西伊豆ハタゲー アオリイカがダメならハタはどうだ?

今回は昨日の釣行記録。

もうそろそろ本格的にご近所サーフで朝マズメのフラットフィッシュやシーバス狙いに出向きたいところなんだが、長雨な上、波が高い。ご近所サーフでの釣りはもうしばらくは厳しそう。

そんなことを考えていたが、そういえば秋のアオリイカを今年はまだ釣っていない。そこで、雨の合間の晴れ間を狙って、西伊豆方面へデイエギングに繰り出してみた。

スポンサーリンク

アオリイカの反応はすこぶる悪い

河口近くはさすがに濁りは強かったが、河口から離れた場所へ行ってみると、意外にも水質はそんなに悪くない。

「長雨が続いたが、まぁ釣れるっしょ!」と、結構軽い気持ちで遅めの9時ごろに釣りを開始。

しかし・・・

アオリイカはいることはいる。しかし、追いが悪い。エギに追ってくる個体も見られるのだが、エギから一定の距離を保って追ってくるだけで、岸際近くまでくるとすぐに沖へと離れていく。体色も黒々とせず、あまり興奮してエギを追う様子もない。

場所移動を繰り返してみるが、どこも同じような反応。

ウ~ン・・・どこも同じだな。このままやっても少なくとも夕マズメまでは同じような反応だろうな。

周りのカゴ釣りの状況をみても、たまにソーダが釣れる程度。思いっきりデイなだけに、回遊魚狙いもちょっとしんどい。

デイでも釣れる可能性のものは? (´・ω`・)エッ?

そうだ!こういう時こそのハタ狙い!イケるんじゃないの? (^▽^)

アオリイカがダメならハタは?

そこでやってきたのが、先日も訪れたゴロタサーフ。


2時過ぎエントリー。相変わらずここは潮の変化に富んでおり、ベイトも豊富。根掛かりさえ克服できれば、これほど期待できる場所は無いと思う。時間が許すのであれば、早朝から暗くなるまで粘ってみたいくらい。

初っ端からいつものMJリグ+パワーシャッド4インチで広範囲に攻めてみる。

※MJリグ記事一覧はこちら


シャッドテール部分は以前にフグに噛み切られたものをそのまま使用。この程度齧られたところで、普通にタダ巻きでアクションするので、まぁこれでよかんべ! (;’∀’)

まずはいつものスイミングで扇状に攻めてみるが、反応は得られない。

そこでこれまたいつものワンパターン、ボトムから3回巻き上げてからのテンションフォールの繰り返しで、ボトムを大雑把に攻めてみる。

すると、ボトム攻めに切り替え初めてすぐ。フルキャストからのボトムから最初の巻き上げ後のテンションフォール時に、ロッドティップに明確なアタリ! Σ(゚Д゚)

そらきた!うりゃっ! (・ω・ノ)ノ

ダ~ハハ!言ったべ、不肖ゆたりなの読み通り!ガハハ! ヾ(≧▽≦)ノ

なーんて威張ってみたが・・・あらっ?引きは小さいが、カサゴか? (・・?

躊躇なくゴリ巻きから抜き上げると・・・


今回はちょっと小さい、25センチもないかな?でも、狙い通りのアカハタ!

その後もスイミングとボトムバンピングを織り交ぜながらランガンするが、それからは一向にアタリすら得られない。威張った割にはこの一匹ッきり。

1匹のみの釣果だったが、根掛かりロストゼロで機嫌よく、16時撤収。

【タックルデータ】
ロッド: シマノ ロッド エクスセンス S1000MH/R
リール: 【送料無料4】シマノ ’17ツインパワーXD 4000XG
メインライン: DUEL デュエル アーマード F+ Pro 200m 1.0号 19LB ゴールデンイエロー
リーダー: 【Seaguar/シーガー】リアルFX 60m 4号 786298 ライン フロロカーボン ハリス クレハ

スポンサーリンク

まとめ

エギングでは良い結果が得られなかったが、代わりのハタ狙いではアカハタ1匹のみだが、結果を出すことができた。

釣り物の魚種が豊富な秋のシーズン。魚種が豊富だからと言って、そのすべてが常に釣れるわけではない。

1つの魚種に絞らず、臨機応変にその時に釣れるものを探していく。そんな釣り方も面白い。

しかも、アオリイカとハタが釣れる場所はけっこう共通している。

眠い中、朝マズメやナイトゲームを無理してやるよりも、ポカポカの陽気の中、デイゲームでのんびりとアオリイカとハタのリレー釣行というのもアリだと思う。

以前にも、「秋の釣り 1タックルスタイルの提唱」という記事を出したが、この秋の時期が最もいろんな釣りを楽しめる。

明日から台風の影響で天候が荒れるが、コンディションが戻ったら、こんな臨機応変の釣りスタイルで臨んでみてはいかがだろうか?
 
 
※ハタゲー記事一覧はこちら

スポンサーリンク