入手したが、どうだろう?

箱を開けてラインを触ってみると・・・

なんじゃこりゃ!(゚д゚)!

ラインの細さ

まず驚いたのが、ラインの細さ。

1.0号を購入したはずなのに、触った感触からとてつもなく細いことが明らかに分かるくらい。

事実、アーマードF+プロの0.6号と比較してみても・・・


おいっ、むしろアーマードF+プロの0.6号よりも、ボーンラッシュ1.0号の方が細いだろ!

間違えて購入したかと思い、ボーンラッシュのパッケージを確認したが、やはり1.0号。間違いない。

マジっすか!こんなにも違うの??

メーカーの違いでこんなにも太さが違うのか!

アーマードF+プロ0.6号200mをスプールにぴったりになるよう下糸調整したレアニウムを、このボーンラッシュ1.0号200mに巻き替えてみると・・・


やっぱり・・・まだ少しスペースが空いている。

触った感触

触った感触もかなりスベスベ。

アーマードF+プロの表面コーティングよりも、滑りが格段に違う!かなり滑る!


このようにラインが立つくらいのしっかりとしたコーティング。

しかしここまで細いと、アーマードF+プロのような糸グセは無い。

引張強度

ボーンラッシュの最大引張強度は、1.0号で・・・


なんと、22lb。ボーンラッシュは1.0号で22lb!


一方のアーマードF+プロの最大強度は19lb。

ボーンラッシュって、これだけの細さでそんなに強いの?

ちょっと信じ難いな・・・

スポンサーリンク

まずは実釣で試してみましょうか!

かなり驚きのボーンラッシュ。細いのは良いかもしれないが、本当に信頼できるラインなのか?

それでは、さっそくご近所サーフで試してみましょうか!

【使用条件】
ロッド:ノリーズ フラットフィッシュプログラム ラフサーフ88
リール: シマノ ’12レアニウムCI4+ C3000HG
リーダー:クレハ(KUREHA) シーガー FXR船 100m 4号 クリア
結束方法:FFノット
コンディション:多少波気あり。微風。
使用リグ:MJリグ+パワーシャッド4インチ(真鍮シンカー20g)

最初にリーダーとの結束。

右手の指でボーンラッシュを抑える際、滑ってなかなか固定できない。明らかにアーマードF+プロよりも表面の滑りが半端ない!

そしてキャスト・・・えっ、なに?この気持ちよさ!糸抜け感が半端ない!

ライン放出時に軽く人差し指でスプールをフェザーリングすると・・・指への当たりが超ソフト!ピンピン当たる感じがしない!

飛距離も半端なく、比重の低い真鍮シンカーでも80mは飛んでいる。

5m毎に緑→白が交互にマーキング、1m毎に黒マーキングが施されているが、正直言ってよく見えない。まぁ、マーキングはほとんど気にしてないので、無視無視。

ボトム感度はアーマードF+プロに比べてちょーっと低いような気はするが、それでも使用上問題はないレベル。

ジグヘ切り替えたら、途端にガッツリ根掛かり。ちょうどボーンラッシュの強さを試す良い機会が。

外れないので、ゆーっくり引っ張ってジグロスト。ラインを回収してみると、リーダー部分で切れている。

ボーンラッシュは1.0号、22lb。リーダーは4号、16lb。リーダー部分で切れたのは理論上は無難な結果。

次に使用する際は、リーダー5号(20lb)で試してみよう。

アーマードF+プロ1.0号との組み合わせではさすがにリーダー5号ではPE側で切れていたが、ボーンラッシュではどうか?これでリーダー部分で切れるようならば、ボーンラッシュの強さは本物と言っても良いだろう。

あとは耐久性。

こればっかりは使い続けないことには何とも言えない。

この細さで強度劣化が少なく、1年以上使えるようならばホンモノと言えるだろう。

現時点でボーンラッシュを使用した実感としては、レオン氏がボーンラッシュを勧めているのはよく分かる。

もうしばらくはアーマードF+プロ一択だろうと思っていたけど、ボーンラッシュがここまで安いのであれば、ちょっと考え直す必要があるかもしれない。

とりあえずはこのボーンラッシュ、今後もアーマードF+プロ同様の使い方をして、検証を続けていきたい。

また気づいたことなどがあれば、その都度コメントしていきますよ!

スポンサーリンク

コメント

  1. yuusuke55 より:

    初めまして!
    いつも楽しくブログを拝読させていただいております♪

    自分はよつあみのPEラインを使用しております。”ボーンラッシュ”も購入しました。
    まだリールには巻いていませんが、アーマードとの比較が見れて参考になりました♪

    普段はよつあみのG−soul X8 アップグレードを使用しています。
    既にボーンラッシュを購入されているので今更ですが、PE1.0号を使用するのであればアップグレードの方が安くて良いと思います♪
    ボーンラッシュは細い番手の0.4号とかは安いので、使い分けした方がお財布に優しいと思います♪

  2. ゆたりな より:

    yuusuke55さん、アホアホブログへようこそ!

    私の場合、ラインはコストパフォーマンス重視なので、高価なよつあみラインは最初から眼中になかったのですが、実際に手に取ってみるとさすがに度肝を抜かれましたね。

    ご指摘通り、確かにG-soul X8アップグレードのほうが安く、シーバスアングラーなんかにはこちらの方が良く使われているみたいですね。私も後から知りました。まぁ、今回は検証でもあるので良しとしましょうかね。

    やぱりトップシェアメーカーの品は、それなりの理由があるからトップシェアなんですね。改めてよく分かりました。

    引き続き、検証してまいります!