短命ルアー,定番ルアーの各特徴は?謳い文句に惑わされるな!

新製品のルアーが出てくる昨今。いろんなルアーが乱立しているが、発売当初から変わらぬ人気のルアーって、実は少ない。

誰それプロデュース,ショップオリカラ,なんちゃらチューン,誰々がルアーブランド立ち上げ第一弾ルアー,等、最近はいろんなのが出ている。発売当初、釣具店側は「売り切れ必至」とか「要予約!」とか言って購入者を煽るが、実は店頭へ行ってみると、結構売れ残っているのをよく見かける。

百歩譲って、発売当初は確かに売れたとしても、時が経つとワゴンセールに入り、最終的にはメーカー側で生産中止。そんなことはよくあるパターン。釣具業界だって、売上至上主義。最初だけだろうが数売りぁ釣れようが釣れなかろうが、極端な話どーでも良いわけだ。売れなきゃ商売成り立たない、まぁ当たり前だよね。

その一方で、宣伝広告はほとんどしないが、長いこと安定して売れる定番ルアーというのが存在するのも事実。メーカーや店舗側が宣伝なんてしなかろうが、もう誰もがその良さを分かっている。

そんな釣具業界側の意図は別として、ウチらはとにかく魚が釣れるルアーが欲しいわけだ。

そこで、多少なりとも賢いアングラーとなるべく、短命ルアー,定番ルアーの特徴や傾向を抑えつつ、どのようなルアーを購入すべきか,揃えるべきかを改めて考えてみたい。

スポンサーリンク

釣れそう?泳ぎが良い?ヤバい?

良くある「最初は一時的に売れるが、あとは尻つぼみ」的なルアーの特徴とは、どのようなものだろうか?考え得る傾向を以下に記してみた。

・見た目が妙に綺麗,リアルベイトを意識している
・カラーラインナップが豊富
・「魚の好む泳ぎ」とか謳っている
・「泳ぎに特化した」とか言って、使ってみると飛行姿勢が悪く、飛距離が出ない
・奇抜なデザイン
・「誰それプロデュース」,「○年間を開発に費やした」等、能書きが多い
・宣伝で、「これヤバイ!」「これしかない!」等、根拠のない、感嘆符が付くようなセリフでの説明が多い

どうだろう?思い当たるのではなかろうか?

これら全てが当てはまるとは言い切れないが、自信のない商品に限って、宣伝文句をあれやこれや考えるというのは世の常のような気がする。

有名アングラープロデュースのルアーで息の長いものは少ないのはなぜ?

エキスパートまでになると、経験が多い故、独自の理論が成り立ってくる。

その理論に則ったルアーはそのエキスパートが使うには最適かもしれないが、一般アングラーにはなかなか理解されないので使いこなすことができない→使いこなすことができないからなかなか釣れない→釣れないから使わなくなる→使われなくなるから買う人も少なくなる・・・まぁ、大抵はこんな図式だろう。

「なんちゃら釣法に最適」やら、「どこどこのフィールドに特化」、「このルアーを投げるのに、ちょっとしたコツがいる」とか言ったところで、そんなもん、元々のパイが小さいのだから、定番になる確率は更に低くなる。

せめて製品の最終テストは、ビギナーに使わせて評価させた方が確かだと思うのだがね。

ユーザー側が扱いやすいこと これに尽きる!

結局のところ、「誰でも扱いやすいルアー」、これに尽きるのではないかね。

では、「扱いやすい」とは、具体的にどんな項目なのだろうか?

・誰が投げても、圧倒的な飛距離が出る
・誰がどんな時に投げても、ムラなく安定した飛距離を出せる
・誰が引いても、ターゲットが居るレンジを引ける
・どのタイプのロッドでも投げやすい
・手元にルアーが泳いで居る振動が明らかに分かる
・着底感や水の動きが手元に伝わりやすい

まぁ、だいたいこんなところだろうか。

要は、誰でも使いやすいルアーならば、現場でチョイスする頻度が多くなるだろうし、使用する時間も長くなるだろう。そうなれば、水中に通す頻度も上がるので、魚とのコンタクトも多くなる。だから釣れる。結局は単純なこと。そんなもんじゃないかね?

スポンサーリンク

まとめ

昨今の有名アングラープロデュースやら店舗限定オリジナルカラー等、様々なルアーに目移りしてしまうだろうが、定番ルアーには定番たる理由が必ず存在するはずである。

「ルアーフィッシングを始めたはいいが、なかなか結果が伴わない」

そんな方は、その分野の定番と言われるルアーから、とにかく使い倒してみてはいかがだろう?

使い倒してみることで、釣果はもとより、そのルアーがなぜ定番たるかの理由がわかるはず。その理由を理解した上で、自分なりに必要と思うルアーを購入すれば、無駄な買い物をしなくて済む。

自分の根幹となるルアーを数個所有し、あとは自分の好みで枝葉をチョイスするというのも、ルアーフィッシングを楽しむための一つ。

単なるルアーコレクターではなく、考えながらルアー選択ができるようになると、無駄なお金を使わずに、効率よくルアーフィッシングを楽しめると思うのだが・・・いかがでしょうかね?

スポンサーリンク