パワーシャッドの偏見 「正しい付け方」ってなに?

最近、とある釣具屋で、ワームの付け方を友人だか誰かに熱く説明していた場面に出くわした。

そこで、「頭が二つあったら不自然じゃん!だからワームの頭は切って使う」とか、「この向きでないといけない」とかを物凄く強調していた。

「なんだそりゃ?」とそん時には思ったが、ジグヘッドにパワーシャッドをセットしている人は、ほとんどがその通りにセッティングしていると思う。

「じゃぁ何でそのセッティングにしているの?」と問われて、明確に答えられる人はいるのだろうか?実は、その熱く語っていた人と同じことを潜在的に思っていたのではないか?

いずれにせよ、パワーシャッドは中途半端に魚の形状をしているため、妙な偏見を持っている人が多いように思える。

そこで今回は、「パワーシャッドの偏見」と称して、自分なりの意見を述べてみたいと思う。

スポンサーリンク

ジグヘッドの頭とワームの頭と2つあると釣れない?

そもそも、ジグヘッドを「ベイトの頭」としてフィッシュイーターがそこまで認識できているのだろうか?パワーシャッドの頭部を「ベイトの頭」として認識できているのだろうか?

そんなもん、単に人間が不自然と思っているだけで、頭を切り落とさなくたって釣れるもんは釣れるだろう。そんなもんで釣果が大きく変わるわけがない。変わるとしたら、頭が二つあることよりも、ワームサイズがフィッシュイーターの好みにたまたま合ったくらいなもんだろう。

パワーシャッドの頭を切り落として使うようになったそもそもの理由は定かではないが、以下の理由が可能性としてあるのかな。正直、そこまで大きな意味があるとは思っていないがね。(-“-;A …

パワーシャッドボディに対してジグヘッドのフック位置を調整

ジグヘッドはフックが固定されており、パワーシャッドにフックを通すと、フックポイントが前方よりになってしまう。丸呑みでのバイトならそれでも問題ないが、ショートバイトの場合、フックポイントがもっと後ろ側にあることが望ましい。


出典:釣具ポイントHP

したがって長さ調節するために、頭側から切り取るというのはあるかもしれない。

パワーシャッド特有の味や臭いを切り口から出す

パワーシャッドには、味やニオイが備わっている為、頭を切り落とすことで、その切り口から味やニオイを放出させるという効果はあるかもしれない。

仮にそれが本当に効果的だとすれば、パワーシャッドのボディ全体に多くの切れ目を入れれば、もっと味やニオイが出て、フィッシュイーターのバイトを更に誘発できるだろうという想像もできる。

更にその多くの切れ目により、前から受けた水流を変化させて、通常のパワーシャッドとは違った動きができることも想像できる。

なーんてことも考えられるが、そもそもパワーシャッドに備わっている味やニオイがそんなに効果あるとは思えないがね。パッケージには書いてあるけれども。あったとしても微々たるもんだとは思うが。

パワーシャッドに上下の向きが決まってるの?

一応、パワーシャッドには上向き,下向きが決まっているようである。

平らな面が背中で上向き,丸みを帯びた面が腹側で下向き。

あと、シャッドテールが逆三角になるようにするのも目安のようだ。

だけど・・・そんな向きをどっちにしようが、どんだけ釣果に影響するもんなのかね?

パワーシャッド 実は逆向きの方が大きく泳ぐ

パワーシャッドは、実は逆向きの方が大きく泳ぐし、普通に釣れる。

実際に過去にも逆向きセッティングは普通にやっているし、普通に釣れている。

逆付けにしたことで、操作上のトラブルが発生しやすいということも全く無い。

操作上、順付けでないと不具合が生じやすいとかいうのであれば「正しい向き」というのは従った方が良いと思うが、別にそんな問題が無ければ、どう使おうが、ユーザー側の自由。正しいも正しくないもないのである。

ツートンカラーのパワーシャッドで2色分の効果

過去にも「パワーシャッドの特性を活かしたセッティング」で述べたが、順付け,逆付けを区別して使うことで、底物に対して2色分のカラー選択ができることになる。

たとえば、パワーシャッドでド定番の115カラー。


腹側を下向きにすれば、白基調のカラー。ナイトには効果があるかもしれない。


背側を下向きにすれば、黒基調のカラー。晴れて水が澄んでいる時は、シルエットが強調されて、アピール強となるかもしれない。

パワーシャッド ラメのある方を下にすれば 底にいる魚への適度なアピール

パワーシャッドのカラーによっては、背側にラメがあるものもあるし、腹側にラメがあるものもある。

どちらにせよ、ラメのある方を下側に向ければ、多少なりとも底物に対してフラッシングの効果が得られるかもしれない。

115カラーは、ラメが背側にある。

これを逆付けにすることで、ラメによるフラッシングと、逆付けシャッドテールによる強アピールによる効果が相まって、底物の魚に更なるアピール強となるかもしれない。

スポンサーリンク

まとめ

いずれにせよ、人間による「思い込み」で、正しいと思っていることが、魚にとっては全く意味をなさないことは多い。

ベイトフィッシュに頭が2つあるのは不自然と言う人がいるが、そんだったらベイトフィッシュがカラフルなのはもっと不自然じゃねーのけ!ピンクの魚なんていやしねーべ!

そもそもフィッシュイーターはなぜルアーに噛みつくのか?エサとしてなのか?ジャマ者を排除するためなのか?おもちゃとしてなのか?魚には手が無いわけだから、口が唯一物を掴むための媒体でもある。だからエサ以外の捉え方も充分考えられる。

エサ以外の捉え方ができるのであれば、カラー選択やアピールもエサに似せる必要はなく、「魚の怒りを逆なでするようなカラー」や、「魚が無意識に寄り付いてしまうカラー」等、いろんな可能性が考え得る。

魚にとって何が正解か不正解かは別として、アングラーにとっては釣れたこと自体が正解になるわけだ。魚の思っていることを判読できる装置が発明されない限りは絶対に分からないわけだ。

本当の意味での「想像力」というのは、そういうところだと思う。妙な偏見は、アングラーにとっての釣りの楽しみを狭めることにもなりかねない。

人間側の偏見を取っ払って、思ったことをチャレンジしてみたら良いと思う。「そうあるべき」なんてものは、勝手な思い込みに過ぎない。自然が相手のことなんて、分からないことだらけなのだから。

そんな意見をエラそーに言っているこの不肖ゆたりなでさえ、まだまだ偏見でいっぱい。

コレを躊躇なく使い続けて釣れるようになれば、また何か違う世界が見えてくるかな?
 
  
※パワーシャッド,ミノーM記事一覧はこちら

スポンサーリンク