ルアーの本当の良さとは?サーフ使用でのオススメルアー5選


サーフ用ルアーが毎年発売されては消えていくが、サーフの使用に適した本当に良いルアーって何だろう?

有名アングラーがプロデュースしたもの?

いやぁ〜、けっこう廃盤になっているものも多いよね。有名アングラーがプロデュースしたからといっても。発売当初は売れるけど、その後は鳴かず飛ばずのルアーっていくらでもあるじゃん。有名アングラーも年々言っていることが変わることも多いし。明らかにパクっちゃってるのもあるし。

懸命な皆さんは、もう気づいているでしょ?

インターネットで検索上位にきているキュレーションサイトで勧めているもの?

そうかね〜、記事の内容を読んでみると、明らかにメーカーサイトの説明からパクっただけのことしか書いてないじゃん!実際に使っての記事内容じゃないでしょ〜?他サイトからのパクリ記事も多いし。

そう、結局のところは、実際に自分で試してみないことには、本当の良さというのは分からないのよね。

そこで今回は、サーフ使用での釣り、特に西湘サーフのような急深,うねりや横風の出やすい場所に最適なワームリグとバイブレーション、スピンテールジグ、ヘビーシンキングペンシル、ミノーの5つについて、この不肖ゆたりなが実際に使った経験から、独自の視点でオススメルアーを述べてみたいと思う。

スポンサーリンク

ワームリグ

ワームリグでは、オレが使用した限りでは、「MJリグ」しかない。とにかく、最も飛行安定性が高く、飛距離もバツグン。

オレの中では、サーフフィッシングやハタゲーで使用するワームリグは、もう完全にMJリグ一択。もうここ数年は、ライトタックルでの釣り以外では、他のジグヘッドリグなどは一切使用していないし、使用する気にすらならない。

リトリーブ時には、ジョイント形状であることと、前方にあるナツメシンカーに水流が当たってボディ全体を揺らすので、後方にあるワームもボディ全体でウネウネと動き、ローリングする。リトリーブスピードを上げれば、尚更ワームの動きは大きくなる。

シングルフックもワームの後方にフックポイントがあるので、ショートバイトも拾いやすい。下にトレブルフックを付けずともバラした経験は無いし、逆に余計なトレブルフックを付けることで本来のワームの動きを阻害し、魚のバイトの邪魔にもなってバラしの原因にもなるので、現在は専用のシングルフック一本のみの仕様としている。

サーフでのワームリグは、MJリグ+パワーシャッドorミノーMのみで十分だと思っている。

しか〜し!

どうやらマッキンリグや直リグタイプのものが、MJリグよりもむしろ飛距離が出るとか言っているサイトがあるようだけど〜・・・ (¬з¬)

え〜っ! MJリグよりも、直リグやマッキンリグの方が飛ぶ〜?

ホンマかいな〜?

そんなわけないやろ〜 チッチキチ〜 d(´ε`*)チッチキチ〜

どのような理屈で直リグやマッキンリグの方が飛ぶのか、教えて欲しいもんだね〜(¬з¬)

いずれにしても、どーしてみんながMJリグを使わないのか、個人的には理解できないんですが。ワームリグであれだけサクサクっと綺麗な飛行姿勢で飛ばせるんだから、使わない手はないと思うんだけどねー。

まぁ、解釈は人それぞれ。オレだけ満足できれば、別にいいんですがね!

バイブレーション

バイブレーションに関しては、もう本ブログでも何度も紹介している「パワースライト85」一択になるね。

パワースライトに関しては、どんな投げ方をしても、横風が吹いても、飛行姿勢が乱れたり、クルクル回転することがほとんどない。

確かに、パワースライトの他にも、飛行姿勢が安定して、パワースライトよりも飛距離が出せるバイブレーションてのもあるんだけど・・・

これなんて、無風時だったら、間違いなく飛行姿勢が安定して、トラブルレス。とっても良いバイブレーションなんだよ。サルベージはソリッドの方も、ソリッドじゃない方も、良いバイブレーションではあるんだよ。無風時だったらね。

ただし、サルベージは強風に横風が入ってしまうと、途端に飛行時にくるくる回りやすくなり、トラブルも多くなるんだよねー。他の良いと言われているバイブレーションもほとんどそうなのよね。

使ったことないやつで、他にも安定して評判の高いレンジバイブなんかもあるようだけど、パワースライトで満足しちゃってるから、敢えて使おうとは思わない。余裕があったら、使ってみようかな・・・

パワースライトに関しては、飛距離や飛行姿勢だけでなく、リトリーブ時の巻きの軽さもお気に入りである理由の1つ。

いずれにしても、オレの中で最高のバイブレーションは、パワースライト85一択で決まり!

