【ライトスポーツ】自然な色合いで明るく見える。ゼクーの偏光レンズが良さげな件

もう最近は、釣具のことなんかよりも、偏光グラスのことばかり気になっている。

トゥルービューはタレックス製の偏光レンズ。オールマイティに使えるレンズで、購入から1年経過しているが、ほぼ生活必需品にまでなっている。
>> タレックスのオーバーグラス!釣りやドライブに本物の偏光グラスを!

これ一本で、昼間は充分すぎるほど。

しかし・・・人間は一定の満足感が得られたら、さらに欲が出るもの。

最近になって、マヅメ時から曇天時、あわよくば夜のドライブにも使用できるローライト向けのものも欲しくなってきた!




Zequeオンラインストアはこちら

ローライト時に使用できる偏光グラスを、もう一本!

トゥルービューは、確かにオールマイティに使える偏光レンズ。

曇天時であっても使えることは使えるし、ライトの多い夜のドライブでもけっこうイケちゃうのだが、欲を言えばトゥルービューにもう少し明るさのあるものがもう一本ほしい。

つまり、トゥルービューをベースにもう一本追加して、あらゆるコンディションに対応したい

そして、もう一本の購入に自分が希望している条件は、以下の通り。

・色味がなく、自然な色合いの視界を確保
・ローライト時も違和感のない明るさを確保
・ローライトでも、水面からの雑光やLEDライトのまぶしさをしっかりカット

イーズグリーンは「色味」が気になる。モアイレンズでは薄すぎる。

これまでの候補に挙げていたレンズカラーは2つ。

それは、ローライト時に適している『イーズグリーン』と、夜のドライブや室内の使用に適している『モアイパープル』
>> 【タレックスの偏光グラス】釣りにおける有効性からオススメのレンズなども解説

イーズグリーンは明るいカラーを入れることで、薄暗い曇天時でも強制的に明るく見せるというレンズカラー。

【イーズグリーン】


引用:タレックスHP

そんなイーズグリーンが自分の中では最有力候補だったが、実際に使用してみると黄色味が強く出る景色にどうしても違和感を感じてしまう


また、夜のドライブやマヅメの暗いうちでもイケなくはないが、可視光線透過率が40%なので、ちょっと無理があるかな〜と。

もう一方のモアイパープルは、夜寄りの使用目的のレンズ。

【モアイパープル】


引用:タレックスHP

モアイレンズは夜間のドライブや室内での使用を目的としているが、20%と極端に低い雑光カット率なので、釣りのマヅメ時に利用するにはちょっと低すぎるかな〜と。

【ピースグレー】


引用:タレックスHP

では、イーズグリーンとモアイパープルの中間にあたる「ピースグレー」ではどうか?

ピースグレーは昼間の室内外どちらでも抵抗なく使えるレンズ。マヅメ時に良さげかな〜とも考えた。
雑光カット率が50%・・・偏光グラスとして雑光カット率はもうちょっと欲しいところかな。

言わせてもらうなら、イーズグリーンの色を無くして可視光線透過率をもう少し上げたものと、モアイパープルの雑光カット率をもう少し上げたもの。ピースグレーより雑光カット率を高めたレンズ

そんなレンズが欲しい。

【ライトスポーツ】が良さげ!

そんな希望を叶えてくれそうな偏光レンズが、この『ライトスポーツ』

「・・・えっ、ライトスポーツ?そんなレンズ、タレックスの製品ラインナップにないんですけど・・・」

そう、その通り。

このライトスポーツ、じつはタレックスの製品ラインナップには存在していない

ただし、このライトスポーツは、タレックスの製品

それって、どういうこと???

