スズメバチ駆除は自分でしない!料金相場と信頼できる駆除業者とは?

今年はコロナウイルスの蔓延や長雨,猛暑など、例年以上に異常な状況が続いている。

先日の台風もそうだが、9月に入ってまだ猛暑が続くこの状況下、釣りに行く気もなかなか起きない。

最近になって夜は少しは涼しくなったけど、昼間はまだまだ暑いよね~・・・(;´Д`A “`

畑仕事中、スズメバチを発見!

そんなことを毎日考えつつ、先日、梅の木をチェーンソーで切っていた時のこと。

でっかいハチが突然、周囲をブーンと! Σ(゚д゚lll)

幸い、こちらへ攻撃してこなかったので助かったが、そのハチを観察していると、ちょうどチェーンソーで切っている梅の木の根元へと・・・アラッ、切り株の根元に穴が空いてる・・・これってもしかしてハチの巣が中にあるのか?

数はいないようだが、明らかにデカいハチだし・・・これってスズメバチ???

夜にライトを照らしながらハチスプレーで駆除しようと試みたが、ワラワラとハチが穴から出てきたので、すぐに退散。

人がよく通る道沿いの畑だったこともあり、結局は業者さんへ駆除を依頼して事なきを得た。

今回駆除したスズメバチはモンスズメバチという種類で、オオスズメバチやモンスズメバチに比べて攻撃性は低いとのこと。

切り株の中にあった巣も比較的小さいのもあって、比較的すぐに駆除作業は終了。


ハッチーペタペタで捕獲したモンスズメバチ。


これが女王バチ。他の働きバチよりも一回り大きい。写真で見ると分かると思うが、尾の付け根部分が赤っぽいのが、モンスズメバチの特徴。

切り株の中にある巣を完全に除去。まだ小さかったから良かったが、このまま放っておいたらさらに拡大させていった可能性は高い。


幼虫もデカい!

スズメバチなので駆除費用で2万円の出費にはなったが、完全に駆除できたので、まずは一安心。

これからの時期は、スズメバチの被害が多くなるので、ホント要注意ですよ!

スズメバチは危険。特に注意が必要なのはオオスズメバチとキイロスズメバチ

スズメバチの中でも特に危険なのが、オオスズメバチキイロスズメバチ


オオスズメバチは4〜5センチと親指くらいの大きさになり、スズメバチの中でも最大。高い攻撃性と毒性を持ち、土の中や木の幹の中などの目立たないところに巣を作ることが多い。


もう一つのキイロスズメバチは、オオスズメバチほどの大きさや毒性は無いものの、集団で襲ってくるので、攻撃性は非常に高い巣は軒下や木の枝などの風通しの良い場所にできることが多く、比較的見つけやすい。軒下にできる巨大な巣は、ほとんどがキイロスズメバチのもの。

スズメバチに共通する特徴として、巣に外壁があり、形状が丸っこい


こちらはキイロスズメバチの巣↑


そして、こちらはアシナガバチの巣↑

今回はオオスズメバチやキイロスズメバチではなく、これらより攻撃性の少ないモンスズメバチ。

数もそんなに多くなかったのも幸いしたが、これがもし攻撃性の高いオオスズメバチやキイロスズメバチだったら、チェーンソーで巣のある切り株を切っているときに攻撃してきただろうと業者さんは言っていた。

確かに数年前、自宅に特大のキイロスズメバチの巣があった時は、攻撃性の強さは半端なかった。

巣に近づこうものなら数で威嚇してくるし、離れても執拗に追っかけてくるしで、かなり怖かった覚えがある。業者に巣を駆除してもらう際にも、指示が出るまで、家の中から絶対に外に出ないよう念を押されたくらい。

とは言え、攻撃性の少ないモンスズメバチだろうと、危険なスズメバチには変わりはないわけで。

スズメバチ駆除は決して自分でしないこと!

