MJリグへの不安要素に対する解釈

この不肖ゆたりなのメインとなっているワームリグ。



それがMJリグ。

「MJリグ」とググってたどり着いた先が、このアホアホブログではなかろうか?MJリグを検索して本ブログを知ったという方も多いと思う。

サーフでの釣りでは、メタルジグやミノー等と並ぶ選択肢のうちの一つという捉え方でしかなかったが、今年取り組んだハードタックルを使用してのハタゲーでは、全体の80~90%がMJリグを使用,オレの中では完全にハタゲーでのメインリグとなっている。

MJリグの詳細,釣果情報,過去の検討結果などは、過去記事を参照いただければお分かりいただけると思う。MJリグの情報量は他のブログには負けない自負はある。

というか、こんなに力入れているのって、オレくらいか・・・(;’∀’)

※MJリグ記事一覧はこちら

まだまだ改良を予定しているらしく、進化を続けているMJリグ。特長はこれまでも散々述べてきたので、今回は、MJリグの不利な点を敢えて挙げ、それらについてこの不肖ゆたりな独自の考えを述べてみたいと思う。

スポンサーリンク

その場でワームの付け替えができない

通常のジグヘッドリグは、ワームをフックへ横刺しにするため、現場でのワーム交換が容易である。一方のMJリグでは、ワームを縦刺しにしてから、にツメを曲げてワームを固定するため、カラーローテーション等でのワーム交換を現場でしにくい。

通常のアングラーは、何色分ものワームパッケージを現場に持ち込んで、カラーローテーションの際、その場でワームをジグヘッドから外したり付けたりしているのだろうか?

まずワームのカラーローテーションについては、対象魚やフィールドにも依るとは思うが、多くのカラーローテーションなんてする必要は一切なし!

MJリグは確かに現場でのワームの付け替えは大変なので、あらかじめ現場で使うカラーのワームを事前にセッティングし、ルアーケースに入れておくことをお勧めする。

現場でカラーローテーションをする際には、MJリグにセットしたそのものを交換すれば、素早いルアーローテーションが可能。

ちなみに、この不肖ゆたりなの場合、最近ではパワーシャッド4インチの115カラーと房総プラチナキスをMJリグにセットしたものを各2本づつと、ミノーM北陸クリアホロをMJリグにセットしたものを2本、トータルで6本分をルアーケースに入れている。

各色2本づつとしているのは、根掛かりロストした時の予備分も含めるため。

サーフでの釣りや根魚なんかは、必要以上のカラーローテーションなんて釣果に影響しないと思っている。そんなことよりも、1投でも多くキャストし、手返し良く探る方が好釣果を得られる最短ルートであると思っている。

ワームを付けにくい

これは人に依ると思うが、MJリグの縦刺しではワームを付けにくいという人もいるようだ。

オレの場合は、ワームをフックへ横刺しに真っ直ぐ通すほうのが難しいと思っている方なのだが。ジグヘッドにワームを通すと、だいたいひん曲がってしまい、泳がすと斜めの方向に泳いじゃったりするのよね。


MJリグのジョイントやフックへ刺すコツは、過去記事にて掲載されているので、それに基づいてセットすればそんなに難しくはないと思う。

参考記事:MJリグのセット手順および注意点

実は、ワームを縦刺しにすることの最たる利点は、ワームがズレにくいということ。

ワームを横刺しにする通常のジグヘッドリグでは、キャスト時やサーフでの波打ち際をリトリーブする時などで、ワームがズレる。

一方のMJリグでセッティングしたワームは、使用時にズレることがないのだ。

キャストするとクルクル回るんだけど・・・

MJリグの特長として、キャスト時の飛行姿勢が安定しているということがある。しかし、たまに通常のジグヘッドのように、キャスト時にクルクルと回ることがある。

これは、ジョイントへ引っ掛けるシンカーの環が開いたために、キャスト時にシンカーが横方向にもブレるため、クルクルと回転してしまうものと思われる。

対策としては、プライヤーなどで開いたシンカーの環を狭めることで解消される。

クルクル回っちゃう人は、試してみてね。

たまにひっくり返っちゃうんだけど・・・

キャスト後、MJリグのリトリーブから回収したときに、リグとシンカーがリーダーを跨いでひっくり返って戻ってくることがたまにある。この症状は、サーフでの波打ち際で波にもまれたり、リトリーブ時に横からの潮流により、リグの姿勢が崩れることが主原因と思われる。

