ジャックアイTG30gの再考察

先日のドン深サーフショアジギングで、ソーダガツオ独り勝ちに貢献した、ジャックアイTG30g。

ここまで周りとの釣果差が出るとは思わなかった・・・それほど、オレばかりが釣れまくった。マルソーダとは言えw

というか、マルソーダをバカにすべきでない。マルソーダだろうがヒラソーダだろうが、ソーダガツオはかなりルアーサイズにシビアに反応するから、シラスを偏食しているときは特に釣り上げるのは難儀である。

“ソーダを笑う者は ソーダに泣く” ← そんなことわざは無い・・・(;’∀’)

横にいる弓角ジジィにはバシバシ釣れて、ジグの自分には何も反応しない。この偏食したマルソーダには、過去にも散々辛酸を舐めさせられた。「オレはソーダごときは眼中にない!」と息巻いた時期もあったが、やはり釣れたほうが楽しいし、釣れているのを横目で見て「羨ましい・・・」と思っていたのが正直なところ( ;∀;)

密か(?)にソーダ対策として、メタルマルやトレーラーとして小さいワームを使用したり、ジグサビキなんかも確かに検討したことがあった。しかし、トータル面でジャックアイTG30gには敵わないだろうと断言できる。

そんなシラス食い対策の救世主となるジャックアイTG30gについて、改めて考察していきたいと思う。

スポンサーリンク

ジャックアイTG30gのサイズ感がちょうどよい

ショアジギングでのシラス食い対策で最もこだわるのが、ジグの重量とサイズ。

通常の鉛製ジグでは、ジグのサイズを落とすと重量も落ちるので、飛距離が落ちる。少なくともサーフでのショアジギングでは、30グラムを標準に使っていきたい。20グラムでは飛距離が格段に落ちるから。

その点でジャックアイTG30gは、比重の高いタングステン製であるため、30グラムでもサイズが45mm程度。サーフでのショアジギング標準の重量なのに弓ヅノ相当のサイズ。だからストレスなく飛ばせ、ストレスなく釣れまくる。しかも、このサイズの小ささ故、早巻きでも水切がよく、巻き感が非常に軽くて扱いやすい。

トレーラーとして小さいワームを使ったり、ジグサビキなんかを使ったりというのは、リグるのが面倒。しかも、ルアーローテーションも面倒。何が起こるか分からないサーフでのショアジギングで、ルアーローテーションに多くの時間を要するのは、即、ボーズに直結する。

以上だけでも、タングステン製ジグを使用する価値は十分にある。

左右非対称形状は泳がせる効果がある?

では、タングステン製ジグならば、何でも良いのか?

大抵のタングステン製ジグは、タダ巻きだとノーアクションであるものが多い。

たとえばこんなの。なんか面白い動きをしてくれそうな形状だが、少なくともキャスティングゲームでは、多少の早巻きくらいではアクションしてくれない。

「ノーアクションのジグだから釣れない」とまでは言い切れないが、多少なりともアクションしてくれた方が、ターゲットへのアピール力も違うだろう。

ジャックアイTG30gは、よく見ると左右非対称。


メーカー側の説明では「左右非対称設計によるフォール時のヒラ打ち&水平フォールで弱った小魚を演出」とあるが、左右非対称によってタダ巻きでも泳ぐようにもなっているのだろう。

左右非対称形状と30gというウェイトの両バランスが合うことで、タダ巻きでも泳ぐのだろう。

余談だが、マイクロフリップだって上下非対称なわけだからもっと泳いでも良いようなものだが。オレが推測するに、ボディに穴をあけちゃったために水流が整いすぎちゃっているのと、ウェイトバランスが悪いのもあるんだろうね。

実は、ジャックアイTGの30gしか使ったことが無いので、他ウエイトのものでもタダ巻きで泳ぐのかは確認したことが無い。少なくとも30gのものでは充分タダ巻きでも泳ぐというのを確認しただけなので、他ウエイトのものでは分からないので、悪しからず。

アシストラインの長さに注意

このジャックアイTG30g、アシストフックは付属していない。したがって別にアシストフックを装着する必要がある。

そのアシストフックであるが、アシストラインがジャックアイTGのボディ長より長いものを使用すると、途端にバレやすい。魚に頭を振られると、ジグ本体も遠心力で大きく振れるから。当たり前ではあるが、実際にやってみると、ホントに良くバレた(;’∀’)


この長さにした時は、ホント、よくバレた。バレまくったorz

せめてボディ長に対し、半分程度のアシストラインの長さにすれば、そんなにバレることは無い。

こんなこと、当たり前だと思うかもしれないが、実体験を通じて理解できたので、念のため。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ジャックアイTG30gについて、再考察をしてみた。

以前にも使用前のインプレッションを述べてみたが、思った以上に泳ぐし、思った以上に釣れるため、ここで再考察した次第である。

とにかく、これはサーフでのショアジギングでは必携である。「オレぁソーダガツオごとき、眼中にない!」と思っている人ならば別であるが。

まぁ、そんなにとんがったって、釣れないものは釣れないんだから。そんなんだったら今釣れるものを楽しく釣ったほうがいいじゃんね!

