【ツルツルのテトラポットも滑らない】グリップ力に優れた釣りにオススメの靴底とは?

あらゆるフィールドへランガンするための最適な靴底について、前回の記事ではご紹介した。

ただ、最適とは述べはしたが、あくまでも「ベター」であって、すべてのフィールドでの「ベスト」ではない。

安全性を高めるには、釣り場に合った靴底を選択すべきなのだ。

前回も少し述べたが、その中でも、一見足場が良さそうに見えて、実はかなり難儀なのが、テトラポット。

しかも、傾斜や曲線が多く、乾いて表面がツルツル、比較的新しいテトラポットが、特に難儀。表面に凹凸が少なく、しかも曲面になっているものは、踏ん張りが効きにくい。


一見万能そうなスパイクシューズでも、テトラポット表面との接地面がスパイクピンの先端のみのため、摩擦面が非常に小さい。

そのため、引っ掛かりが弱く、ズルっと滑ることがよくある。

フエルトシューズの場合底質が柔らかいので、テトラポットとの相性が良さそうにも思えるが、実際にテトラ上に乗ってみると、グリップ力はかなり弱い。

さらにフエルト繊維間に砂や海藻などが詰まると、さらにグリップ力が低下するどころか、まったく意味をなさない。

個人的には、フエルト底のみで活躍できる場は少なく、フエルト+ピンスパイクにすることで、海藻が多い磯場などでなら相乗効果を発揮するとは思う。

ただ、このケースのテトラでは厳しい。

ラバー底であるラジアルシューズは、上記2つよりはマシではあるが、テトラ表面にフィットするような柔らかいラバー底ならば良いが、経年変化で硬化したものは逆に滑りやすく、危険である。

そこで今回は、乾いていて表面がツルツルの、比較的新しいテトラポットに焦点を絞って、滑らない靴および靴底について述べてみたい。

スポンサーリンク

テトラポットにはどんな靴底が最適か?

このようなタイプのテトラポットには、どのような靴底が最適なのだろうか?

表面の凹凸が限りなく小さいため、スパイクピンで引っ掛けるという対策は通用しない。

この場合、テトラポット表面との設置面積を増やすことで、摩擦係数が大きくなるような靴底が最適であると考える。

したがって、密着性を高めるために底質が柔らかいタイプのラバー素材であることが大前提。

「ハイパーV」ソールを採用したシューズ

そこで最適なのが、日進ゴムが独自で開発した「ハイパーVソール」を靴底に採用したシューズ。

本製品は作業用ではあるが、釣りでも問題なく使えると思う。

日進ゴムのハイパーVソール特設サイトを拝見すると、高グリップ力は当然として、「油,水床面でも高い安定性」とまで謳っている。

メーカー側の説明を過信すべきではないが、ここまで言うのはハイパーVソールには相当の自信があるのだろう。

モノにもよるが、日進ゴム商品のハイパーVソール採用のシューズは大体3,000円程度。

お手頃な価格なので、試してみる価値はあると思う。

また、もう少しデザインや釣り用にこだわるならば、ハイパーVソール素材を採用しているシューズが釣り具メーカーからも出ている。

ただし、値段が極端に跳ね上がるが。

まずはこの、ダイワのフィッシングシューズ。

防水性能等、釣りに最適な機能も備えているが、12,000円程度と、チョット高め。

そして、ブリーデンのオカッパリスニーカー。これもハイパーVソールを採用。

デザイン的にはダイワよりも断然良さげ。

しかし、12,000円とダイワ同様、それなりの値段はする。

シューズの底に「プラスティディップ(Plasti Dip)」処理する方法も

上記の「ハイパーVソール」採用シューズを試しても良いが、これよりも安価に、しかも既存のシューズの底に塗布して優れたグリップ力を発揮するものも。

それがこの、プラスティディップ(Plasti Dip)

そもそもは、金属等の表面に腐食防止のための合成ゴム皮膜を形成するディッピング塗料。

柔らかいゴム素材でグリップ力にも優れているため、工具の取手等へのコーティングにも良いようだ。

以前にも本ブログでPlasti Dipは紹介したが、靴底の滑り止めとして使用するアイディアは、実はMJリグ考案者の柏木氏によるもの。


※引用:未常識のヒラメ釣りメソッド

写真のようにフエルト底へ塗って固化すれば、柔らかいゴム底となるため、ツルツルテトラポットのようなコンクリート等のわずかな凹凸へも密着。
抜群のグリップ力を発揮する。

別に他の靴底でも大丈夫だが、フエルト底の方がPlasti Dipを塗る際に食いつきが良く、容易に剝がれない。

できればフエルト底でお試しいただくのがおススメ。

<使用方法>
この塗料をウエーダーのフェルト底に、1回の乾燥時間20分ほどで3回上塗りしてみて下さいませ。フエルト底のウエーダーならば、3回の上塗りで2足分の分量有ります。

<その他のメリット>
★ 砂が付きにくく、フェルト底のように砂が目一杯付くような事がありません。車内も砂で汚れにくくなります。
★ 靴底が固くなりますから、サーフ&ゴロタでのランガンで、足が疲れにくく、摩耗がぐぐっと少なくなります。
★ 50釣行以上のグリップ力が持続されます。

~「未常識のヒラメ釣りメソッド」より抜粋~

【関連記事】

スポンサーリンク

まとめ

ハイパーVソールもPlasti Dipも、共通しているのは、「柔らかいゴム素材」であること。

柔らかいが故に、接地面との摩擦係数を最大にすることで、グリップ力を高めるという原理には変わりはないだろう。

ハイパーVソールとPlasti Dipの素材の違いは多少はあるのかもしれないが、大筋は同じなんだろうね。

以上、テトラで滑りにくい靴底について紹介したが、いくら滑らない素材を使っているとはいえ、過信は禁物。

同じテトラでも、形状や大きさ,積み方,高さの違いで、明らかに危険であるような場所へは絶対に入らないこと。

無茶な場所での釣りは絶対にしないよう、お願いしますね!

【関連記事】

スポンサーリンク