【ライトスポーツ】はゼクー別注のタレックス製レンズ

ライトスポーツは、タレックス製のレンズでありながら、タレックスの製品ラインナップには無い。
>> ライトスポーツ関連商品

このライトスポーツは、サングラスメーカーであるゼクーが偏光レンズメーカーであるタレックスへ特別に注文したもの。

つまり、ライトスポーツは、ゼクー別注品

だから、ライトスポーツのレンズを求めるのであれば、ゼクーの偏光グラスを買わなければならない。

余談にはなるが、じつはゼクー別注の偏光レンズは、このライトスポーツだけではない。

磯釣り師の巨匠であり、昨年から話題の「おにやんま君」の火付け役でもある、松田稔の監修による『マスターブルー』なんかもゼクー別注品。

ライトスポーツ同様、マスターブルーもゼクーの偏光グラスを買わなければならない。

【ライトスポーツ】の詳細

【ライトスポーツ】


引用:ゼクーHP

雑光カット率   ・・・ 80%以上
可視光線透過率 ・・・ 49%
>> ライトスポーツ関連商品

以下、ゼクーのHPにあるライトスポーツの説明。

【ライトスポーツ】

自然な色合いとコントラストのバランスに定評があるトゥルービュースポーツを、さらに明るくローライトに特化。
暗がりでアングラーの目を保護し、夜明けや黄昏の高活性時に快適な視界を確保。
悪天候や薄明のマズメ時、その先のゴールデンタイムに。
(ゼクーHPより抜粋)

※さらなる詳細はこちら

ライトスポーツは、トゥルービュースポーツをベースにローライト仕様にアレンジしたもの。

この説明のニュアンスとして、マヅメ時の暗がりの中の使用を想定し、レンズのカラー効果に頼ることのない明るさ確保を目的としたレンズとみた。

可視光線透過率が高めの49%

ライトスポーツは可視光透過率が49%。タレックスレンズの多くが30%程度と比べると、ダントツの明るさ。

一般にローライト向けで知られるイーズグリーンの40%よりも10%近くアップ

その反面、雑光カット率は80%と低めではあるが、ローライトでは80%もあれば充分

色味を抑えた、より自然な見え方

そもそもイーズグリーンが明るく見えるのは、単純に明るい色味の黄色を強めているから。

ライトスポーツも色味を入れているが、イーズグリーンほどキツくなく、可視光線透過率を上げたことでイーズグリーンよりも自然な明るさを実現

イーズグリーンの色の濃さは抵抗あるが、夜間使用のモアイレンズほど雑光カット率を落として欲しくない。

でも雑光カット率はそれなりに高いものが欲しい。

つまり、自分の求めているのは、イーズグリーンとモアイレンズの間。さらにピースグレーよりも偏光度の高い偏光レンズ。

マヅメの暗いうちからの使用を想定した偏光レンズとして、まさに自分が求めているものが、このライトスポーツ。

まさに「ローライト寄りの万能な偏光レンズ」として、このライトスポーツが適している。

まとめ

ローライト時に幅広く使える偏光レンズ選びで悩んでいる中、このライトスポーツは良さげ。
>> ライトスポーツ関連商品

夜からマヅメ時、曇天時に幅広く使え、自然な色合いで明るく見える。まさに理想のレンズ。

ライトスポーツはタレックス製レンズではあるが、ゼクーのオリジナルレンズ。

そのため、レンズのみや度付きレンズで作成してもらうことができず、ゼクーの既製品から入手するしかない。

まずはこのライトスポーツ、近いうちに試しに行こうかな。

試して良ければ、そのまま購入・・・となるかな?

あぁ、早く試してみたい!

▼ライトスポーツのインプレッション記事




Zequeオンラインストアはこちら

【注意】

  • 今回紹介したレンズの「ライトスポーツ」と「マスターブルー」は、ゼクー限定生産。そのため、度付きレンズの対応は不可となります。
  • ゼクーの偏光グラスは、すべてプラスチックレンズによる既製品。よって、度付き偏光レンズ(ガラスレンズ)を希望する場合は、ゼクー製品を取り扱っているタレックスプロショップでゼクー製品のフレームのみを注文し、お好みの度付きレンズを入れてもらう形となります。

スポンサーリンク