そんなとんがった人こそ、このジャックアイTG30gをポケットに忍ばせとくと、素直に楽しめるんじゃないかな!( ^ω^ )

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ジャックアイTGなかなかの実力があるようですね。

    ところで、同じ30gのメタルジグでも高比重のTGだと沈下速度が速くなりますよね。
    これだけシルエットが小さいということは、沈下速度がさらに速いとおもいます。

    ショアスローと対局な釣り方になるような気がしますが、アクションはワンピッチジャークや高速巻きのような早い動かし方になるのでしょうか?

    同じフォールでもひらひらさせて魅せるというより、ストンと落とすようなリアクション的な釣りになるのでしょうか?

    今日たまたま釣り仲間とメタルジグの重心バランスとフォールのスピード・アクションの話で盛り上がり気になりました。

    • ゆたりな より:

      匿名さん、アホアホブログへようこそ!

      私の場合、タングステン製,しかもシルエットが小さいことを活かしての早い動きを実施しています。先日の釣行では、フォールで食わせるというより、私の場合はタナへ早く入れるための意識の方が強いです。ターゲットにじっくりと見せないということと、手返しの良さを優先しての釣りになります。少なくともタングステン製ジグでひらひら魅せることはできないとは思っています。

      とはいえ、ハッキリ言って何が正解かなんて分かりません。その場でいろいろ試してみて、魚の反応が良いアクションが正解と思っています。単にそれだけです。

      匿名さんに対する回答になっているかは定かではありませんが、何かございましたら、再度コメントください。ただし、「匿名」でなく、是非ともなんかしらのハンドルネームでお願いします。

      今後とも、アホアホブログをよろしくお願いします!(^^♪

  2. booska より:

    おはようございます。
    昨日のコメントは、私でございます。
    何故か?ハンドルネームが消えてしまったようです。

    今度、釣り仲間と沖堤防に渡船して青物祭りを開催したいという話からメタルジグは何が良いかと言う話になりました。

    • ゆたりな より:

      ブースカさん、そうでしたか!大変失礼しました!匿名で、なんかクレーマーチックな感じだったので、少し躊躇してしまいました。

      ソーダガツオは特にジグのシルエットにはシビアに反応するので、このジグは良いですよ〜。

      ところで、そちらでもソーダガツオって回ってくるんですかね?

  3. booska より:

    本当にすみませんでした。
    我が家のPCは、勝手に何かをバージョンアップして今までの設定をクリアするんです。
    今回も同じパターンでした。
    ところでコメントがクレーマーチックでしたか(汗)。おかしいなぁー(笑)。

    こちら震災前はソーダガツオが良く釣れましたが、ここ数年都市伝説になっています。
    ソーダガツオが釣れていた頃は、まだ海釣りを始めたばかりで変わったサバだとおもっていました。みそ煮で食べたらパッサパッサで不味く、その後全部リリースしていました。ある日、地元のおんちゃんにカツオだから刺身で食ってみろと言われて食べたのが最後の1匹になっています。刺身美味かった。

    釣り愛好会の人とメタルジグの話になり結果、シルエットが5cm位で・飛距離が出て・フォールでの集魚力があり・キビキビ泳ぐ・メタルジグが欲しいという話になりました。

    • ゆたりな より:

      ブースカさん

      違う違う!「匿名」となっていたこと自体でクレーマーチックと感じただけで、コメント内容はそう思っていませんよ!だからこそ真面目に回答したわけですし。逆に誤解をさせてしまったようで、申し訳ないです!

      そちらは震災を境にソーダが釣れなくなったんですか・・・そちら辺りまでがソーダの北限なんですかねぇ? (・・?
      近く、東伊豆の漁師めしである、ソーダのタタキの「うずわ飯」を食べに行こうと思います。そんなに生は旨いんですか!楽しみー!

      ジャックアイTGがフォールでの集魚力があるかは定かではありませんが、キビキビは泳ぎますよ。ジャークしても水切れ良く動き、非常に使いやすいと思います。釣り愛好会の方とのお話にあった理想には近いとは思いますよ!

  4. 匿名 より:

    マイクロフリップって、オフショアなら縦の変則的な変化を狙い
    ショアなら巻きの釣りではなくロッドアクションからのバックスライド等の動きを誘発させることを狙った商品じゃないんですか?

  5. ゆたりな より:

    匿名さん、こん〇〇は!

    正直、メーカーの狙いなんて、私には知らないし、どーでもよいです。単に私の使用感を述べただけです。

    使ってみた方が感じたこと、その人なりの解釈で良いと思います。使い続けていけば、また違った解釈が生まれるかもしれないし。それが釣りの楽しみにもなると思います。

    ただ、少なくともご指摘のバックスライド等の動きは、私の確認した限りでは無いですね。比重の低い金属よりは、思った以上に動きが無いという印象です。