シマノ 15 エクスセンス S1000MH/R ワイルドコンタクト 買っちゃいました(^^)

さぁさぁさぁ!バブリーゆたりな、とうとう買っちゃったよ!

’15エクスセンス S1000MH/R。コードネーム「ワイルドコンタクト」。

サーフフィッシングを始めてから今日まで、低価格なタックルで釣りをしてきた。エギングロッド,チニングロッド,シーバスロッドは全てメジャークラフトのクロステージシリーズ。低価格ではあるが、十分すぎるスペック。これらでいろんな魚を釣ってきた。

ただ、クロステージのシーバスロッドは10フィート,ルアーウェイトもMAX42gではあるが、ちょっと自分には柔らかすぎる感はあった。特にサーフではルアーを跳ね上げることを多用するオレの釣りでは、少々そのだるさも気にはなっていた。

更に、キャストした瞬間、惰性でロッドティップが大きく下に向くので、おそらくこれで飛距離をロスしてるんだろーなーとも感じていた。実際に、シューティングサーフ96と飛距離を比較しても、そう変わらない、むしろシューティングサーフの方が飛距離出てるかも。

そこで、1年以上前からワイルドコンタクトに目をつけていたわけだが、1年以上たった今でもその想いは変わらなかったため、思い切って買っちゃいました!

スポンサーリンク

シマノ ワイルドコンタクト1000 第一印象は?

グリップ周りを見てみると・・・


変わったグリップ形状。セパレートタイプのグリップ、リールシートはアップロック式。軽く握ると、手のひらにジャストフィットする。ちょっと細身すぎて頼りなさげだが、実際はどうかな?リールを取り付けた時のガタつき加減等も確認したい。

持った感じ、さほど軽さは感じないが、さほど重さも感じない。しかし、やはりティップまではかなり張りがあり、硬い。「硬くて曲がる」の謳い文句は伊達じゃない。使用ルアーウェイトは8~45gと幅広い。確かにこれなら、40gのルアーでも力負けすることはないだろうな。クロステージでは40gだと完全に力負けしていたが。

あと、プチ嬉しいのが、コレ↓


印籠継ぎの合わせ目の部分。合わせ目に印がしてあるので、何気に便利。ちょっとした細かい配慮ではあるが。

ガイドセッティングやRVガイド,トルザイトリングについて

まずはガイドセッティング。既存のクロステージCRK-1002M,シューティングサーフ96と共に並べて、ティップ側だけでガイド配列を比較してみた。


上:クロステージCRK-1002M
中:シューティングサーフ96
下:ワイルドコンタクト1000

写真ではちょっと見難いかもしれないが、上がティップ側を並べた写真。全ガイド数だけなら、クロステージCRK-1002Mとワイルドコンタクト1000が全8個で同じ,シューティングサーフ96は全10個。シューティングサーフ96の方が、短い間隔で数積まれている。クロステージCRK-1002Mとワイルドコンタクト1000でガイド間隔を比較すると、ほぼ同じだが、ワイルドコンタクト1000の方が、わずかに間隔が短くなっている。

ガイド素材は、以下の通り。ガイドの重量やロッド調子によって、セッティングも変わるんだろうね。
・クロステージCRK-1002M : ステンレス+SIC
・シューティングサーフ96 : チタン+SIC
・ワイルドコンタクト1000 : チタン+トルザイト

さて、以前に投稿したワイルドコンタクト記事でも注目していた、バット部のRVガイド。


ハッキリ言って、どう機能するかはわからないが、単に・・・カッコいい!(*’▽’)

トルザイトリング。初めてだが、どんな感じだろうか・・・


クロステージのSICリングと比較した写真。うぉっ、トルザイトうすっ!

RVガイドやトルザイトリングによる恩恵を感じられるのかは疑問ではあるが、まぁ、ブランクとの相乗効果を発揮するためには必要なものなのでしょう。さぁ、実際に使った感じはどうかな?

スポンサーリンク

シマノ ワイルドコンタクト1000の使用感

さてさて・・・先日、実際に投げてみました!ご近所デイゲーム!


バイオマスター4000HGとの組み合わせにて。

南西からの横風が強め。波は小さいが、岸際は赤潮。まぁ、ワイルドコンタクトの使用感を見るだけですから!残念!(;’∀’)

キャストは・・・うぉっ、ナニコレ!反発力が半端ない!Σ(゚Д゚)

投げた瞬間、明確に分かる。感覚としては、ロッド全体が筋肉で詰まっている感じ。それでいて、キャスト直後、ティップが下側にたわまず、まっすぐにピタッと止まる!こ~れ~は・・・凄いな!

強風の向かい風の中、35gのジグを投げても、100メートル前後は余裕で飛ばす。明らかに1割程度は飛距離アップしている。向かい風の中でもダルさを感じず、しっかりと投げ込める。竿の反発が強いせいなのか、ライナーで投げ込める。その分、リリースポイントが限られるので、慣れてない人にとってはミスキャストしやすいかも。慣れてしまえば、狙ったポイントへのキャストもしやすいかも。ペンデュラムキャストでしっかり投げ込む人向きかな。

40gのヒラメタルを操作しても、ロッドがしっかりと跳ね上げてくれるので、手元のロッド操作は小さくても充分。着底時の感度も充分。10g程度のミノーも思いの外しっかり投げ込め、操作もしやすい。ルアーのキャスト姿勢も平均して良いといった印象。

グリップが細いので持ちにくいかなと思ったけど、逆に手のひらで軽く添える程度でも操作がしやすい。リールシートも安定しており、緩む心配が全然ない。手元への不安は全く感じなかった。

えっ・・・肝心の「実際に釣ってみた感想」ですか・・・?

そんなもん、分かるわけないでしょ!赤潮だったんですよ、あかしおっ!(←言い訳)

まとめ

いずれにせよ、この一本で大きな武器を手に入れたことは確か。これまでの「ケチケチ低価格路線」から大幅にグレードアップ、「リッチエキスパート路線」へ変更か?

実釣については、また後日。今回は赤潮が発生していましたから・・・(←クドイ言い訳)

これでもう一つ、「例のリール」が届けば・・・もう今年は爆釣間違いなしだべ!リールについても、また後日。

近いうちに、ご近所朝練へ向けて復活しちゃおうかな~っ(・´з`・)~♪
 
 
※ワイルドコンタクト1000の記事一覧はこちら

スポンサーリンク