ヒラメ釣りの偏見 トレブルフックの方がバレないって本当?

今回の「ヒラメ釣りの偏見」。お題は、「トレブルフックの方がバレないって本当?」。

今回、本記事を書こうと思ったきっかけは、某メーカーの新作ルアーを使った釣行動画で、某有名アングラーが述べた、「トリプルフックの方が結果的には掛かるし、バレないと思います」という一言から。

実際のところ、どうなのかね?この不肖ゆたりななりの考えを、ちょろっと述べてみたいと思う。

スポンサーリンク

なぜそんなにヒラメはバラしやすいの?

よく、ヒラメは噛みつき型なのでバラしやすいと言われている。某有名アングラーの釣行動画を見ても、確かによくバラすなぁという印象を受ける。

でも・・・ヒラメってそんなにバラしやすいか?( ゚Д゚)?

この不肖ゆたりなもヒラメを釣っているが、そんなにバラした記憶って無い。自分で体験している限りでは、バラしやすいという印象も無い。某有名アングラーと釣行回数や釣果数が全く違うので、単純比較はできないのは理解した話ではあるが。

いや、それって別にオレが釣りが上手ということを言いたいわけでは無い。ただ思うのは、「バラしやすい」と考える起点がズレてるんじゃないかということなのだ。

その某有名アングラー。新製品のルアーを使った動画での解説を拝見したのだが、「トリプルフックの方が結果的には掛かるし、バレないと思います」とコメントしている。

「トリプルフックの方が結果的には掛かるし」という点については、確かにそうだと思う。針が多い方がどこかしらには掛かるだろう。ただ、その後のコメントにある「バレないと思います」に関しては、異論がある。本当にそうなの?それだったら、その新ルアーで、その方のバラしは極端に減るはずだよね?今後の釣行動画で検証させてもらいますよ。編集が無ければの話ですが。

それってトレブルフックだからバレるんじゃないの?

思うに、トレブルフックを使っているからバレやすいんじゃないのかね?

どこかしこに、どんな形であれ引っ掛けるのには、フックの数が多いトレブルフックを2連,3連と付けた方が確かに良いとは思う。ただ、それは「引っ掛けるのには」というだけのこと。その先のキャッチできるかは、また別の話。

確かに、最近のオレのヒラメ釣果では、3連フックのサイレントアサシン140Sで釣っており、そのどれもがまともに口の中に掛かっておらず、大抵は口周りやエラ部分だった。自分でも、よくバラさずに上げれたなと思ったくらい。



複数の針が引っ掛けたところで、力が分散されてしまうので、フッキングは浅くなるはず。

ヒラメってそんなにベイトを齧っているか?

話は変わり、もう一つ疑問に思っていること。「ヒラメってそんなにベイトを齧っているのか?」という点。

ヒラメは「噛みつき型」であるとよく言われている。確かに歯も鋭いし、噛みついているんだろうなとは思う。しかし、噛みつきはするが、齧ってるわけではないのだろうと思う。

ヒラメの胃の中に入っているベイトフィッシュの胴体が噛みちぎられた姿は見たことがない。大抵は丸のままの姿で胃の中に入っている。ということは、噛むには噛むが、基本的にはベイトフィッシュを丸呑みしているし、丸呑みしたいんだろうな。

最終的に丸呑みするため、ベイトフィッシュを押さえるために噛んでいるということだろう。

ハードルアーの場合は、トレブルフックを使うしかない

ハードルアーの場合、ボディそのものが硬いので、ヒラメとしても当然丸呑みはできない。トレブルフックを使うからバレやすいとは思っているが、ハードルアーの場合はトレブルフックを使うしかない。要は、ルアーのどの場所を噛み付くか分からないから。

特にヒラメの場合、大きいサイズのルアーにも果敢にアタックするから、サイズが大きいルアーの場合、アタックする位置によってフッキング率,キャッチ率は大幅に異なる。だから、どこを噛みついても、どっかしらにフックが引っかかるようなシステムにするのがベターなのだろう。それがトレブルフックなわけだ。

ハードルアー、特に大きいサイズのハードルアーの場合、噛みついた場所から口の中へすっぽりと丸呑みすることは、物理的には不可能。だから、トレブルフックをできるだけ多く付けるしかない。だからと言って、「バレない」というのは話は別。端的に言ってしまうと、「キャッチは二の次、まずは掛けることが最優先」ということになるだろう。

ワームはシングルフック一本がベスト

一方で、ワームを使用する場合、大きいサイズのハードルアーとは理屈が異なる。というのも、ワームは「柔らかい」からだ。

実際に捕食しているベイトフィッシュ並みに柔らかいのなら、噛みついてから飲み込もうとするだろう。ヒラメがワームのどこの部位から嚙みつこうが、ワームは折れ曲がるから、再度噛みつき直して飲み込もうとするだろう。それがワームの良いところ。

