ブルーストームウェーダー 3年目の使用状況

サーフの釣りをメインに使い続けているブルーストームのウェーダー、もう3年目になりました。

※ウェーダーの過去生地はこちら

昨年からご近所サーフの朝練へはほとんど行かなくなったけど、それでも時間の合間を縫ってチョコチョコとご近所サーフへ繰り出しているので、若干ウェーダーの使用頻度が減っている程度でしかない。

しかも、手入れなんて、たまーに気が向いたときにざっと水洗いしている程度。昨年末は流石に使用後、靴下の臭いがモーレツだったので、ウェーダーの中を購入後にして初めて洗ったくらいかな。

あとは昨年、購入から2年間以内で有効の「ピンホール無料修理クーポン」を使って、ブーツの補修を行ったくらい。ブーツのソールが剥がれていたのを、ブーツまるまる新しいのに交換してもらった。当然、無料で。

そんな感じで使い続けていたブルーストームウェーダーの3年経過後の状態や使用感を報告したいと思う。

スポンサーリンク

波をかぶる部分は若干の色褪せあり

最近になって目立ってきたのは、生地の色褪せ。


波を多く被る下側の生地は、流石に色褪せてきた。


左側が胸部分の生地。右側がブーツ側の生地。こう見れば色褪せ具合も一目瞭然でしょ。

厚手の生地で、ピンホール等は一切なし

生地の色褪せは流石に目立ってきたが、生地自体の劣化はほとんど見られない。ピンホール等、水漏れの要因となる穴は一切なし。厚手の生地なので、安価な薄手のウェーダーと比べても、安心感が全然違う。


敢えて生地表面の劣化が見られるところを挙げるならば、お尻側の又紐を通す箇所。若干生地表面が擦れている。3年間使用してもこの程度。

丈夫な厚手の生地は使っているが、着用時の蒸れはほとんど感じない。夏場に使用しても、多少の蒸れはあるが、グッチョリ濡れるまでには至らない。

補強箇所もかなり丈夫

生地自体が厚手だが、さらにお尻,膝,ブーツとのつなぎ部分でさらに生地を補強してある。




充分過ぎるほどの補強が施してあるが、この補強布の表面の劣化もほとんど見られない。

ブーツと布のつなぎ部分も異常なし

ブーツタイプのウェーダーで最も脆弱にならざるをえないブーツとのつなぎの部分は、補強布を上から被せていることもあり、接着剤の劣化は最小限に抑えられている。


1年ほど前にブーツ交換してもらったが、その時点でもここからの劣化や破損は全くなかった。

着用感

大きめの作り担っているため、実際に着用しても窮屈感は全く感じない。ちなみに、この不肖ゆたりな、176センチで85キロの脂肪肝体型で、Lサイズを使用している。

若干違和感を感じているのが、ブーツのサイズが大き過ぎること。Lサイズでブーツサイズが28センチ。ちなみにオレの足のサイズが26.5センチ。冬に厚手の靴下を履いても、かなりブカブカ。

こればっかりは、サイズが固定されているブーツタイプでは仕方ないことかな。次回購入するときには、ネオプレンソックスウェーダーにウェーダーシューズの仕様にするかな?

スポンサーリンク

まとめ

以上、簡単ではあるが、ブルーストームウェーダー使用から3年目の評価を述べてみた。劣化と言える劣化は色褪せ程度で、生地自体はほとんど状態が変わらないと言ってもいいくらい。適度な厚みがあり、これが安心感を生んでいる。

これでいて実売価格が2万6千円程度。もう使ってしまったが、2年間無料の修理サービスも付いているので、コストパフォーマンスは最高だと思う。3万円以上のウェーダーを買うくらいなら、こちらのブルーストーム製の方がお得感が絶対にあると思う。

3万円以上になると、チェスト部分に止水ファスナー付ポケットが付いてるものが多くなるが・・・ウェーダーにポケットは別にいらないかな。

そんなことよりも、このタイプのウェーダーって、見た目がなんだかキングジョーみたい。分かるかな?

キングジョーの話は別にして、このブルーストームのウェーダーに関しては、今後も使い続けるつもり。4年目も5年目も使える限りインプレする予定。

いつまで使えるんでしょうかね?とにかく、大事に使っていきたいと思います!

※ウェーダーの過去生地はこちら

スポンサーリンク