また、この症状は、タングステンシンカーよりも、鉛製のナツメ型シンカーを使用するときにも多く発生する傾向にある。

鉛製のナツメ型シンカーの方が水の抵抗が大きいために水流が発生し、リグが大きく揺れるため、瞬間的にリグの姿勢が崩れた時にそのままひっくり返ることがある。

これに関しては、MJリグの性質上、動きの軸となるラインアイとシンカーの位置が隣接している為、軽くバランスが崩れた時にひっくり返りやすいという傾向は確かにある。これに関しては、今後の改良に期待したいところである。

スポンサーリンク

シングルフック一本だけだとミスバイトが多いでしょ?

確かに下側にトレブルフックを設置していた時期もあったが、それが無くてもフッキングには全く問題ない。シンプルにトレブルフックのみにしたことで、フッキングをお確実にし、バラシが少ないといった、むしろプラスの効果へ傾いたと感じている。


以前の記事で、ヒラメはバラシが多いので、ヒラメ用ルアーはフックを余計に多く付与する傾向にあるようだ。しかし、そんなことをしたところで、ミスバイトが減ったというのを聞いたことが無い。

参考記事:ヒラメ釣りの偏見 フックそんなに必要?

逆に、このシングルフック一本のみでミスバイトが多発したという記憶がない。大抵のバイトはきちんとフッキングまで持ち込めている。

余計なフックが多く付いていることで、逆に魚からのバイトを阻害しているのだと、この不肖ゆたりなは考えている。

シンカーがバイトの邪魔をするんじゃ・・・

大きいシンカーがワームの前にぶら下がっているので、魚がバイトする際の邪魔をするんじゃないかと思ってしまうが、それは全くない。シンカーがバイトに影響することは全くないのだ。


これまでずっとMJリグでいろんな魚を釣ったが、バラシやバイトミスというのを経験したことがまず無い。

「噛みつき型」と言われるヒラメでさえも、丸形やナツメシンカー+パワーシャッド4インチのサイズ程度ならば、丸呑みするつもりでアタックしてくるのだろう。何度もちょっとづつ齧っていては、小魚に逃げられてしまう可能性が高いからね。

実際に、ヒラメの胃の中に入っているカタクチなどを観察すると、噛みついてズタズタになっておらず、丸々一匹で入っていることからも、基本的には丸呑みしているということは明確であろう。

まとめ

以上がMJリグを使用するうえで想定できる不利な要素ではあるが、大抵のことは取り越し苦労であったり、改善できるものばかり。

要は「使ってみれば、良さが分かる」わけだが、使ったことが無い人ほど、先入観が先行し、考えうるマイナス要素を列挙して使いたがらないものである。

まずは試してみて、使い続けてみること。MJリグを使ってみれは分かるはずである。

MJリグはまだまだ改良を予定しているようなので、今後の展開に期待したい。
 
 
※MJリグ記事一覧はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. booska より:

    ゆたりなさん

    続きはメールで・・・と言ったものの。
    ゆたりなさんのブログにメールのリンク貼ってあったとおもうのですが・・・。
    問い合わせに回答を書けばゆたりなさんに届きますか?
    おバカですみません。

    • ゆたりな より:

      ブースカさん、ご丁寧なご対応ありがとうございます!

      問い合わせでも届きます。問い合わせへ送信いただければ、私の方からも返させていただきます。

      東北ロックフィッシュ、是非とも近い将来、やってみたいです!