【西湘サーフエギング】蛍ムラのダートマックスでサイズアップ!

連続釣果で完全に調子に乗って・・・またしてもやって来ました!ご近所特打ち!

今日は16時半ごろエントリー。今日は先日釣果のあった場所から離れた、根がきつい場所からのランガン。

だいぶ日が短くなったね。先日の釣果も完全にナイトゲームと思いきや、真っ暗でもじつはまだ浅い時間帯。

西湘サーフでサーフエギングは可能なのだが、西湘サーフは深いといわれているものの、波やうねりが立ちやすいし、風が出たときの逃げ場がないので、サーフエギングができる静岡や富山などの場所とはちがってやりにくいフィールドではある。

そんな西湘サーフだが、最近はベタ凪,無風が続いているため、間違いなく数少ない絶好の条件。ただでさえ極貧釣果なんだから、このタイミングを逃したらもう釣れることは無い!(;´Д`A “`

さぁ、だから今日も調子に乗って、サーフエギングやってみましょうか!



うねりが強めのご近所サーフ

たしかに今日も風はほとんどないのだが、うねりが若干気になる。

エギングをやれなくはないが、ちょっとやりづらい。

まだ明るい時間帯なので、まずはMJリグ+パワーシャッドで攻めてみるが、アタリは一切なし。

アタリどころか、根掛かり連発。ブラスシンカーをつかってはいるものの、それほど根がきつい場所。


あたりが暗くなりはじめ、そのままサーフエギングへシフト。

そういえば、大潮前の中潮だから、うねりが出ているのかな・・・

まぁこのくらいなら、サーフエギングはまだ大丈夫。

ダートマックス「蛍ムラコート」

しょっぱなは、ダートマックス3.0号から。蛍ムラコーティング。

蛍ムラって、どうなんだろ?

蛍ムラって紫外光を可視光へと変換する効果があるようだけど、太陽光がない真夜中は効果はないだろうね。朝夕マズメのローライト状態のときならば、シルエットが際立つから効果が高まるだろうけど。

釣果にはどう影響するんだろうね?そもそも、釣果への検証データって釣り具メーカー側はもっているのかな?

まぁ、こういった効果の検証がえられにくいものには、魚へのアピールよりも人へのアピールのほうが重要なんだろうね。極端な話、ウソ言ったところで誰もわかんないんだから。

「効果がなかった!」というユーザーにたいしては、「コンディションによる」といいわけすればすべてOK・・・メーカー側からすれば、とても都合のよいフレーズだよね~。(*´艸`*)

そう考えると、釣具の販売で商売繁盛させるには、実用性よりも印象戦略の方が重要だったりするのかな?

手返し良く連続ダートでヒット!

そんな余計なことを考えながらキャストを繰り返す。

最初はボトムから丁寧にアピールするためにボトム着底→2段シャクリをしていくが、まったく反応がえられない。

船からのエギングならばボトム着底が必須なのはわかるが、いくら水深の深いご近所サーフとはいえ、フルキャストしたさきの水深なんてたかだか4~5m程度。そんなところでていねいに着底なんてする必要あるかね?

フローティングミノーへもアタックしてくるくらいだから、このていどの水深ならそんなにボトム着底を意識する必要なないと、個人的にはおもうんだけどね。

しかも、サーフにくるアオリって回遊ものが多いのだから、着底を意識するよりも動きのアピールを重視することで、遠くにいるイカへのアピールを最優先にしたほうが効果が高いように思うんだけどね。



そんな考えから、フルキャスト後は着底までさせずに4回ダートしてフォールを短めにするのを繰り返し、手返しを重視する戦略へと切り替えてみる。

すると、短いフォール後、ダート開始したときにドラグがジーーーーーーッ!比較的沖目でのヒット! ( ゚Д゚)!

これはキロアップまではいかないが良型!少なくとも前回のものよりは確実に大きい!

ドラグが鳴りっぱなしだが、ドラグを締めずにそのままリーリングで寄せる。

うねりと波が若干あるので、岸際からはドラグを締め、寄せ波を利用して強引に寄せると・・・

よしっ!狙い通りのアオリイカ!サイズは・・・これくらいだと500g超えるくらいかな?


口元へのフッキング。イカパンチ系でなく、ガッツリ抱きか?

このくらいのサイズなら充分満足。家族へのおみやげとしてじゅうぶん喜ばれる。

まだ群れがいて連発する可能性があるので、そそくさと処理をしてただちに釣り再開したのだが、残念ながらその後は連発性のアタリはなし。

またしてもダートマックスでヒット!ダブルか?

復路のランガンでもアタリがまったく出なくなったので、最初のボトム着底の頻度を高めにじっくりと攻めるのに切り替える。

それにしても、今年のご近所サーフはみょうに電気ウキを使った釣りをする人を多く見かけるが、そんなに釣れているんかね?

アジ釣れるのかな?

かなり後方へ釣り座を構えているので、ランガンの際には大回りして歩かねばならないので、少々面倒ではある。

そんなどーでも良いことを考えつつ、ランガンの終点近くになった時、ボトムからのシャクリで重みが!(゚д゚)!

よっしゃ!2杯目のヒット!

しかし・・・先ほどのよりはサイズは小さそう。しかも、あまり引かない。

ここも波打ち際から慎重にズリ上げると・・・


チーン・・・_(:3 」∠)

18時半、終了でございます・・・(´Д`)ハァ…

【タックルデータ】
ロッド:ノリーズ ラフサーフ88
リール:シマノ ’11レアニウムCI4+ C3000HG
メインライン: よつあみ(YGK) 鯛ラバカスタムPE ボーンラッシュWX8 1.0号
リーダー:クレハ(KUREHA) シーガーFXR船 100m 5号 クリア



まとめ

最後はタコで終わったが、ショート釣行でこれだけ釣れればじゅうぶん満足。

ダートマックスの蛍ムラコートの効果が出たのかはさだかではないが、とにかく釣れたことに感謝。

今年は昨年とちがって、今のところ台風の影響がほとんどないので、これからはもっとコンディションが良くなる方向へ向かうだろうね。

しかも、これからの時期のアオリイカは、キロアップもおがめる可能性大。

アオリイカだけではないが、狙える獲物はどんよくにねらっていきましょう!

そうそう・・・とうぜん、『エギトライブ・プロジェクト』も、ちゃーんと考えてますからね!

乞うご期待!

スポンサーリンク