アカハタを料理してみました 昆布締めアラ汁最高です!

昨日釣り上げたアカハタ。


あぁ、見ているだけでウットリするくらい美しい・・・(*´Д`)

ハタ類の中でも、かなりの美味とのことは噂で聞いている。純粋に食べてみたい!

最近は、魚を捌くのも慣れてきて、短時間で綺麗に捌けるようにはなった。魚をきれいに捌いて、美味しく食べるのも、釣りの楽しみに入るのかもしれない。最近は特にそう感じるようになってきた。

そこで、やってみました!簡単アカハタ料理!

スポンサーリンク

アカハタの昆布締め

せっかく釣ったアカハタ。最も美味しく食べる方法、それはやはり昆布締め。下記の方法は、アカハタに限らず、白身の魚ならどんな種類でも同じであるので、ポイントを押さえていただければ、簡単で美味しく昆布締めを楽しめるので、ご参考あれ。


前回のアオリイカの昆布締め記事にもあった、富山では定番の「おさしみ用昆布」にて昆布締めを作る。

富山のスーパーで売っている「おさしみ用昆布」は、昆布締めに使用するための昆布であって、通販で売られているおさしみで食べるための生の昆布とは違うので、ご注意を。


捌いた身の方を昆布締めへ。アラは後ほど、「アラ汁」に。


今回は、サクのままで昆布締めにする。魚の身と接する昆布の表面を酒や酢で拭き取る程度に軽く湿らせてから、魚の身を挟む。

サクのまま昆布締めにすると、身が締まって固くなっているために、包丁で薄く削ぎ切りがしにくく、切った身が崩れやすい。慣れない人は、食べやすいようそぎ切りにした身を昆布で挟むほうが良い。その場合、昆布表面の水分を若干多めにする程度に酒や酢で湿らせると、身が固すぎずに、程よい硬さに締めることができる。

サクのまま締めるか、削ぎ切りした身を締めるかは、長時間保存したいか否かにも依る。1日以上保存したい場合はサクのまま、1日以内に賞味したい場合は削ぎ切りにして昆布締めにすればよい。


昆布で締まっている目安は、身の透明度で判断。写真のように透明度のある飴色であれば、程よく締まっている合図。

また、捌いた日に食べたい場合は、後者の方が良い。3時間程度でも充分締まっており、昆布の旨味も乗っている。

オレは保存が利く方が良いので、サクのまま昆布締めにしている。


昆布で挟んで、密閉するようにラップにくるんでから、あとは冷蔵庫へ入れるだけ。

5日程度であれば、冷蔵庫で保存はOK。5日以上保存したいのであれば、昆布に挟んだままで冷凍保存しておいた方が無難。冷蔵庫内で長期間保管していると、昆布にカビが生えてくるので、注意。

昆布締めで使用した昆布は、まだ充分に旨味が含まれているので、後の「昆布ごはん」に使用する。

アカハタのアラ汁

<アカハタのアラ汁 材料>
・水 鍋にアラが浸る程度
・酒 適当量(お好み)
・おろしニンニク 適当量(お好み)
・味噌 適当量(お好み)

先ほど捌いたアカハタのアラを、いったん熱湯へくぐらせたらすぐにザルに空け、身の表面を水で洗って、血合いやヌメリを取る。


血合いやヌメリを取ったアラを、水から弱火で沸騰させないよう、灰汁を取りつつ、ゆっくりと煮る。この時、臭み消しに酒を適当量(ホントに適当量)入れる。煮出す時間は適当(ホント、適当)だが、オレの場合、できるだけ長時間煮た方が、魚の旨味が出て美味しい。


ある程度煮出したら、おろしたニンニクを加え、味噌で味を付けて出来上がり。実は、このおろしニンニクを入れるところがミソ。魚の臭みも消え、たまらない味となる。


お好みでネギを加えと、これまた美味しい。

昆布ごはん 昆布締めで使用した昆布を使って

昆布締めで使用した昆布は旨味が充分残っており、そのまま食べても美味しいので、細切りにしてごはんと一緒に炊き込む。

<昆布ごはん 材料>
・米 2合
・醤油 大さじ3
・酒 適当量(お好み)
・昆布締めで使用した昆布 適当量

研いだお米に必要量の水を入れ、適当量の酒と醤油大さじ3杯を加える。さらに昆布締めで使用した昆布を食べやすいように細切りにしたものを入れて、あとは炊飯器で炊くだけ。

昆布の量もお好みだが、多めに入れた方が、当然だがそれだけダシが出て美味しい。


お好みで、油揚げやゴマを入れても美味しい。

スポンサーリンク

アカハタのお味は?

さて、メインであるアカハタの昆布締め。お味の方は?

身がもっちりとしており、これは旨い!キジハタやオオモンハタも食べたが、アカハタはまた違う旨味がある。

なんか別の魚の味に似ているな・・・そう!ホウボウが味的に近いかも!程よい食感と旨味、ホウボウに近い味!

ホウボウも赤い魚。アカハタと同じようにボトムに生息しており、甲殻類を好んで捕食している。やはり同じ体色,同じようなものを食べているものどうし、肉質は似てくるのかな?

当然、他のアラ汁や昆布ごはんも旨い。

このアカハタは、釣ってよし,眺めてよし,食べてよし。ちょっとこれは病みつきになりそうだね。

シーズンはまだまだこれからなので、今後も積極的に狙っていきたいターゲット。

まだまだハタゲー調査、やめられませんなー!(^^♪
 
 
※料理,グルメ関連記事はこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. 半蔵 より:

    私もアカハタの味は根魚の中では群を抜いて好きですねw
    特に脂が乗った時期のアカハタは、また絶品です!
    甘みがたまらないですよね。

    不満があるとすれば、もう少し大きく育ってくれたら沢山食べれるのに・・・

    • ゆたりな より:

      半蔵さん、コメントありがとうございます!

      そちらでもアカハタ、釣れますか!オフショアだと数も釣れるんでしょうねぇ!この旨さは、確実に私の中でのベスト3に入ります。

      もう少し大きく育ってくれたら・・・ですか。私は、頭サイズはヒラスズキ、体高はマダイのように育ってくれたらと、完全に都合良く考えています!(;^_^A