熱砂 メタルドライブ・・・出たっ!ゥワオッ!Σ(゚Д゚)

先日、ふとシマノのHPを見てみたところ・・・


引用:シマノHP

熱砂 メタルドライブ・・・

出ましたっ!ゥワオッ!Σ(゚Д゚)

このメタルドライブ というのは・・・見事なまでの・・・なんというか・・・メタルドライブ 、きちゃったねぇ。(;’∀’)

同様に、今年発表されたジグヘッドの「サンドライザー」はもっと露骨だったけど・・・このメタルドライブは・・・

スポンサーリンク

メタルドライブ 新開発のAD(アーチドライブ)システムとな?

メタルドライブ 、新開発のAD(アーチドライブ)システムで、飛距離アップ?



引用:シマノHP

キャスティング時にワームがボディから離れて空気抵抗を低減、今までワームが到達できなかったポイントにルアーを到達させる目的で開発した新構造です。

また、リトリーブ時にはワームが泳ぎ位置へ簡単に戻り、メタルボディのタイトなフラッシングとワームのワイドなアクションでヒラメに強くアピールします。

(引用:シマノHP)

今までワームが到達できなかったポイントにって・・・


それって既にMJリグで到達してるんですが・・・(-。-)y-゜゜゜

このメタルドライブは、インチクに近いのか、MJリグに近いのか・・・明らかに、このどちらかを・・・

それは置いといて、メタルドライブでは横風の影響はどうなんでしょ?キャスト時にクルクル回らないのかね?

メタルドライブ トレブルフックを固定するプチブロックシステム

これはさすがにシマノ独自のシステムである、プチブロックシステム。


う~ん・・・なんかすごい面倒な構造になっているような・・・

確かにこれなら、確実にフック固定ができるだろうが、コスト掛かってるんだろうなぁ。

それにしても、トレブルフックによる2フックシステムだけは、ヒラメ用ジグヘッドとしてどーしても譲れないのかね?もう「ヒラメ用ジグヘッド」というと、どのメーカーのジグヘッドもほぼこのシステムになるのだが。

メタルドライブは、お値段もプラグ並み

メタルドライブ、これだけのパーツを使っているジグヘッドと専用ワーム。お値段もそれなり。

メタルドライブ 、ジグヘッドとワームを1セットとしてパッケージ化されているのは、32gで1,500円。確か、カルティバで出している30gのタングステンジグヘッドでさえも1,000円くらいだと思ったが・・・かなり強気だね。

メタルドライブの専用ワームであるメタルドライブシャッドは、3本入って970円。1本あたりで約320円。ワームでも、なかなか強気のお値段。

スポンサーリンク

まとめ

過去にダイワのヒラメタルZについても書いたが、シマノもだんだんやることが露骨になってきているよね。「ちがうちがう・・・そうじゃ・・・そうじゃな~い!」なんて言ったって、ユーザー側もオレのように思う人は明らかに多いだろうよ。

まぁ、思い込みや食わず嫌いは良くないから、気になる方は使ってみてはいかがだろうか?MJリグとの比較に、一度試してみようかな?

いや、試すにしても、お値段それなり・・・そもそも、ワームを使う利点て、なんでしたっけ?なんか、違う路線へ行っているような気もしないでもない。 (;’∀’)

いずれにせよ、このメタルドライブ、どれだけ普及するのか?売れ筋ルアーとなるのか?今後の動向に注目していきたい。

それは別として・・・もうちょっと頑張れ!熱砂シリーズ! (;^_^A

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    こんにちは
    jyabihoです。

    シマノさん
    ほんとヒラメ用ワーム無茶苦茶やりますねー
    結局ワームなんで釣れるんですが
    これはちょっとカッコ悪い。
    実は昔ブレークライナーってやつ買って今でも使ってます。
    シマノのワームは浮力が強くて嫌いじゃなかったんですがbox内で溶けるんですよねー
    しかしハウルを開発した人がよくまあこんなもんを宣伝するなーって感じですねー

    最近のサーフヒラメルアーはめちゃくちゃですね(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
    メタルジグが無駄に高いしジグヘッドまで高い
    ちょっとうんざりしてます。

    • ゆたりな より:

      jyabihoさん、コメントありがとうございます!

      ですよね~!これ見て、漫才師の「海原はるかかなた」の海原はるかの髪の毛ネタを真っ先に思い出してしまいましたよ。さすがにネタには入れませんでしたが。

      まぁ、高かろうが、買う人がいればそれで商売は成立すればいいんでしょうがね。

      あのお方もまだカリスマ性があるから良いんでしょうが、こんなことばっかしていると、もうファンからも相手にされなりますよ。ユーザーだってさすがにバカじゃないんですから。

      まぁ、アタクシとしては有名アングラー云々なんて興味はないので、安くて良いルアーを使えれば良いんですがね!

  2. 小田原のPちゃん より:

    アラアラ(笑)
    こんなの出るの…
    本当に最近の釣具メーカーは、ネタ切れ&パテント逃れのパクりモンだらけって感じ。
    MJリグみたいに叩き台あっての進化ならともかく、進化があらぬ方向へ迷走してますね。
    魚釣る目的から逸脱して、いかに釣人を釣ろうかってメーカーの魂胆が見え隠れしてる。
    あくまでも私見ですが
    飛距離欲しいけど、金掛けたく無いなら直リグかMKリグ。キャッチ率上げたいならMJリグ。
    漢なら気合いのハードルアー
    漢の中の漢なら如何なる場面でもトップオンリー(笑)
    てのがフラットを専門に狙わない自分のフラットへの思いです!
    閑話休題
    個人的には、古来からの漁具発展型ルアーに可能性が有りそうで妄想してます。
    インチクやタイラバ系の遊動型のメリット・デメリット。同系統のテキサスリグ。
    ラバー系の可能性。さらには角・バケの発展やソルトフライの可能性…
    結局、釣りが楽しみであればメーカーの思惑に左右されず自身のトライ&エラーの繰り返しが、一つの楽しみであり、釣果だったり(自身の)解答に近いモノがメーカーから発売された時、ほくそ笑みニヤニヤするのがもう一つの楽しみかと(笑)
    ゆたりなさんの考察、今後も参考にさせて貰いますね。

    • ゆたりな より:

      小田原のPちゃんさん、コメントありがとうございます!

      やっぱ「あらあら・・・」って思っちゃいますよね?ユーザーからこんなこと思われるメーカーって、どうなんでしょ?ミッチーもホッティーも、素人目から見ても怪しさ満点。最近のヒラメルアー業界というのは、メーカーもユーザーもあまりに質が低いように感じるのは、私だけでしょうかね?

      まぁ、アタクシはそんなことはどーでもよくて、自分の考えで釣りを楽しむだけなんですがね!