サイレントアサシン140Sの勢いが止まらない!ヒラメ47センチ

やって来ました!ご近所特打ち!


17時半、根のきつい場所へエントリー。

実は午前中もちょろっとやったんだけど、ノーバイト。中潮ド干潮のタイミングだったんだけど、その時点でも若干うねり有り。濁りはだいぶ薄らいできたけど、それでもまだ岸際100メートルまでは濁りが残っているが、この程度だったら釣れそうな気がする。

そこで、夕方から再エントリーしたが、やはりうねりがあり、波っ気があるといった感じか?これくらいだったら、シーバスなんかイケそうな気がするのだが。

スポンサーリンク

沖でベイトが何かに追われているような

波打ち際に、コマいベイトが見られる。実際にミノーを引いていると・・・


どうやら稚鮎のようだ。

ミノーを引いてもアタリが得られないので、MJリグやショアスロージグなどを頻繁にローテーションしてみるが、どうもしっくりこない。

またミノーを引いていると、たまに100メートル以上沖でベイトが跳ねているのが見える。何かに追われているのか?シーバスか?

とはいえ、メタルジグで攻めたりしても、全く反応が得られない。そこそこ良さげな雰囲気なのだが、アタリが得られないことには何とも言えない。

雰囲気的にはシーバスがイケそうな気がするので、まずは暗くなるまで粘ってみることに。

トライデント115Sでアタリ!しかし、乗らず・・・

うねりがあるので、シンキングペンシルでは攻めにくいのだが、更に沖目を狙うべく、ぶっ飛びのシンキングペンシルであるトライデント115Sで攻める。

ラインがうねりに触れないよう、ロッドを立ててスローに引いていると、ブレイク付近で明らかなヒット・・・しかし、乗らず。食い損ねたのか?おそらくシーバスではないかと。

このアタリでやる気が増大したので、トライデント115Sをひたすら投げ続けるが、それ以降は全くアタリが出ない。マグレだったのか?

やはりサイレントアサシン140Sか!

辺りが薄暗くなり始めたところで、トライデントよりもアクションの強いサイレントアサシン140Sへ再度切り替えて攻めてみる。


この写真だとちょっと分かりづらいのだが、うねりがあるので、たまーに大きな波がきて、微妙にやりづらい。

そんな大きい波の周期の時、浪裏付近で突然ロッドティップが曲がる!待望のヒット!Σ(・ω・ノ)ノ!

やっと出た!おっ、いきなり水面に出た!良いサイズのヒラメ!

しかし、最初の寄せ波で寄せきれない!どはっ、引き波がきつい!((((;゚Д゚)))))))

ラインテンションが緩まないよう、ロッドを送り、次の寄せ波が来たところでそりゃーーっ・・・


やった!今度は47センチのヒラメ!サイズの割には厚みがあって、よく引いた。v( ̄Д ̄)v


またしてもサイレントアサシン140Sでの釣果。してやったり!

サイレントアサシン140Sは、こんなうねりや波のある条件下でも、非常に引きやすいし、しっかり潜る。飛距離もリップ付きのサイレントアサシンシリーズでは最高峰。非常に扱いやすい。そんな中で、前回に引き続き、またしてもヒラメの釣果をゲット。


さらに暗くなり、シーバスを狙うが、今度はこちらが腹減ってきたので、夕飯タイムでの撤収。

【タックルデータ】
ロッド:マルキュー  ノリーズ  フラットフィッシュプログラム ラフサーフ88  ( ROUGH SURF 88 )  2ピース スピニング ロッド ソルト
リール: シマノ ツインパワー XD 4000XG
メインライン:デュエル(DUEL) PEライン アーマード F+ Pro 投げ 200m 1.5号 オレンジ H4109
リーダー:クレハ(KUREHA) リーダー シーガー プレミアムマックス ショックリーダー30m 26.5lb 6号

スポンサーリンク

まとめ

いやぁ、この釣れそうで釣れなさそうな中途半端にも思える条件下でヒラメを引き出したので、大満足。サイズ以上に引きを楽しめたことにも満足。

今後は更なるサイズアップを期待したいところだが、こればかりは時の運。足繁く通えば、いずれ釣れるでしょ!

カタクチがGW辺りで寄り始めるだろうから、その頃からヒラメやマゴチ,シーバスだけでなく、サバも期待できる。近年ではまだ数は少ないが、オオモンハタもご近所サーフで釣れてきているので、これらも本格的に狙えるようになったら、もっと面白くなるだろうね。

楽しいことは盛り沢山。楽しみで仕方ないですよ〜!( ´∀`)

スポンサーリンク