【クロスオーバー(ゼクー)】オーバーグラスらしからぬ軽い外観と掛け心地が秀逸

先日の記事でも紹介したが、2本目のオーバーグラスとなるゼクーのクロスオーバーを購入。

【ライトスポーツ(偏光レンズ)記事】
>> ゼクーの偏光レンズ『ライトスポーツ』。その見え方を素直にインプレッション


いやぁ、これがなかなかの掛け心地!

最初は一般的なオーバーグラスとは大きくかけ離れた華奢なフレームデザインに、不安があったのは確か。

しかし実際に掛けてみると、意外なほどメガネにカッチリハマり、フィット感も抜群。

そこで今回は、オーバーグラスユーザーの不肖ゆたりなが、掛け値なしでこのクロスオーバーを評価したい。

その前に、ゼクーによるクロスオーバーの説明から。

【マルチに対応する2WAYオーバーグラス】

そのまま偏光グラスとして、または眼鏡の上からオーバーグラスとして。オーバーグラスの域を超えて、あらゆる場面でマルチに使える斬新な2way仕様。ノーズパッドをワンタッチで取り外すと、オーバーグラスにシフト。眼鏡とコンタクトレンズを併用するユーザーのスタイルにも、これ1本で対応。通気性が高く、締めつけを感じさせない軽量な着用感。

