RBBのサーフシューズってどうよ?これぞサーフに快適なスタイル?

コレ!コレ良いなぁ!久々に(買ってないけど)ヒットしたアイテム!

それは・・・


引用: RBB STAFF BLOG

RBBの「サーフシューズ」なるもの。

「はるかルアー」や「全部乗せリグ」を始めとした近年の釣り具業界。最近発見して、「コレだっ!」と思った、唯一のアイテムがこのRBBのサーフシューズ。

どんな機能が備わっているか、検証してみましょう。

スポンサーリンク

ラッシュガードパンツにハーフパンツスタイル 夏の新たなサーフスタイル

真夏の暑い日のサーフフィッシングのスタイルって、結構悩むのよね。暑くてもウェーダースタイルにしようか、ハーフパンツにサンダルスタイルにしようかってね。

ウェーダーだと、海水に濡れない分良いのだけれど、ムレムレで暑くってしかたがない。早朝の涼しいうちならまだ我慢できるのだが、日が出てしまうともう我慢できない。長時間のサーフフィッシングにはとてもじゃないが耐えられない。

だからと言って涼しげなハーフパンツにクロックスのようなサンダルスタイルにすると、涼しくて良いのだが、砂や砂利がサンダルの隙間に入ってしまい、足が痛くってしょうがない。素足でサンダル履かずにネオプレンソックスなども試してみたけど、どうしても小砂利がソックスの中にも入ってしまい、非常に厄介だった。

そんな中、このRBBのサーフシューズにラッシュガードパンツとハーフパンツの組み合わせならば、小砂利が入らずに歩きやすく、快適に夏のサーフフィッシングを楽しむことができるんじゃないかね?

クロックスよりも劇的に快適。サーフ以外でも良さげな機能,デザイン

RBBのサーフシューズ、生地は収縮タイプでフィット感が抜群そうなニット製法。ソックス感覚で履ける。


引用:RBB STAFF BLOG

口元にベルトが装着されているので、シューズ内部への砂や砂利の侵入を防いでくれる。通常の靴紐があり、コレでフィット感を調整もできる。


引用:RBB STAFF BLOG

しかもこれ、単なるサーフ向けのシューズというだけでなく、見た感じも普通にタウンユースとしても履いていけそうなシンプルなデザイン。

お値段もお手頃

しかも、値段も6,000円と、思った以上にお手軽価格。

以前にも何度か紹介したハイパーVソールを搭載したシューズでも、釣り具メーカーが出すと極端に値段が跳ね上がるが、このサーフシューズはそんなに高くない。しかも、デザインもシンプルで、コレは良いんじゃないかな。

サイズはS(24.5cm), M(25.5cm), L(26.5cm), LL(27.5cm), 3L(28.5cm)の5サイズ。多少サイズが合わなくても、生地に伸縮性があってフィットするので、若干大きめのサイズを選んでおけば大丈夫だと思う。

ただ・・・ちょっと気になる記述が・・・

一見良さげなRBBのサーフシューズではあるが、RBBのHPを見ると、ちょっときになる記述が赤字で下の方にちっちゃく書かれていた。

※製品の特性上完全に砂を防げません。微粒子の砂は侵入することがあります。

まぁ、完全には防ぐのは確かに厳しいかもしれないが、実際はどうなんだろ?快適性が損なわれなければ問題ないとは思うが、そこだけはちょっときになる。

あと、先ほどの昨日で述べた、砂や砂利の侵入を防ぐ口元のベルトだが、実際に履いて歩くと、この部分が擦れて痛くなることも考えられる。実際のところはどうなのかね?

スポンサーリンク

まとめ

今回はRBBのサーフシューズを紹介してみた。7月発売予定だが、コレは是非とも試してみたい。確かに不安要素はあるが、6,000円程度でバカ高い物でもないので、まぁ試してみても良いのかなと。

RBBのアイテムは、比較的安価なものが多く、品質もしっかりしているので、高い好印象を持っている。

このサーフシューズが使える代物ならば、今後の夏のサーフフィッシングは飛躍的に快適になる可能性があるので、コレは是非とも期待したい。本当に良ければ、今年の夏から流行る可能性はあると思うよ。

まぁ、コレが流行ったら、いつもの如く、他のメーカーもパクってくるんでしょうがね! (^_^;) 
パクられるような商品だったら、ホンモノということなんでしょうかね?

パクリのネタは置いといて、RBBのサーフシューズ、是非とも試してみてはいかがかな?

スポンサーリンク