サーフエギングからのシーバス釣果!的な、ご近所特打ち

先日のサーフエギングに味を占めて、昨日も夕方から底物狙い→サーフエギングのダブルヘッダーへ。

開始早々、MJリグで大きなアタリがあったが、フッキングまで至らず。(*´Д`)

おそらく、ヒラメの歯の跡・・・いやぁ、マジっすか!(´Д`)ハァ…

暗くなったらサーフエギングへ切り替え。

ボトムからシャクって重みを感じると・・・

悲しきタコ3連発・・・(すべてリリース)。

嚙み合っているのか?いないのか?

なーんだかよく分からないが、コンディションは良さそうだ。





そして今日の夕方。

昨日の夕方は東からの風が気になっていたが、今日は風もなく、ベタ凪。もうこれ以上ないサーフエギングのベストコンディション。

今日も懲りずに、やって来ました!ご近所サーフエギング!

あの人は釣れてそうなんだけど・・・

今日は、ダートマックス3.0号と古いバージョンのエメラルダスのラトル入り3.5号の2本立て。

狙いは、先日よりももう少しフォール速度を落としたいのと、ラトルによる別のアピールも加えたいという、この2点。

まずはエメラルダスのラトルで攻めるが、何の反応も得られない。

ランガンをしながらキャストを繰り返すと・・・向かっている方向に同じサーフエギングのアングラーが袋をぶら下げている。

どうやら釣れている模様。その姿にやる気up!

このタイミングで、ダートマックス3.0号へ切り替える。

引き続き、ランガンを実施するが・・・どうもアタリが得られない。

今日はこのまま、もう回ってこないのか?

ダートマックスにアタリが!明らかに魚の引き!

しばらくランガンを繰り返していると、手前にきたエギをスローリトリーブ中、ガガガッと激しいアタリ!Σ(・ω・ノ)ノ!

緩めの設定のドラグがジジジーーーーッ!

突然ラインを出され、挙句の果てにフックアウト・・・(;´Д`)アウ…

これは・・・シーバスか?シーバスが回っているのか?

となると、アオリイカは居なくなっている可能性も?

あぁ、やはり「エギトライブ計画」を決行すべきだったのか・・・完全にチャンスを逃したか?

エヴォルーツに切り替え、再度ヒット!

いや、まだチャンスはあるはず!

シーバスが寄ってきたので、アオリイカは避難したか?

そこで、ただちにダートマックスからエヴォルーツ120Fへと切り替え。


このように、先ほどバイトのあったダートマックス3.0号とエヴォルーツは同じようなサイズ感。

できるだけ表層をスローに誘えるようにしたのも、フローティングタイプのエヴォルーツを選択した理由の一つ。

エヴォルーツをブレイクに沿うように斜め投げからのデッドスローリトリーブ。

「もう手遅れだったかな~・・・」と思っていた矢先、突然のヒット! (゚д゚)!

よっしゃ、狙い通り・・・フンガッ! ( ゚Д゚)=3

アワセは完璧!これは必ず獲る!

静かなベタ凪の中、ドラグ音が響く!

ドラグは緩めの設定だが、そこそこのサイズ感!シーバスだろ!!

ラインは出るが、テンションを緩めなければ大丈夫!ドラグを締めずにこのまま巻き上げる!

走らせた後は無難に寄せ、寄せ波を利用してズリ上げると~・・・


よしっ!きれいな魚体のシーバス!


52センチ。フッコサイズではあるが、ナイスファイト!

いやぁ久々のサーフシーバス。サイズ以上の満足感。

今日はこの釣果で十分満足、潔い撤収!

【タックルデータ】
ロッド:ノリーズ ラフサーフ88
リール:シマノ ’11レアニウムCI4+ C3000HG
メインライン: よつあみ(YGK) 鯛ラバカスタムPE ボーンラッシュWX8 1.0号
リーダー:クレハ(KUREHA) シーガーFXR船 100m 5号 クリア



まとめ

不肖ゆたりな、ここまでバシッと決まったのも珍しい。

サイズや数を釣るのも釣りの醍醐味だが、状況を推察して釣果をひねり出す、それもまた釣りの醍醐味。

特にサーフでは、狙いの魚が寄らずに外道が寄っているというケースもあるため、魚種を選ばず楽しみたいのであれば臨機応変にターゲットを切り替えることも必要。

当然、それに合わせたタックルも必要。

「サーフ=ヒラメ=遠投=10フィート以上のロングロッド」という固定観念も再考する必要はあるだろう。

それこそ、ご近所サーフでは遠投でアジも釣れるから、ド遠投でアジを狙うのもアリ。

普段は釣れないご近所サーフではあるが、引き続き、手を変え品を変えてサーフを楽しみつくしたいと思います。

それにしても・・・今日は大満足!(^^♪

スポンサーリンク