【富山遠征2019夏・番外編】ラーメン白晁(はっこう)

富山から既に戻っては来たものの、暑さは変わりませんなぁ・・・(;´Д`A

今回の富山遠征の釣果はかなり極貧の釣果ではあったものの、まだ一匹でも釣れる可能性が高いので、釣りをしててもテンションが保てるが、もうこちらの西湘サーフときたら・・・ローテンション。この暑さが続く限り、釣りへ行くことはないでしょう。こっちが参っちゃう。(;´д`)

そんな訳で(どんな訳だ?)、今回は釣り以外の「富山遠征・番外編」として、不肖ゆたりなが富山に住んでいた時から気にはなっていたものの一度も入ったことがないラーメン店へチャレンジしてみた。

そのラーメン店の名は、「ラーメン白晁(はっこう)」。


黄色い看板に「白晁」と書かれ、猫の絵がある。

横長の店構え、駐車スペースは充分すぎるほど広い。だからと言って駐車場が満車になったところは見たことないが、不肖ゆたりなが富山にいた時から現在まで潰れずに残っているので、それなりに生き残っている理由があるのだろう。

さぁ、意を決して入店〜・・・

スポンサーリンク

2人の女子高生らしいアルバイトと、哀川翔のファンに違いない店主

店に入ると、2人の女子高生らしきアルバイト。アルバイトの娘はお世辞ではなく可愛い(オレ的に)。

そして肝心の店主は、おそらく哀川翔のファンに違いない店主。本人に聞いたわけではないが、オレは絶対に哀川翔のファンだと思う。実際に会っていただければ、オレの言っていることが理解できると思う。

そして客は走り屋系っぽい若者と、これまたヤンキー上がりっぽい家族(共に失礼!)。ウ〜ン・・・店主の意に即したような客構成。そして、場違いな気の弱いおっさん(オレ)一人。

デフォルトの醤油ラーメンを注文

メニューには醤油,味噌,塩の他に辛い系のラーメンがある。味噌は北海道からのものを使用しているらしいが、ここはデフォルトの醤油ラーメンを注文してみた。


濃い黒色のスープに、比較的太めの麺。これって富山ブラック?もしかしたら西町大喜のように塩辛い系なのか???

富山ブラック系ではない、おそらく旭川系のラーメン

恐る恐るスープを口に運んでみると・・・おぉ、美味いじゃん!濃いめの醤油ラーメンだが、富山ブラックのような塩辛さはない。これって部類としては、北海道の旭川ラーメンか?

デフォルトの割にはネギやメンマの量は多め。チャーシューは食べ応え充分で、柔らかい煮豚系。どちらかといえばこの不肖ゆたりなは脂身の少ない硬い系のチャーシューが好みだが、これはこれでgood。

麺は噛み応え充分で、スープもしっかりとした味付けで美味い。派手さはないが、しっかりとした味付けで満足度は高い。

デフォルトでありながら、量も充分。これならば若者も大満足。お年を召した方なら、おそらくデフォルトで充分満足できるだろう。

ちょっと濃いめではあるが、スープを全部飲み干して・・・ごちそうさまでした!(^ ^)

非常に美味しいラーメンと哀川翔ファンと思われる店主。ごちそうさまでした!

富山ではメジャーな西町大喜やまるたかやとは違った美味しさのラーメン。

ラーメンの場合、人の好みによって味の評価は大きく差はあると思うが、オレ的には充分満足できるラーメンでした。そして、哀川翔のファンと思われる店主とかわいい女子高生。ウ〜ン・・・素晴らしい!

哀川翔と女子高生の話は別として、富山県外の人にとっては富山に訪れた際には是非とも訪れてほしい。富山県内の人はそれなりに訪れてみることをオススメしたい。

【白晁(はっこう)】

スポンサーリンク