【いきなり!富山遠征2018春】反応がすこぶる薄いホタルイカパターン釣行初日

さぁ、そんなこんなで、やって来ました!富山遠征!

本来は3月25日には富山入りする予定でいたのだが、直前になってゆたゆたが風邪を引いてしまったため、予定を一日ずらした26日に移動。

しかし・・・この時点でこの不肖ゆたりな、どうやらゆたゆたからの風邪を引き継いでしまったようで、喉の調子が悪くなり始めていた。その時点で熱は出ていなかったのだが、どうも咳だけが止まらない状態が続く。スッキリ感が無いので、嫌な予感はしていたのだが・・・

それはともかくとして、この時の週の富山は予報を見ても快晴。期待だけは大きく釣行を待つ。

スポンサーリンク

凪,波なし、ホタルイカもなし。あるのは強烈な月明り

夕方に嫁の実家のある富山に到着。夜はさっさとりなりなやゆたゆたを寝かして、待ちに待ったホタルイカパターン釣行を開始。22時に目的のゴロタ浜へ到着。


風やうねりはほとんど無く、非常に釣りがしやすい状況。ただ一つ難を挙げるなら、月夜で明るすぎること。メバルはちょっと厳しいか?


タイドグラフもこんな感じ。

最初はホタルイカパターン定番のズィークイッドにて。ホットケ,ホタルイカジャーク,タダ巻きと攻めてみるが、全く反応がない。

すぐにルアーチェンジ、広範囲を探るべく、トライデント60へシフトするが、これでもアタリを得ることができない。

たまにホタルイカハンターの姿は見られるが、例年に比べて少ないような気がする。たまたまか?ただ、確かにホタルイカは寄っていないようだ。ホタルイカの打ち寄せられた姿や発光は見る事が出来ない。フィッシュイーター達の活性も低いのか?回遊も無いのか?

ルアーを頻繁にローテーションしていると、ズィークイッドでようやくアタリが! Σ(・ω・ノ)ノ!

しかし小さい・・・この引きはカサゴだな。すんなり抜きあげて・・・


案の定、20センチ程度のカサゴ。カサゴの反応すら薄い。

その後はトライデント60を中心に、広範囲にランガンしながら攻めていくが、全くアタリが得られない状態が続く。

さすがにアタリが得られないので、朝マズメに的を絞るため、翌1時から3時間ほど車の中で仮眠を取ることに。

朝マズメ狙いでアタリはあるが乗せきれず

4時になってさぁ釣り開始!気温はちょっと寒い、8度くらい。

と思ってフィールドへ出ると・・・あらっ、アングラーで一杯。平日なので、皆さん、朝マズメ狙いなのね・・・(´Д`)ハァ…

そんな中で釣りを再開。3度ほど明確なアタリはあったのだが、乗せきれず。周りでは釣れている様子は全くない。多分、誰も釣れてない。

それ以降も全く反応すらなく、6時撤収。

<使用タックル>
ロッド : クロステージ CRK-802ML (メジャークラフト)
リール : ’10セフィアBB C3000S (シマノ)
メインライン : ハードコアX4 0.6号(デュエル)
リーダー : シーガーフロロショックリーダー 10lb (クレハ)

スポンサーリンク

まとめ

コンディション的には最も釣りをしやすいんだけど、完全に魚は釣れないパターン。こりゃぁ翌日以降もダメパターンは続くな。ホタルイカでも寄ってくれば形勢逆転もイケるのだが・・・ちょっと難しそう。

そんなことよりも、咳が止まらない。喉の奥に痰が絡んで、ちょっと苦しい。熱の出るようなだるさはないが、なんかイヤな予感がする・・・(;’∀’)


帰りに富山のローソンで買ったおにぎり。今回の唯一のヒットはこれくらいか。もちもちっとした食感がイケる。

富山の天気は雲がなくて快晴なのだが、不肖ゆたりなの釣行に暗雲が立ち込め始めた・・・(゚д゚)!

スポンサーリンク