ワームへのブレード系アイテム考察

先日、いつも本ブログを愛してくださる(愛してまではいない?(;’∀’))jyabihoさんからいただいたコメントが気になっている。

「ハタにブレード、効きますよ!」(jyabihoさん談)

うんうん、確かに効くとは思う。思うんだけど~・・・

個人的には、ワームに余計なものを引っ付けて飛距離を犠牲にしたくないのと、余計なコストをかけたくないというのがあるのよね。

あともう一つ、最近特に疑問に思っていること。それは、「ブレード等のフラッシングで、劇的に釣果の差なんて出るのか?」ということ。

程度にもよるだろうが、ちょっとの効果しかないのなら、飛距離を最優先に広範囲に手返し良く探って、魚との遭遇率を高めたほうのが最も効率が良いのではないか?最近ではそう思っている。だから、最近のハタゲーでは、敢えてワームのみで勝負していた。たまにメタルマルを使ったりしたことはあるが。

とはいえ、折本氏のようなハタゲーの先駆者がブレードによる効果を訴えているわけだから、まぁそれなりに効果はあるのかな~とも思うところもある。要は、まだ良く分かっていないんだよね。

そこで今回は、ワームへのフラッシング効果を寄与するブレード系アイテムについて整理し、自分なりに思うところを述べてみたいと思う。

スポンサーリンク

ワームへ取り付けるタイプのブレード

ブレードスピン(エコギア)

ワームへ取り付けるタイプのブレードで代表的なのが、エコギアのブレードスピン。

もうこれはお馴染み、マルキューの特許であるワームへネジネジ装着するタイプ。ワームへ装着するのでは、おそらくこれがスタンダードだと思う。

簡単に着脱できるし、飛距離を犠牲にしないようなブレード形状にはなっているから、よく考えられていると思う。

でもこれ、使ったことは無いんだけど、使っている時にポロっと取れたりしないのかね?

1個当たり200円ちょい。これくらいの価格だったら、妥当な線なのかな?

ジグヘッドに付いてるタイプのブレード

コールアップヘッド(エコギア)

最近はジグヘッドについているタイプが出始めたが、やはりハタゲーの先駆者的存在のエコギアが出しているコールアップヘッド。

もう凄いね、2つもブレード付けて。まるでアラバマリグみたいw

実はコレで注目したいのは、下側にブレードが2本付くことで、根掛かり回避できる点。そういう意味では、この2本というのはアリかもしれない。2つのブレード効果で、集魚効果も更にアップされるのかは定かではないが。

でもやはり気になるのは飛距離。余計なものが2つも付いているので、飛距離がある程度制限されてしまうのではないか?

また、ジグヘッドタイプなので、フックポイントが鈍ると、フックだけを交換できないところが難かな。

価格は1個で850円。まぁ、これくらいだったら妥当なのか?

HRF KJヘッド ダブルスピン SS(ダイワ)

一方、エコギアのパクリなのか、ダイワの方でも似たようなのを出しているよね。しかも同じように2連のブレードタイプ。

ダイワのHRF KJヘッド ダブルスピン SS。これはコールアップヘッドと同じ2ブレードタイプではあるが、これはフック単体の交換が可能。

これは28gのもので1,200円。ウ~ン・・・やっぱりいい値段するね!

バサロHD(マグバイト)

あともう一つ。1ブレードタイプではあるが、マグバイトのスイミングリグであるバサロHD。

コレはフックが可動式のため、キャスト時にはワームが付いたフックが後方へ移動することで、飛行姿勢が安定して飛距離はそれなりに出そう。

ブレードは1つだけだが、2つが1つに減ったところで、そんなに釣果や効果の差があるとは考えにくい。

ブレード自体もさほど大きくないので、飛距離にはあまり影響はなさそうな気がする。

価格は30gで950円。コールアップヘッドに近い価格設定。

チャタータイプ

チャタータイプでは、唯一ハタ用に出しているFish.INのロックンチャターのみになるかな。実際に試しているのがコレ。

ロックンチャター(Fish.IN)

このタイプは、フラッシングのみならず、チャターブレードが前からの水流を受けた波動が大きいのも特徴。更にラバースカートも付属しているので、純粋にブレードスピンとのフラッシング効果の比較にはならないとは思うが、効果の有無は非常に興味のあるところ。

コレのフラッシング効果は、上記のブレード系と違ってチャターブレードがルアーの最前にあるので、他のブレードスピン系のように下方へのアピールよりも、前方へのアピールの方が強いかもしれない。しかし、バイトの邪魔をしない位置にあるので、フッキング率は高いのかもしれない。

また、このチャター系の場合、そんなフラッシング効果よりも、バイブレーションのような強波動のアピール力の方が、魚に与えるインパクトが強いかもしれない。

何よりもこのチャターブレード、上記のスピンブレード系よりも浮き上りが少なく、レンジキープがしやすいという印象がある。

そして、以前の記事でも述べたが、実際に使ってみて実感したのが、意外にも飛距離が出て、使いやすいという点。意外にもチャターブレードが飛距離や操作の妨げになっていないところが、非常に興味深い。

価格はだいたい1,400円。結構な値段がするが、意外にも使い勝手は良いし、いろいろとアレンジが楽しめるので、これはコレでアリかもしれない。

※ロックンチャター記事一覧はこちら

スポンサーリンク

まとめ

以上、ワームへのブレード系について、列挙してみた。ワームへのブレード系といえば、現時点ではこの3タイプになると思う。

これらの効果がどれだけ釣果に寄与するかは何とも言えないが、ジグヘッドワーム単体での攻めに飽きたら、これらを試してみて、ハタゲーを楽しんでいただくのもアリだとは思う。

オレの場合、全てを試すなんてことは到底できないから、まずは先日入手したロックンチャターを、飛距離優先のMJリグと交互に使い、しばらくは釣果を含めたトータルでの比較をしてみたいと思う。

その上で、どのような攻め方,アイテムがハタゲーにベストなのかを、自分なりに探ってみたいと思う。

あっ、そういえば・・・💡

あともう一つ、ワームへのフラッシング付与というので、もうそろそろアレも再開してハタゲーに試してみようかな~・・・

試したいことはいっぱい・・・

今後の釣果に期待!(^^♪

スポンサーリンク