抜粋:ゼクーHP



単体使用でも充分イケるデザイン

ゼクーによる説明にもあるように、オーバーグラスとしてだけでなく、そのままの偏光グラスとしてでも違和感なく使えるデザイン。

とはいえ、既存のオーバーグラスも単体使用できるので、このクロスオーバーがその点で特別だとは思わない。

しかし、既存のオーバーグラスから大きくかけ離れたデザインは、単体使用でも違和感なく、デザイン的にもgood。

単体で使っても、「ちょっとイケてるサングラス」って感じかな。

パツパツした奇抜なデザインでもなく、それでいて既存のオーバーグラスのような重たい感じもない。

デザインについては好みもあるので一概には言えないが、奇抜すぎず、普通すぎず、個人的にはちょうど良い感じだとは思うね。

もちろん、本来のオーバーグラスとしての使用でも、充分イケてる。

このように、メガネのテンプルも見え、テンプルが2本露出している形になるので、これが気になるという人はいるかもしれない。

しかし、これはこれで一つのデザインと思ってしまえば、そんなに気にするほどのものではないだろう。

メガネにカッチリとフィット



ノーズパッドはラバー製で、このように着脱が可能。

オーバーグラスとして使用する場合、メガネのサイズによってこのノーズパットを外せるようになっている。

しかし、実際に自分のメガネを重ねて使ってみると、逆にノーズパッドがあったほうがメガネのブリッジ部分が乗っかるので、安定感が増す。


むしろ所有しているタレックスのオーバーグラスなんかよりも、クロスオーバーの方がズレが少なく、安定感がある。

掛けたときにメガネとオーバーグラスとのズレはほとんどなく、一体感を感じるくらいに違和感がない。

視野と通気性の高さ

一般的なオーバーグラスのようにフレーム周囲の覆う囲みが、クロスオーバーには無い。

そのため、普段のメガネと同じ感覚の視野が確保できる。

これまでのオーバーグラスの場合、横の視界がどうしても遮られてしまうため、例えば車をバックするときには掛けたまま後方確認ができなかった。

その点でこのクロスオーバーは、普段メガネだけを掛けているのと同じ感覚で視野が確保できるので、後方確認も掛けたままできる。

さらに、囲みがないので湿気がこもりにくく、曇りにくいので、湿度が高いときにも最適。

ただし、逆にこの構造による欠点もある。それは、雑光が横から入ってきたり、花粉や砂埃が入りやすいということ。

しかし、視界の広さを優先するのであれば、これはこれでアリだと思う。

ホールド感もバッチリ

クロスオーバーのフレーム素材は、ナイロンを使用。

最初に持ってみてビックリしたのが、予想以上に柔らかいこと。

あまりに柔らかいので、最初は「折れちゃうんじゃないか」と怖くなるくらい。


通常時、このくらいのブリッジが・・・


こんなにも広がる。

決して無理して広げているのではなく、このくらい広げても余裕がある。それくらい柔軟なフレーム。

素材自体が柔らかいこともあるが、秘密はこのデザイン↓


赤く示した部分がブリッジのクッションのような役割をしている。

この柔軟性のある素材とクッションのおかげで、掛けた時の締め付け感や圧迫感がなく、程よいホールド感。
しかも軽いので、メガネを二重に掛けている感覚がない。

ちょっと持つだけでもすぐに歪むので一見心配にはなるが、掛け心地がとてもよい。

このクロスオーバーが持つ柔軟性あるフレームは、明らかにプラスの効果に働いているよね。

既存のオーバーグラスとの使い分け

これで2つのオーバーグラスを所有しているが、どちらもその場の購買欲だけで購入したわけではなく、意図的に使用用途を考えて購入、使い分けをしている。


こちらのトゥルービュー搭載のオーバーグラスは、日差しの強い晴天時の使用。

晴天時でも特にドライブ時に横からの余計な日差しをカットしたいときや、釣りのときに視界を制限して集中したいときに使っている。


そして、ライトスポーツ搭載のクロスオーバーは、曇天から夜にかけてのタイミングで使用。

横からの日差しが気にならないローライトのときや、光量が大幅に変化するマヅメ時には、迷わずこのクロスオーバーを使っている。

ただしサーフやオフショアのような全面オープンなエリアでは、ローライトといっても海面からの照り返しが強いので、シールドがないクロスオーバーでは横から光が入るので、かなり厳しい。このようなエリアではローライト時であってもシールドのあるオーバーグラスを着用する方が良いかな。

いずれにせよ、各フレームの特性を理解し、用途に合った偏光レンズを組み合わせることができたので、今のところはこの使い分けがベストだと思っている。



まとめ

最初の頃は「偏光グラスなんて、安いので充分でしょ!」と思っていたが、タレックスレンズを使ってからはこんなにも違うもんかと、これまで思っていた偏光グラスに対する考え方が大きく変わった。

今は自分の中でリールやロッドと並ぶくらい、釣りには重要なアイテムとなってしまった。

クロスオーバーは、以下のような方にオススメ:

・オーバーグラスユーザーではあるものの、ワンパターンなデザインから脱却したい
・自分だけでなく、家族も使えるものが欲しい
・曇りにくいオーバーグラスが欲しい
                                    ・・・等

以前の記事でもオーバーグラスを紹介したけど、もっとオーバーグラスのデザインが増えて、メガネユーザーの選択肢がもっと広がると良いのにね。
>> 【メガネユーザー必見】メガネの上から装着できる偏光サングラス各種

ゼクーの偏光グラスは、すべてタレックス製の偏光レンズを採用。
今回クロスオーバーに搭載した偏光レンズのライトスポーツの他、マスターブルーもゼクーのオリジナルレンズ(ただし、製造元はタレックス)。だからゼクーはタレックスよりもレンズの選択肢が広いことも、大きな強み。

さらに多くの有名プロアングラーと提携しているので、釣りに特化した機能強化にも力を入れている。

【ゼクーの偏光レンズ取扱いについて】
ゼクーの偏光グラスは、タレックスを取り扱っているプロショップ以外にも、釣具店でも購入が可能。
※ゼクー取り扱い販売店一覧

もちろん、ゼクーのオンラインストアからの購入も可能。

初期設定とは異なるレンズで試着したい場合は、フレームとレンズを別に試さねばならないことと、返送料は自己負担にはなるが、試着サービスも受け付けているので、気軽に試すことができる。

ゼクーには今回紹介したオーバーグラスだけでなく、デザイン面,機能面ともに特徴的なタイプのフレームが揃っているので、誰でもお気に入りの逸品が見つかると思うよ!

スポンサーリンク