究極のロックフィッシュゲーム 飛距離と根掛かり回避の両立がカギ

ハタゲーは以前からライトタックルでは楽しんでいたが、今年は更なる良型を求めて、ハードタックルでのハタゲーに取り組んでいる。

こちらの釣りでは、オオモンハタやアカハタが中心のハタゲーとなっているが、東北のロックフィッシュであるアイナメやソイをも含めて、今回はロックフィッシュの括りで述べていく。いずれも、根魚でボトム付近を探る釣りであることには変わりない。

そこで、まだまだ発展途上であるロックフィッシュゲームの最近の傾向から、この不肖ゆたりなの考えも入れて、今後のロックフィッシュゲームの進むべき方向性について、勝手に述べてみたいと思う。

スポンサーリンク

最近のロックフィッシュゲームは確かに遠投志向

ここ最近のロックフィッシュ用タックル。2017年から9~10フィートクラスのロングロッドが出始めていることからみても、確かに遠投志向にはなってきているようだ。

過去の記事にも掲載した、ノリーズのロックフィッシュボトム「マックスリーチ」。

※参考記事:ノリーズのロックフィッシュボトム 9.4フィートのマックスリーチってどうよ?

こちらはアピアのロックフィッシュロッドである「ハーバーブル96H」。9.6フィートのロングロッド。

こちらもアピアのロックフィッシュロッド「ブルバンプ106XH」。これがロックフィッシュ用ロッドの最長10.6フィート。

これらロングロッドで共通しているのが、ルアーウエイトMAXが60g近くの設定となっており、ヘビーウエイトリグの使用を想定していることが分かる。

確かに、重量のあるリグは飛距離が出せる。しかし・・・しかしである。

リグを重くすれば飛距離は出せる。しかし・・・

確かに、リグを重くすれば、それなりの飛距離は期待できる。

しかし、リグを重くすればするほど、根掛かり率も高くなる。重くすれば沈下も早くなるわけで、沈下が早くなれば、根の隙間へも入りやすくなり、根掛かりリスクも高くなる。

根へのすり抜け効果が高いと言われるテキサスリグであろうが、直リグであろうが、シンカーを重くすれば根掛かりリスクは格段に上がる。

しかもこれらリグは、飛距離を期待できない。したがって、重量を重くして強引に飛ばすくらいしか策はない。要は、「飛距離効率」が悪いわけだ。

「飛距離効率」の良いリグは?

ここで言う「飛距離効率」とは何か?

あくまでも不肖ゆたりなの造語ではあるが、「より軽いウェイトで、より遠くへ飛ばすことのできる」効率という意味。この効率が良ければ、軽いリグで飛距離を出せる。

ということは、飛距離と根掛かり回避を両立できるということ。


その「飛距離効率」が最も高いのが、この不肖ゆたりながハタゲーでメインに使用しているMJリグ。

この不肖ゆたりなが実際に使用しているMJリグのメインの仕様は、以下の通り:

・ワーム : パワーシャッド4インチ
・フック : シングルフック
・シンカー : 25gタングステン or 6号ナツメ型シンカー(22.5g)

シンカーは22.5~25g、10フィートロッドにメインラインはアーマードF+プロ1.0号で、実際の飛距離が80m程度。

このウエイトでこれだけの飛距離は、少なくともワームリグではMJリグ以外には出せないだろう。「飛距離効率」という点では、最高だと思う。

これだけの飛距離を出しているにもかかわらず、ウエイトは25g程度。このウエイトでも沈下は早い。沈下は早いが、根掛かりはしにくい。これほど手返し良く、遠方を攻めることのできるワームリグは、MJリグしかないと思っているのだが。

25g程度のシンカーなら軽快に操作できるだろうが、実際にショアからの釣りで40~60gとなると、個人的な印象としては、ちとキツイ。
 
「飛距離効率」の良いMJリグこそ、究極のロックフィッシュ向きなワームリグであると思う。

※MJリグ関連記事はこちら

まとめ

正直言って、MJリグはサーフでの使用より、ロックフィッシュの方が向いていると、個人的には思っている。


今のロックフィッシュゲームの傾向からも、MJリグが最適であることは明らかだと確信しているのだが・・・それこそ、今取り組んでいるハタゲーのみならず、東北のロックフィッシュゲームでも、MJリグの有効性を試してみたいのだが・・・行く機会がないのよね~!将来、是非とも遠征してみたいな。

まだ発展途上であるロックフィッシュゲーム。この不肖ゆたりなの考えがどうなるかは別として、また違った攻め方がメーカー側から提案されるのか?エキスパートアングラーから提案されるのか?

単なる字面だけが先行した釣法でなく、アングラー側からも「おっ!」と思わせるような攻め方が出ると面白いんですがね!

今後のロックフィッシュゲームの発展に期待したい!

スポンサーリンク