XEFO アクトゲームウェーダーWA-228R 5ヶ月後の使用感

シマノのアクトゲームウェーダーWA-228Rを使い始めてから5ヶ月が経過。

行く時は1〜2時間程度の短時間釣行ではあるものの、連日エントリーする時もあるし、さらに日2回なんて釣行もある。使用期間は5ヶ月程度だが、頻度はかなり高い方だと思う。

前回はブルーストームのウェーダーを使用していたが、ブルーストームはどうもブーツ部分には不安があるようで、ブーツタイプのものは製品ラインナップに完全になくなった。

ブルーストームのウェーダーはコストパフォーマンスが高く、生地の耐久性も高いから気に入ってたのだが、もうブルーストーム製のウェーダーは購入することはないだろう。

そこで今回選んだシマノのブーツタイプウェーダー、5ヶ月間の使用状況を簡単に述べてみたいと思う。

スポンサーリンク

ウェーダーの割に足へのフィット感はバツグン

このアクトゲームウェーダーの一番気に入っている点は、ブーツのフィット感。

使用しているアクトゲームウェーダーのサイズはL、オレの足のサイズが26.5センチ。

ブーツは多少大きめだが、ブーツの足型と中敷による効果もあって、思った以上にフィット感があるので、非常に歩きやすい。

過去に使用したウェーダーはどれもブーツのフィット感はイマイチだった。まぁ、ブーツサイズを厳密に選べない以上、大きめに作られているのは仕方がないのだが、歩くたびにブーツの中の足が動いてしまい、非常に歩きにくかった。

このアクトゲームウェーダーのブーツも大きめではあるが、足首から土踏まず部分が若干狭くなっており、足先も指の形状に合わせてあるので、これまで感じていたブカブカ感はほとんど感じないので、非常に歩きやすい。

ストッキングタイプのウェーダーにウェーディングシューズの組み合わせや、最近販売されている靴底部分が柔らかいゴムで作られているサーフ用ウェーダーがベストなのは分かってはいるが、ブーツタイプのウェーダーでこのフィット感はかなり良いと思うね。

しゃがんでも突っ張り感が無く、動きやすい

しゃがんだりしてもお尻や膝部分の突っ張り感が無い上、ブーツとウェーダー生地との繋ぎ部分がクロロプレン生地であるため、足首の動きも抵抗なし。

それでいてダブツキ感が無いので、波を被っても動きづらさはほとんど感じないので、ウェーダーを履いている感をほとんど感じないほど。レインパンツを着用しているのとほとんど同じくらいの感覚だね。

とにかくストレスを感じることなく動きやすい。

軽くて肩への負担が少ない

吊りのバンドが伸縮性であり、肩へ吊ってる感がほとんど無い。

肩から背中にかけてこのようなパットが入っているので、フィット感がバッチリ!


バンドの長さ調整に薄手のバックルを使用しているのだが、体とライジャケの間に挟まっても当たりが少ないので、快適に使用できる。

このバックル、最初はあまりに薄いので耐久性に不安があったが、耐久性については今のところは全く問題なし。

薄いのに丈夫な生地で安心感がある

タチウオをネットに入れて腰に掛けたまま釣りをしていた時に、タチウオの歯で穴が開いて2カ所ほど漏れが発生したが、これは単にオレ自身の使用ミスによるものなので、仕方がない。

このミス以外、耐久性については全く問題なし。今のところ漏れの不安は全くない。

購入当初はあまりに薄い生地で不安だったが、けっこう安心して使っていられるね。

スポンサーリンク

まとめ

まだ冬から春にかけてでしか使用していないので、蒸れについてはまだこれから検証しなければならないが、現時点では蒸れは全く感じない。中のパンツも湿り気をほとんど感じない。

まぁ、今年の夏からは自立式ヒップウェーダー+レインパンツの組み合わせで試していくので、アクトゲームウェーダーは夏場は休めるので、これまで以上に長く持つかなと。

価格もそれなりなので当然ではあるが、使用感はこれまでのブーツタイプウェーダーの中では快適性はピカイチ。

いつ漏れやしないかと不安を抱え、不快なストレスを抱えたまま釣りを強いられるような安いウェーダーよりも、このタイプのウェーダーはコストパフォーマンス的にも高いし、釣りにも集中できるので良いと思う。

本ウェーダーについては、また1年後,2年後と使用状況をお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク