ジャックアイTG30g大活躍! 沼津サーフショアジギング

やって来ました!今回は沼津のドン深サーフ!


久々に来たドン深サーフ。

ここ数年は回遊魚狙いで訪れていたが、今年の夏はハタゲー調査に力を入れていたので、今日まで来ることは無かった。

しかし、いまだハタゲー調査を継続しているにもかかわらず、このドン深サーフへ訪れた理由というのは、単に「たまには青物でも釣りたいな!」的なことではない。結果から言うと、青物を釣っちゃったわけだが、本来の目的はそこではない。その本来の目的に関しては、後ほど述べるとする。

スポンサーリンク

ドン深な上に波,うねりで底取りに難

まずはまだ辺りが暗い、4時半頃にエントリー。

前日の雷雨の影響もあってか、いつもはほとんど波が立たないドン深サーフで、うねりや岸際の波がある。濁りも若干あり。

28g程のタングステンシンカーをかませたMJリグからキャストしてみたが、深すぎる上にうねりや潮流のため、底取りがしづらい。ヒラメタル等のショアスロージグをキャストしてみても、着底が非常に分かりづらい。

それならば・・・と、ブギ―ウォークスメルト40gにて、まずは回遊魚待ち。

夜が明け、完全に日が昇っても、周りの誰一人として魚を釣り上げている姿が見られない。当然、自分にも全く反応なし。海面にナブラやベイトの雰囲気すらも見られない。これは・・・さすがに厳しいか?

そんな中、6時過ぎくらいに、遠くの人が何かを釣り上げたのが見え、チャンス到来かと思ったが、それ以降は誰も釣り上げている様子もない。

ジャックアイTG30gでほぼ一人勝ち状態

それならば・・・と、サイズの小さいジャックアイTG30gを投入してみる。30gでこのサイズ感。タングステン製の割にはタダ巻きで泳ぐ。シラス食いの青物にはけっこう効果があると思う。

フルキャスト後、上からレンジを刻んで探り、ひたすら高速でジグを巻き上げる。

すると、6時半頃、巻き上げ中にガツンとヒット! Σ(・ω・ノ)ノ!

横走りする強い引き。波に乗せてズリ上げてみると・・・


サイズは小さいが、マルソーダ。ヒラでなかったのがちょっと残念!

オレが釣れたから周りが釣れ出したかというと、そうでもない。たまたま群れを捉えただけなのか?シラス食いの個体なのか?

引き続き、ジャックアイTGで同じ攻め方でいくと、これまた連発!


周りで釣りあげているのは居らず、オレ一人だけ連発。

その後もオレだけ釣れ続け、周りでは釣れたとしても単発。こりゃぁ完全に小さいサイズを好んでいるな。


元はグローカラーだったジャックアイTGが、ボロッボロというよりも、ハゲッハゲ・・・

お持ち帰り分だけキープして、あとはリリース。10本以上は釣っただろうか?完全に独り勝ち状態。

とはいえ、カタクチのモジりやナブラは相変わらず見られず、釣れるのはマルソーダのみ。サバやシイラ,ヒラソーダすらも交じらない。やはり、前日の雷雨の影響はあるのか? (・・?

本来の目的 実はオオモンハタ狙い

マルソーダ連発に夢中になってしまったが、ドン深サーフへ来た目的はそこではない。

本来の目的は、良型オオモンハタ狙い。その理由についてはまた次回お伝えする。

まずはショアスローで探るべく、先日購入したショアスキッドジグを試してみる。ジグパラスローを上回る低価格な上、アシストフックはティンセルとポラジックフィルム(正式名称は不明)も付いている。

まだ多少波はあるが、明るくなったらまだやり易い。

しばらくボトムを探っていると、岸近くのブレイクで、突然アタリ! Σ(・ω・ノ)ノ!

とうとう狙い通りに来たか!・・・と思って必死で巻き上げるが、ドラグが鳴る!そういえば、さっきのショアジギングでドラグを緩めたまんまだった!

あらっ、根に潜られたか?ここら辺はそんなに根は無いはずなんだが・・・ブレイクの角に入っているのか?

ラインを張らず緩めずの状態で待っていると、ラインが動き出した! Σ(゚Д゚)

よっしゃっ!フンガッ・・・あらっ、テンションが抜けた・・・(;’∀’)

バレたーっ!( ;∀;)

狙いのオオモンハタだった可能性があったのに・・・残念ではあるが、狙いは合ってる可能性が高い!

気を取り直して、引き続きショアスキッドジグで底を探り続けていると、またしてもヒット!

よっし!今度はドラグを締めたから大丈夫!しかし、ちょっと引きが弱い。もしかしたらヒラメか? (・・?

ズリ上げてみると・・・


狙い通りのオオモンハタではあるが、20センチも満たないかくらいなサイズ。

先ほどのバラしたのは悔しいが、いずれにせよ、ここドン深サーフでもそれなりにオオモンハタを狙えることは分かった。あとは諸条件が整えば、おそらく良型サイズも釣れると思う。

それなりに楽しめたので、まずは撤収。ドン深サーフを後にする。

【タックルデータ】
ロッド: シマノ ロッド エクスセンス S1000MH/R
リール: 【送料無料4】シマノ ’17ツインパワーXD 4000XG
メインライン: DUEL デュエル アーマード F+ Pro 200m 1.0号 19LB ゴールデンイエロー
リーダー: 【Seaguar/シーガー】リアルFX 60m 4号 786298 ライン フロロカーボン ハリス クレハ

スポンサーリンク

まとめ

サイズはどうであれ、狙い通りにオオモンハタは釣ることができた。更に、極小メタルジグであるジャックアイTGでほぼ一人勝ちも味わうことができたが、マルソーダのみ。

マルソーダのシラス食い攻略は以前から考えていたことではあったので、その対策に入手したジャックアイTGが当たったことについては、満足している。ただし、もう少しサバやヒラソーダが来てくれてもよかろうもん。( ;∀;)

中途半端な満足感を残しつつ、スマル亭のモーニング冷しで一度冷静に。せっかくだから泣きの一声、引き続きオオモンハタ狙いで別の場所へもチャレンジしてみることに。

良型オオモンハタを釣るのは結構容易だと思っていただけに、アカハタ以上の苦戦を強いられている。

なんとか釣れないもんかなー? 

スポンサーリンク