MJリグのセット手順および注意点 

不肖ゆたりなおススメのワームリグである、MJリグ。

ジョイントを購入すると丁寧にセット方法等の取説まで入っているので、皆普通に使っているんだろうなーと思っていたが、実は間違ったセット方法をしたり、基本的な使い方が分かっていないという人がかなりいるみたい。素直に取説読めば分かるのにね。

しかーし!素直ではない人が多いのも事実。更に普通のジグヘッドとは全く違うので、ちょっとセットしづらいと感じている人も少なからずいるとは思う。

そこで今回は、単にセット方法を述べたところで、オリジナルをパクっただけの内容になるので、多少なりともこの不肖ゆたりななりのアレンジやセットの際の注意点を交えながら解説したいと思う。

尚、フックセッティングは標準のシングルフックのみで解説する。過去にいろんなフックセッティングを試みたが、ハッキリ言ってシングルフックのみの方が、トータルパフォーマンスが最大だと考えているので、それを標準として解説する。

スポンサーリンク

MJリグ セッティング方法

ジョイントにちょいとひと手間

まずはジョイント。オレの場合、ワームを更にセットしやすいように、ちょっとだけ手を加える。


ワームを刺す両ピンは外に向って開いているが、これをこのように内側へ寄せる。ワームへ刺しやすいようにするため。


オレの場合、この程度。


その後、シングルフックをセットする。

ジョイントとワームのセット方法

続いて、ワームへのセッティング。標準であるパワーシャッド4インチでの説明をする。


ジョイントのピンに刺し始める位置の目安は、赤のバツ印のところ。模様が付いているところが目安になるので、分かりやすいと思う。


その目安の部分をめがけて、できるだけまっすぐ刺す。


まっすぐに刺せたら、前ピンを前へ、後ろピンを後ろへ向けて折り込む。折り込む際に、赤矢印のように、ピンの先を出来るだけ下側に向けて織り込むように意識すると、使用している途中でワームがピンから抜けることが少ない。

このピンを折り込む操作は、ピンが硬いので、爪や指で折り込むと痛いという人は、プライヤー等でやると良い。最近のジョイントはこの点が改良されたようで、指で曲げてもさほど硬くなく、比較的容易には曲げることができてはいる。

赤丸部分のように、前ピンの先は、その前にある突起より内側に収まるに曲げ込むと、使用の際にシンカーがその間に入らないようになる。シンカーがその箇所へ入れさせないようにする理由は、後で述べるとする。

シングルフックとジョイントのセット方法


先ほどジョイントにセットしたフックを、ジョイントから張り気味にしてワームを貫通する位置を決める。


位置を決めたら、下から上へまっすぐにワームへ貫通させる。先ほど述べたフックとジョイントを張り気味にしないと、この写真の赤丸部分のように隙間ができる。このような状態でフックをワームに刺すと、ひん曲がってセッティングされている場合が多い。


このように、セッティング後に上から見て、ジョイントの両ピンとフックポイントが、ワームの胴体の中心にいっていればgood。ここがまっすぐになっていないと、ウェイトバランスが崩れ、キャスト時に回転することが多くなるので、是非とも注意したいところ。

使用する際のシンカーのセッティング


シンカーのセッティングは、写真のようにジョイントの先にある溝に引っ掛けるようにする。

先ほどの<ジョイントとワームのセット方法>で「折り込む際に、赤矢印のように、ピンの先を出来るだけ下側に向けて織り込むようにすると、使用している途中でワームがピンから抜けることが少ない」と述べたが、使用している時にシンカーがその後ろ側に入ると、キャスト時にバランスが崩れて回転しやすくなる。そうは言っても、既存のジグヘッドに比べれば、格段に回転する率は低いが。


リーダーから接続したスナップを設置する穴は2つあるが、ハッキリ言ってどっちでも良い。どちらも試したことはあるが、感覚的にはさほどの違いは無いと思っている。少なくともオレの場合、このように一番前の穴を使っているがね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、MJリグのセッティング方法について、多少自分なりのアレンジや注意点を付け加えながら解説してみた。本家本元が述べていないところまで述べているが、あくまでも自分のこれまでの経験上、気を付けるべきところまで述べているので、是非とも参考にしていただければ幸いである。

これを釣行前に異なる種類やカラーのワームで事前に作ってケースに入れておけば、現場でのルアーチェンジも容易にできる。MJリグの場合は、さすがに現場でこのセッティングをやるのは現実的ではない。

ちなみに、オレの場合、ご近所サーフでの2時間程度の釣行であれば、根掛かりロストを考慮して、種類,カラーが同じワームを3個ほどルアーケースに入れておく程度。

根掛かりが多いハタゲー釣行でも、普段よりちょっと多めの5つほど持っていれば充分。ハタゲーではいろいろと試している為、違う種類のワームやカラーを多めに使ってはいるけどね。いずれにせよ、多少根掛かりしても前記事で述べた対応をすれば、岩と岩の間にスタックした程度の根掛かりは確実に外せる。

まずは上記の方法でセッティングしたものを使い倒してMJリグに対する勘所が理解できてから、フックセッティングやワーム等、自分なりのアレンジを加えてみるのが使いこなす近道ではないかと思う。

さぁ、これでアナタもMJリグマスター!

おさかないっぱいガッツリ釣れちゃう・・・かどうかは、アナタ次第!( ^ω^ )

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. MJリグ初心者にとっては、大変参考になります!ありがとうございます(__)

    ゆたりなさんのブログは自分の強化書デス(^^)

    • ゆたりな より:

      チンパパさん、お褒めのお言葉ありがとうございます!

      もし分からないところなどありましたら、私でよろしければできる限りお応えできると思いますので、コメントください。

      どうですか?フラットフィッシュ釣れましたか?(‘∀‘)

      • ありがとうございます(__)

        フラットフィッシュ狙いの日は天候がダメダメだったので、やめました(*_*)

        秋になり、またまた根魚はアコウメインの釣りに戻ってます(^_^;)
        まだMJリグでは釣り上げていませんが、引き続きガンバッテみます!!

        • ゆたりな より:

          チンパパさん、ご回答ありがとうございます!

          まぁ、時期が来れば釣れますよ!大丈夫!

          それよりも、そちらはアコウが釣れるんですから、逆に羨ましいです。MJリグをバビョーンと飛ばして、竿抜けポイントでデカキジハタを釣っちゃってください!