ピットブル8+(シマノ)の最終評価は如何に?

シマノから発売されたPEラインの「ピットブル8+」。

シマノのインストラクターから評判の良かったとされる「ミッションコンプリート」と同じと言われているが、実際の使用感はどうなのだろうか?

当ブログへコメントをいただいた方から、「コーティングがアーマードF+プロに近い」という情報から期待して試してみたが、果たして期待どおりのパフォーマンスを兼ね備えているのだろうか?

2ヶ月使用してみたが、すでにオレの中で最終結論が出た。

ちょっと早いと思うかもしれないが、とりあえずは思ったところを述べてみたいと思う。

ピットブル8+ 実際の使用状況

これまで2ヶ月ほど、根がきついご近所サーフで試してきた。

【ピットブル8+使用条件】
・PEライン(ピットブル8+): 1.0号(23.1lbs.)
・リーダー: シーガーFXR船5.0号(20lbs.)
・リーダーとPEとの結束方法: FFノット or FGノット
・スナップとリーダーの結束方法: ダブルクリンチノット
・使用スナップ強度(公証): 4.2kg

根掛かりによるロストは10回以上。そのうち、リーダーのチモト部分で切れたのは結局1回のみ。

そして、強風下での使用時にエアノットが1回。このエアノットが生じた後は、ラインを逆巻きにして再度使用したのだが、その後も根掛かりの際はリーダー部分から切れることはなかった。

そして最後は、根掛かりの際に手元側でパチンと高切れしたのが最後。これでピットブル8+の評価は終了。

まだ実質2ヶ月程度しか使用しなかったが、まぁこれで大体の評価はできたと思う。

引張強度はよつあみのボーンラッシュ以下


使用したピットブル8+が1.0号、これの公証強度が23.1lbs。本来であればリーダー部分で切れてくれても良いのに、10回以上根掛かりロストした中でも1回だけがリーダー部分で切れたのみ。

根掛かりのタイプもいろいろあるから、確かに数回程度のデータでは判定できないが、もう10回以上根掛かりしてるのにリーダー部分で切れたのがたった1回しかないのだから、間違いなくリーダーよりも強度が弱いと判断して良いだろう。

手元での高切れなんてもってのほか。

この手の高切れは初めて。この高切れだけで全てを判断するわけではないが、これまでの使用感から考えても、間違いなくこのラインの強度は23lbsも無いと思う。

コーティング強度はアーマードF+プロ以下


コーティング自体の耐久性は前回のインプレと変わらず、ボーンラッシュとほぼ同等、もしくはそれよりも若干上かな〜という印象。しかし、アーマードF+プロよりは明らかに下。

ピットブル8+を試す当初はアーマードF+プロ並みのコーティングを期待していたが、通常のPEラインの中でのコーティングが若干強い程度のものでしかなかったということだ。

悪条件下ではアーマードF+プロの使い勝手が断然上

強風下での使用は、ほぼ通常のPEラインと変わらず・・・といった印象。

実際に強風下で使用した際は大きく風に煽られ、ジグなどを使用した際の着底感度も明らかに悪い。その点では、比重の高いアーマードF+プロの方が明らかに使い勝手は上。

もう一つ悪条件をあげるならば、サーフではよくある波打ち際の泡ゴミ。

この泡ゴミってPEラインに引っ付くとなかなか取れないのよね・・・編み込みタイプのPEラインの場合スルッと取れず、爪で引っ掻いたりするとライン自体が痛んで毛羽立っちゃうこともあるのよね。

ピットブル8+はコーティングが強いといっても、やはり他のPEラインと同じ、泡込がスルッと取れることはないね。

この点ではアーマードF+プロは単線を集めただけなので余計な凹凸が無く、泡ゴミが付いても比較的スルッと取れる。

スポンサーリンク

そうは言っても、総合的には良いPEラインであることは変わりない

以上、ピットブル8+のオレ的評価は、「可も無く、不可も無く」といった、中途半端な結果。

引張強度がボーンラッシュ以下,コーティングはアーマードF+プロ以下。つまり、オレがピットブル8+を使い続ける理由は無い。

なーんてボロクソっぽい評価をしたが、ピットブル8+はバランスの良いラインだとは思う。ただし、オレが期待していたラインではなかったので、よほど価格が下がらない限りは使うことは無いかな。

要するに、尖ったところが無く、トータルコストパフォーマンスに優れたPEラインだと言える。

引張強度はボーンラッシュ。コーティング強度はアーマードF+プロ。

当面は、この2つを使い続けていきますけどね!

スポンサーリンク