スズメバチの駆除は、決して自分ではしないこと。

サイトなんかで「スズメバチを自力で駆除する方法」なんてのも見かけるが、スズメバチだけは絶対に自分で駆除しないこと。危険すぎる。

駆除するコツなんてない。絶対に自分から駆除してはダメ!下手すりゃ死ぬからね!

市町村によっては防護服を無料で貸し出してくれるところもあるが、それはスズメバチ以外のアシナガバチやミツバチなら良いが、スズメバチだけは例外。絶対にやめた方がいい。

そして巷でよく言われる、「ハチは夜に活動しないから日没以降に駆除すべし」という定説について。

最初は数も少なそうだし、夕方以降暗くなってからハチ専用スプレーで駆除すれば大丈夫かと思って、スプレー片手にほぼ丸腰で実際にやってみた。

しかし、巣の入り口付近にスプレーした瞬間に数匹のハチがどっと出てきた!

その瞬間、怖くて速攻で逃げてしまった。アシナガバチなんかはスプレーですぐに死んでしまうのだが、さすがにスズメバチともなればそうもいかない。

後になって分かったことだが、今回のターゲットであったモンスズメバチは夜でも活動するタイプだったらしい。また、ライトや汗のにおいを辿って攻撃してくることも分かった。

あのままムキになってやっていたらと思うと・・・あぁ、速攻で逃げてよかった!

素人考えでスズメバチの駆除をしない方が良いと、心の底から思ったよね。ホント・・・(;´Д`A

自宅の敷地内だったら無料で駆除を依頼できる場合も

スズメバチの場合、市町村によっては自宅の敷地内だったら無料で駆除してくれる。スズメバチの駆除費用を助成してくれるところもあるようだね。

ただし、そのほとんどはスズメバチに限る。スズメバチ以外のミツバチやアシナガバチなどは対象外であるのがほとんど。

ただし、地方自治体もこうした無料駆除や助成金を廃止する傾向にあるようだね。駆除してもらうのにもかなりの金額がかかるから。だから、今後はそういった行政サービスは少なくなる方向に行く可能性が高いと思う。

いずれにしても、もしご自宅にスズメバチの巣を見つけたら、まずはお住まいの市町村が該当するかどうかを役所へ直接聞いてみましょう。

駆除業者の料金相場を理解しておく

自治体で無料駆除のサービスがない、または自宅の敷地意外の土地であったら、有料の駆除業者に頼むしかない。

最初に見積り依頼する際には、前もって大体の相場を知っておいた方が良い。

過去に頼んだところを総合すると、相場はだいたい以下の通り。地域によって相場の差は多少あるかもしれないが、少なくとも不肖ゆたりなの住んでいるところではこんな感じ↓

【ハチの巣駆除の相場】
・スズメバチ以外(アシナガバチ,ミツバチ,等)        : 8,000〜10,000円
・スズメバチ(攻撃性の低いもの)             : 20,000円前後
・攻撃性の高いスズメバチ(オオスズメバチ,キイロスズメバチ) : 30,000円〜

あとは、巣のある場所によって除去が困難な場所にあったり、巣の規模が大きい、あるいは巣のある場所が特定できない場合などは、さらに料金が上乗せされる。

実際のところは、新規参入であったり、経験や実績が少ない業者では、相場よりも高額であることが多いようだ。高額だからノウハウが豊富ということではなく、単に相場を理解していないために高額になっているというケースが多いみたい。

では、逆に「相場よりも安い業者は?」というと、相場よりも安いところはかなり少ない。というのも、それ以上安くしてしまうと割に合わないから。

作業の多くが夏の暑い時期で、そんな中で防護服を身にまとい、自らが刺される危険を冒してまでの除去作業は、それなりの料金をもらわないとやってられない。そりゃそうだよね。

