【夏のサーフでの足回り】2020年夏はこのスタイルでいく!

夏のサーフでの足回り。


昨年も本ブログで最良と思われるスタイルを提唱し、数回は実践してみた。
>> 【夏のサーフでの釣り2019】足回り装備を考える(2019/5/29)

しかし・・・

結論から先に述べると、実際は思ったほど快適ではなかった。

その理由とは?

まずはこれまでの夏でのサーフ足回りスタイルの変遷からたどり、過去の反省を踏まえ、現時点でベターと考えた夏のサーフ足回りについて述べていきたいと思う。

スポンサーリンク

クロックスは楽だが、砂利や砂が入ると痛い!


短パン裸足にクロックススタイルは確かに楽で、水に触れると気持ちが良い。

しかし、問題になるのが砂利や砂

これがクロックスと足の間に入ると、痛くてとても不快。

チェストハイウェーダーは暑いっ!

足が痛いのは耐えられないので、近年は真夏にチェストハイウェーダー。

当然のごとく、暑い!もう汗だく!

しかし、素足にクロックスで足が痛くなるよりはマシ

日の出前後で気温が上がる前の朝マズメ、短時間釣行ならばチェストハイウェーダーで通していたが、もう汗だく!

やはり暑いっ!

ウェストウェーダーはチェストハイよりはマシだが・・・

では、胸まで覆わなくてよいウェストウェーダーではどうか?

例えば、こんなの↓

肩紐が無く、ウェストで固定するタイプなので、チェストハイよりは楽だし、暑くはないかと思うが、これだって価格が3万円はするんだよ!

透湿素材を使っているから蒸れにくいとは言うけど、それだってずいぶん暑いだろ。

それに、ストッキングタイプなので、サーフではこれにクロックスタイプのサンダルを履くスタイルになるかと思うが、クロックスの中に砂利が入るので、いくらクロロプレンのストッキングを履いているとしても快適性は損なわれるだろう。


製品説明のyoutube動画を見ても、トータルで考えると夏場にはめんどくさそう・・・(;´Д`A “`

RBBサーフシューズは、言うほど快適じゃない!

さすがにチェストハイウェーダーでは暑すぎるので、今年の夏はRBBのサーフシューズにゲーターの組み合わせでサーフフィッシングをしようと考えていた。

しかし、実際にサーフシューズで試したのは数回程度。結局は暑いにもかかわらず、チェストハイウェーダーに戻ってしまった。

コメント

  1. 匿名 より:

    拝見しました。
    夏のサーフ釣行時の足回り対策に悩んでいたので
    大変参考になりました!
    レインパンツは目からウロコでした。
    やってみようと思います!

    • ゆたりな より:

      コメントいただき、ありがとうございます!

      サーフシューズ等いろいろなスタイルが提唱されていますが、快適性と後処理の簡単さを兼ね備えているのはこれしかないという結論に至りました。

      私自身、今年の夏はこのスタイルでやっていこうと思います!