ワームの場合、柔らかい特性を活かして、アタリを感じてからフッキングに持ち込むまでの間隔も遅くても構わない。それだったら、シングルフック1本で確実に口の中へ入ってからフッキングさせれば、格段にキャッチ率は上がる。要は、ミノーのようなハードルアーとワームとで、それぞれに合わせたフックセッティングを考えられるはずである。

故に、ワームにはハードルアーと同様にトレブルフックのセッティングにする必要はない。シングルフックなら、フッキング力が一点に集中するため、トレブルフックよりは格段にキャッチ率が上がる。ワームの場合、フッキング率およびキャッチ率が最も高いシングルフック1本がベストのはずだと思う。

したがって、ワームの場合はハードルアーと違い、シングルフック仕様にすれば、「掛けもキャッチも高次元で実現できる」ということなのだと思う。

スポンサーリンク

まとめ

以上、某有名アングラーの動画中にあった「トリプルフックの方が結果的には掛かるし、バレないと思います」というコメントに対し、自分なりの異論を唱えてみた。その上で、ミノータイプのハードルアーはトレブルフック複数本,ワームリグではシングルフック一本のセッティングが最も良いという考えを示した。

最近はヒラメ用のジグヘッドというと、トレブルフック2連が付いているのがほとんど、ワームリグをハードルアーと同じフックセッティングになっている傾向にあるが、実際のところ、これでヒラメのキャッチ率は格段に上がったのだろうか?実際の効果をメーカー側は検証できているのかな?それとも、単にヒラメは下から噛みつくから下にトレブルフックを複数付けた方が良いという思い込みか、または単純に他メーカーのサル真似ということだけなのかな?

実際にメーカー側が考えていることは知る由もないが、皆さんはどうお考えだろうか?

※「釣りにまつわる偏見」の関連記事はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かえるくん より:

    ワームのシングルフック1本も魚のサイズが大きければ問題ないんですけどね。
    小さいサイズだと何度もワームの後ろ半分に歯形がついて悔しい思いをした覚えがあります。
    アタリがあってもちょっと待てばいいんですけど、なかなか待てないもんですよ。どのくらい待てばいいのかも経験豊富で無いと難しいと思います。
    ということで、ボクはワームにもシングルフックのアシストは必要と考える派です。

    • ゆたりな より:

      かえるくんさん、コメントありがとうございます!

      さすが、おっしゃる通り!
      この記事は、そこら辺のところの続編も考えてのことなんですがね。

      続編はまた改めて!

  2. 小田原のPちゃん より:

    こんにちは。毎度の考察と理論に頭が下がります。
    ヒラメは、狙って釣らない(正確には釣れないですが)ので専門外ですが…
    捕食に関しては、シーバス同様に丸呑みタイプと思います。
    ただ、待ち伏せ一発捕食型なんで鋭い歯があるだけと思います。
    青物の様に何度もアタック&高速遊泳出来ないし、シーバス程口腔内の容積が大きくないから、一口で入りきらない→でも逃したくないで、歯に引っ掛かれば…
    この考えは、釣人と同じ!
    フックポイントが増えればヒット率上がる(笑)
    でここからがキャッチ率の話
    ソフトルアーなら捕食時に変形して口腔内に入り易い→結果シングルで大丈夫。
    不安ならも少しフックポイント増やそうで終わり。ルアー選定で柔らか目で変形しやすいフックやリグの選定がキモ
    ハードルアーの場合
    単純にルアーサイズ落とせば一口で入る→
    口腔内にフック刺さる→
    バレにくい!になるけども、
    前のマッチ・ザ~の話100mm位のイワシがベイトなら50mm位のルアーは、ガン無視かスルー案件でしょう。
    でどうするか…
    仮定の部分が多く釣方の好みが別れると思うけど…
    太刀魚同様に引っ掛ければキャッチ率上がるでしょう。
    ルアー最後部にバーブレスの掛け針をセットしてアタリがあったら鬼アワセ入れてルアーをスライドさせて掛け針を口近辺に引っ掛ける。返しが無い方が刺さりがイイし、バーブレスでもラインテンション抜かなきゃバレないでしょ!
    てのが現時点での解答かなぁ…

    • ゆたりな より:

      小田原のPちゃんさん、コメントありがとうございます!
      正に私の考えていることと同じですね。更に深く入っていただいて、ありがとうございます。

      私がハードルアーを使う場合、早〜中速リトリーブなので、ヒラメがバイトしてくればどこかしらに引っかかるから、そのままテンションを緩めずに寄せるだけ。どこに引っかかろうが、キャッチできることを祈るのみ。バーブレス、アリです。

      一方のソフトルアーの場合、ボトムコンタクトを多めにするので、若干ゆっくりとした誘い。なので、アタリをしっかり感じてからフッキング。これで口の中に入るでしょうから、ある程度は安心してやりとりができる。

      以上から、アワセを入れるのは、どちらかというとソフトルアーの方かなぁ。私の場合。私はそんなところですね。

      ワームでのショートバイトについては、また後日、記事にしたいと思います。改めてご意見、お願いしますね!