スピンテールジグ

サーフで使用するスピンテールジグについては、メタルマル28gで決まり。

上:メタルマル 40g
下:メタルマル 28g

スピンテールジグも様々あるが、飛行安定性と飛距離,扱いに最も優れていると思うのは、メタルマルの28g。40gもあるが、ブレードが回らなかったり、リアフックとブレードが背中合わせになるなどのトラブルが多く、引き重りも強いため、個人的にはオススメしない。28gのものが良いね。

バイブレーションのように背中にラインアイが付いて、ブレードが大きいスピンテールジグが多いが、それらはキャスト時の安定性が悪く、リーダーへの絡みや引き抵抗が必要以上に強いので、オレ的には完全却下。

メタルマル 28gは、飛行姿勢,飛距離,引き抵抗,トラブルレスのどれをとってもレベルが高い。フロント部分のフックを専用のシングルフックに付け替えれば、更に良い。

サイズも小さいので、どんな魚がいるのかをサーチするには手放せない存在だね。

ヘビーシンキングペンシル

ヘビーシンキングミノーでは、もう文句なしで「ぶっ飛び君95S」で決まり!

ヘビーシンキングペンシルなんて、リップも何もないから、ウエイトさえ重いのを載せれば飛ばせるだろと思っていたけど、こんなにも違うもんだとは思いもよらなかったよ。

ぶっ飛び君って高いから、似たような他のシンキングペンシルで試したことがあったけど、やはりぶっ飛び君には飛行姿勢や飛距離はどれも敵わなかったね。

強風下やうねりが強い時であっても、リトリーブで水面に飛び出しにくく、レンジキープをしやすい。これもぶっ飛び君が優れている点だと思う。

何れにしても、ぶっ飛び君の優れた飛行姿勢を生み出すのは、ウエイトバランスなのか、素材なのか、細かいところはよく分からないが、とにかくこれだけの違いが出るってぇんだから驚きだね。ぶっ飛び君に関しては、誰もが文句ないでしょ!

オレの場合、根がきついご近所サーフの釣りではそんなに登場回数は多くはないんだけど、それでもヘビーシンキングペンシルといったら、ぶっ飛び君95Sで決まり!

ミノー

もうミノーに関しても、フローティング,シンキングを含めて、本ブログで何度も登場している「サイレントアサシン140S」で決まり!

ミノーの場合、重心移動システムがメインとなるが、その中でも安定した飛行姿勢を示すシステムでは、シマノのAR-Cシステムがピカイチだと思う。その中でも、このサイレントアサシンの140Sは横風や強風下でも比較的安定した飛行姿勢と飛距離を叩き出してくれる。AR-Cシステム搭載のルアーの中でも、このサイレントアサシン140Sがピカイチではなかろうか。

サイレントアサシン140Sに関しては、もう最近はヒラメ狙いには外すことができないルアーとなっている。飛距離、飛行安定性、引きやすさ、アクションの全てでバランスの整ったミノーであると思う。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

多少は偏った内容になってしまったかもしれないが、そんなに的は外していないと思っている。

良いルアーと言ったって、無風時やコンディションの良い状態、アングラー側の技術が必要なルアーなんて、使用状況が限定されてしまうわけだ。

良いルアーとは、「誰がどんなコンディションで投げてもストレスなく飛距離が出せ、ただ巻きで釣れちゃうルアー」。要するに、良いルアーは、悪条件下であっても使用できるキャパシティが広いということを言いたいわけ。

そんなルアー、他にもありますかね?他にも「このルアーは良いよ!」というのがあれば、是非ともこの不肖ゆたりなまで教えていただきたい。

「確かにこれは良いかもしれない・・・」と思ったやつは、実際に購入して試してみたいと思いますよ!

スポンサーリンク