まずは業者にボッタクられないためにも、ある程度の相場は事前に知っておこう。

ハチ駆除業者は多数あれど、悪徳なところも多い

そんなハチ駆除業者、悪質なところも多い。

ハチ駆除業者って登録免許制ではないから、素人が突然ハチ駆除を生業としたいと思えば、すぐにでも始めることができる。そのため、ピンからキリまでいるのが実際のところ。

特に最近よくある「何でもやります!」的な業者であってもハチ駆除を請け負うところも多く、見積や料金設定なんかもけっこういい加減であるところも多い。

良心的な業者を選ぶのに複数社から見積もりを取ったりして信用できる業者を吟味するのも一つだが、緊急性の高いスズメバチの駆除にはそんなに時間もかけてられない。

信頼できる上、さらに低料金でやってくれる。そんな安心して頼めるハチ駆除業者は・・・

『ハチ110番』が安心して頼める理由

今回のモンスズメバチ駆除では2万円も掛かったがわけだが、後にインターネットで調べたところ、もっと安く頼めそうなところを発見。

それが『ハチ110番』。↓




訳のわからない怪しい業者が多い中、ハチ110番は格安でやってもらえるだけではないようだ。

スズメバチ駆除は13,000円からと低料金

ハチ110番でまず目を引くのが、高額になりがちなスズメバチ駆除でかなりの低料金であること。

スズメバチ以外のハチの駆除はだいたい先ほどの相場とほぼ同じくらいだが、スズメバチ駆除料金は相場よりも明らかに安い。

先ほど述べた相場では2万円から、危険度の高いものでは3万円からと、通常ではスズメバチというだけで価格が一気に跳ね上がるところ、ハチ110番では13,000円からという低料金設定。

当然、巣のある場所や大きさによって上乗せされるだろうが、それでも最低料金が13,000円というのはかなり助かるよね。いくら必要だからといっても、一般的な家庭では不意に数万円の出費ってかなりの痛手だもんね。

しかも、最初の現場調査後の見積で料金が確定するので、駆除後に追加料金が発生することがないのも安心。

全国展開しているハチ駆除業者なので、価格面によるスケールメリットはもとより、多くの駆除実績によるノウハウもあるだろうしね。

24時間,全国どこでも対応可能

ホームページにある申込フォームからの問い合わせや申込もできるけど、緊急性が高い場合は電話対応も可能。

しかも24時間対応、最短10分で対応してくれるというのも、かなりありがたい。昼間はお仕事で夜しか対応できないという方でも、安心してハチ110番にお願いできる。

地元の業者は個人事業が多いので、ここまで対応してくれるとこってそんなに無いよね。これからの繁忙期は数日後というところもあるからね。

東京証券取引所上場企業が運営

しかもハチ110番を運営しているのは、シェアリングテクノロジー(株)という東京証券取引所に上場している企業が運営しているというのも、安心感の一つの目安。

怪しい業者が多い中、こういったことも安心材料としては大事だよね。

スポンサーリンク

まとめ

毎年スズメバチの巣を見つけた時には市役所から紹介してもらったところに頼んでいたが、それと比べて明らかにハチ110番のほうが条件は良い。市役所からの紹介だからといって良心的とは限らないしね。

今度巣を見つけたら、ハチ110番に頼んでみよう。


ハチ110番から話は戻るが、とにかくスズメバチの巣はぜったいに自分で駆除しないこと。

うちは山が近くにあって畑もあるから、毎年のようにスズメバチやアシナガバチの巣を見つけるんだけど、攻撃性の高いキイロスズメバチなんかは山林から離れた街中でも巣を作るので、決して他人事ではないよ。

気づいたら軒下にでっかいキイロスズメバチの巣が・・・なんてこともあるからね。この不肖ゆたりな宅も実際に経験したし。大事な家族が被害に遭ってからでは遅いからね。

特に秋はスズメバチの被害が増える時期でもあるので、みなさんも充分ご注意を!

スポンサーリンク