アゴメタル お手軽極小メタルジグのインプレッション

先日のライトゲームフィッシング釣行に引き続き、今回もライトゲームネタ。

というよりも、先日の釣行は実はこれを試すためだったのよね。


アゴプロダクツから発売の極小メタルジグ、「アゴメタル」。

サイズは1g, 2g, 3gの3種類。

アゴメタルの「アゴ」って、トビウオの別名の「アゴ」からきてるのね。てっきり「猪木」系や「アゴ勇」系から来ているのかと思ったよ。(´Д`)ハァ…

そんなアゴメタル、今回は1gと2gを入手。


親指と比べてみると、2gでこの小ささ。


当然ながら、1gなんてもっと小さい。

更に、手のひらに乗せてみると・・・


こーんなちっちゃい!

こんなにちっちゃいのに、ペイントもひっじょーに綺麗。

カラーによって、ボディ中心部分に夜行の

アゴメタルの使い方

パッケージの裏を見ると、アゴメタルの使い方が書いてある。

タダ巻き時

タダ巻きでは、アシストフックを下向きにしたセッティング。

リフト&フォール時

リフト&フォールでは、根掛かりを防ぐため、アシストフックを上向きにしたセッティング。

スポンサーリンク

アゴメタルを使ってみた

そして、先日のライトゲーム釣行で、アゴメタルを実際に使用してみた。

根掛かりの多い、ゴロタのフィールド。


ボケててちょっと見にくいかもしれないが、これでもアシストフックを上向きにしたセッティングにしてある。根掛かりを防ぐためのセッティング。

アゴメタルの動き

キャスト後に着底してから、ゆーっくりのただ巻。たまにチョンチョンとロッドアクションを加えてみる。

アゴメタルはフロントヘビーのウェイトバランス。平べったいタイプのメタルジグとは違い、ストンと落ちる

ただ巻きで泳がせてみると、微妙にテールがピロピロ動いている(ように見える)が、あまりに小さいので、ハッキリとはよく分からない。

今回は釣れなかったが、ベラらしき魚が追ってくるのは見えた。釣果は次回に期待。

アゴメタルのフック強度

ジグヘッドリグではボトムステイした時にアタリが多かったので、アゴメタルも同じようにボトムステイを多用したら、さすがに根掛かり。しまった! ∑(゚Д゚)

買ったばかりのアゴメタル、早速ロスト・・・と思っていたが、ゆーっくりと引っ張ると・・・あっ、外れた! ε-(´∀`; )

回収したアゴメタルを見ると・・・


アシストフックが折れていた。

6lbラインでアシストフックを折って回収できたので、この結果も一つの目安にはなったと思う。

根掛かりしてもジグを比較的回収できるので、むしろこれくらいのフック強度の方がありがたい。

替のアシストフックは、ジャングルジムの「マイクロアシスト」がちょうど良いようだ。

アゴメタルの重量に対して、1g=3S, 2g=SS, 3G=Sが目安となる。

スポンサーリンク

まとめ

極小サイズのメタルジグであるアゴメタル。なかなかのものですなぁ。

スロー系マイクロジグとアゴメタルがあれば、かなり遊べる。

アゴメタルは1g, 2g, 3gの3種類のラインナップ。

今回は釣れなかったけど、使いこなせるようになればかなりの武器になるでしょうね。

ライトゲームをする機会は少ないけど、継続してアゴメタルを使用していきます。

実際の釣果は、またごじつ~! ( ゚Д゚)

スポンサーリンク