カタクチミノーで念願マゴチ!な、ご近所特打ち

やって来ました!ご近所特打ち!


16時過ぎのエントリー。

昼間はビュービューと冷たい風が強く吹いていたが、この時間になったらだいぶ止んだ。

強風のせいでうねりと波はあるが、水質は良好。水平方向の波のパワーも少ない。

スポンサーリンク

カタクチミノー逆付け&ブラスシンカーの良さを実感

最近の釣果に味をしめて、またしてもカタクチミノー+MJリグにブラスシンカーの組み合わせで攻めてみる。

最近は、このカタクチミノーの逆付けブラスシンカーの使用がお気に入り。

MJリグへ装着する際、カタクチミノーの逆付けバージョンにすると、極端に飛行姿勢が乱れずビューっと飛ぶので、全くストレスを感じずに扱うことができる。

同じストレートワームであるミノーMでさえもキャスト時にたまに回転してしまうことがあるが、このカタクチミノーを逆付けにすると、全くといって良いほど回転しない。

エコギアは単に逆付けでダート機能を持たすという意図だけだったろうが、MJリグへの逆付けで思わぬ利点が発覚したわけだ。これってちょっと凄いよ。

あと、ブラスシンカーね。

確かに鉛に比べると飛距離は10〜15%ほど劣る印象だが、そんなにストレスを感じるほどではない

鉛よりも軽い使用感で、ボトムへの攻めもユラユラと這うような攻め方ができる。


それでいて、今日のようなうねりや波の強い時でも着底が分かりやすいので、予想以上に扱いやすい。

根のきついところで根掛かりした際も、鉛に比べて変形しないので、比較的外しやすい。

ヘビーシンキングミノーやジグヘッドリグでボトム付近をゆっくりリトリーブできるだろうが、浮き上がりが早かったり、根掛かりが多発したりするだろうから、このMJリグにブラスシンカーの組み合わせは是非オススメしたいね。

ロッドティップでゆ〜らゆらと楽に誘うことができるので、ちょっと組み合わせにハマっている。

ボトムを丹念に攻めると、待望のヒット!

カタクチミノーでボトムタッチからゆ〜らゆ〜らとティップを上げながら4回程度ゆっくりとリーリングをしていると、小気味良いアタリがティップにココンと! ∑(゚Д゚)

よっしゃ、フンガッ!

おりゃぁ〜っ、これはいい引きだ!

そんなに大きくは無いが、引きは良い!これは待望のアレか?

しかし、ちょうど高い波が来る!バレないようにテンションを保ちながら、ズリ上げのタイミングを見計らう!

でっかい波がドッシャーン!

どわっ!ヤバイっ、バレたか???

・・・いや、大丈夫!まだ付いている!

その後の小さい波の時にズリ上げて・・・


よっしゃーっ!久々のマゴチ!45センチ!

もうショアからのマゴチの釣果は2年以上ぶりだろうか、小さいがとても嬉しい!


シングルフックでガッチリ、フッキングも申し分なし!これならバレないでしょ!

その後も同じようにランガン、根のきつい場所も果敢に攻めたが、その後はアタリなし。

久しぶりのマゴチで大満足の余韻を残したまま、18時撤収。

【タックルデータ】
ロッド: シマノ ロッド エクスセンス S1000MH/R
リール:シマノ ’11レアニウムCI4+ C3000HG
メインライン: よつあみ(YGK) 鯛ラバカスタムPE ボーンラッシュWX8 1.0号
リーダー:クレハ(KUREHA) シーガー FXR船 100m 5号 クリア

スポンサーリンク

まとめ

小さいサイズのマゴチだったが、思うような攻め方でティップでアタリを感じ取れ、引きも十分に味わえた。全体的に満足度の高い釣りができた。

ちょっとこの攻め方、ハマるね。ミノーやバイブレーションのリトリーブ中でのガツンヒットやジグのフォール中でのヒットも良いが、このロッド操作中でのアタリを感じてのヒットも痺れるね。操って釣った感が満載だね。


この調子で、今年こそご近所サーフ、バンバン釣れ盛ることを祈りましょう!

スポンサーリンク