MJリグでキジハタ シャロー竿抜けチャレンジ 富山遠征2016夏

さて夜中の1時、聖地に到着し、MJリグで早速攻めてみましょうか!

・・・と思ったら、うねりがあり、際は波立っている。
 
とはいえ、やれないことは無い。遠くへブン投げるんだから。
 

スポンサーリンク

 
タックルはいつもご近所サーフで使用しているサーフタックル。
 
<使用タックル>
ロッド : フラットフィッシュプログラム シューティングサーフ96 (ノリーズ) 
リール : レアニウムCI4+ 3000HG (シマノ)
メインライン : アーマードF+Pro 1.0号(デュエル)
リーダー : シーガー リアルFX 4.0号 (クレハ)
 
際は波でバチャバチャなので、階段3段分くらい上がって、MJリグをブン投げる!
 
どりゃぁぁぁ~~っ!(←室伏広治:引退お疲れさま)
 
・・・って、あらっ、1時間ほどやったけど、全くアタリすら無いんスけど・・・
 
MJリグの他にシンキングペンシル等、別のルアーも試してみるが、ぜーんぜんアタリすらしない。

そんなことをしてたら、さすがに疲れ、次第に眠くなってきた。そんだったら朝マズメに集中して攻めてみよう。

スポンサーリンク

 
車の中で仮眠して、さーて、一発朝マズメ・・・ってオイッ、もう明るくなって5時近くになっちゃった!寝すぎた!ヤバいっ!
 
急いで支度して、遅くなっちゃったが、レッツフィシング!
 
201608241
写真では分かりづらいが、相変わらず岸際はバッチャバッチャ。ウネリもあってちょっと釣りがしずらい。
 
目論み通り、MJリグを大遠投。特に沖のテトラ帯際,斜めに投げてテトラ帯の向こう側を攻める。通常のキジハタタックルならば、ここまでは流石に攻めることができないポイント。
 
MJリグを着底後、スイミング中心で攻めていると、狙いの沖目で待望のHit!
 
201608244
これは20cmちょいのキジハタ、オカッパリでのレギュラーサイズかな。ただ、ちょっとこれだと、狙いのモノではない。
  
さらにタイトに沖のテトラ際を狙っていると、またしてもMJリグ着水直後にHit!
 
これはちょっと大きいか?ドラグは締めてあるのでゴリ巻きで寄せる!上げてみると・・・
 
201608245
これはちょっと良いサイズ。26cmキジハタ。これくらいになると、サイズの割には引きが強い。 
 
さて、今度はもう少し沖目を狙ってみるか・・・
 

既にショアスローでお馴染みとなっているヒラメタル。いつもはリフト&フォールで誘うが、今回は浅場なのでタダ巻きで攻める。タダ巻きでも充分ユラユラ動く上、浮き上がりが早いので、ゆっくりのリトリーブで誘う。オレ様仕様のフックセッティング(リアにショートパイク,タコベイト装着)となっているので、タダ巻きで使用するならばまず根掛かりはしない。
 
これはフルキャスト→着底直前に大きなアタリ!Hit!
 
こ・・・これはデカい!遠くでのアタリなのでかなり重い!
 
ゴリ巻きで寄せていたが、ポンピングしないとなかなか厳しい!
 
これは狙いのサイズか?どうだ・・・
 
201608246
ちょっと尺足らず!29cmのキジハタ!この場所の割にはなかなかのサイズ!
 
その後は日が照って暑くなったので、6時半撤収。
 

スポンサーリンク

MJリグ,ヒラメタルの違いはあったが、全て沖目でのヒット。希望としては40cmくらいを狙いと考えていたが、今の時期で20cm後半のサイズはまぁまだとは思うけど。
 
この場所では、これまでのオレの釣果では20cm前後ばかりだったので、何度かチャレンジすれば目的のサイズを釣る可能性もあるだろう。
 
まだ富山に滞在する日数はある!今後に期待を込める・・・
 
(つづく)
 
 
 
※ハタゲー関連記事はこちら

※MJリグ関連記事はこちら