ボンバダスナップオーヴォ#0 メバルからペンペンまで使ってみた

今年のホタルイカパターン釣行から使っているスナップがある。それがボンバダスナップオーヴォ。サイズは#0。

ボンバダスナップ・オーヴォは先進の熱処理技術により世界最強クラスの圧倒的強度を実現。しかも軽量でルアーアクションに影響を与えにくい。素早く交換の出来るエッグシェイプデザインと水馴染みの良いカモフラージュカラーを採用。

BONBA DA AGUAより引用

以前にもボンバダスナップオーヴォの記事があるので、今回は詳細については割愛する。

今回は、ボンバダスナップオーヴォを現在まで使ってみての使用感や強度等についてを述べてみたいと思う。

スポンサーリンク

ライトタックルでの使用には十分すぎる強度

まずこれを使用しようと思ったきっかけ。富山のホタルイカパターンで小さいルアーから大きいルアーまで、様々な大きさのルアーに対応できるようなスナップを探していたことが最初だった。

小さいルアーに対しては、泳ぎに影響を与えないよう、軽くて線径のできるだけ細いもの。且つ、大きいルアーに対しては、とにかく強いもの。この2つを両立できるようなスナップとして目をつけたのが、このボンバダスナップオーヴォ。

サイズ#0での強度は、メーカー公証で24kg。「こりゃぁもうこれしかないでしょ!」と思って、購入。

具体的な使用感については過去記事で説明しているので、ここでは割愛する。

ボンバダスナップは、今年のホタルイカパターンでの釣りの他、最近のハタゲーでも使用。

このボンバダスナップを使って釣り上げた魚は、最大でも30センチ未満のキジハタ程度。これくらいなら全く問題ない。

ライトショアジギングには さすがに厳しいか?

充分な強度であったので、先日のご近所サーフ釣行を含め、ライトショアジギングでも使ってみた。結果は、30センチ程度のペンペンクラスのシイラを掛けた瞬間に、スナップは破断。

30gのタングステンジグを着底後に高速巻きしたときにガツンとアタリ。その瞬間にテンションが無くなり、回収したスナップを見ると、思いっきり破断。

全てのペンペンのヒットで同様のことが起こったわけではないが、このほかにもやはり同サイズのペンペンを釣り上げ、ちょっとぶら下げていただけでもスナップが変形してしまうことは何度かあった。

公証の強度が24kgであっても、さすがに線径が細すぎるだけに、ペンペンサイズではあっても瞬間的に強い力が加わるものには弱いのかな~という印象。

ショアジギングで使用するには、線径がさすがに細すぎるかな?瞬間的に大きな衝撃には、ペンペンクラスであっても厳しいのだろうね。

ボンバダスナップオーヴォが通せないルアーもある

これまで、ボンバダスナップをいろんなルアーに接続したが、所有しているルアーの中で、唯一通せなかったルアーがある。


それが、ブリーマーバイブ。


ブリーマーバイブのラインアイの径が小さい上、ボディに厚みがあるので、写真の赤丸のRの付いた部分が、どうしても通らないのだ。

Rの角度が緩いため、どのルアーにも通せると思ってはいたが、そこは考えが甘かった。

ブリーマーバイブに限らず、ラインアイが極端に小さかったり、ポッパーなどによくあるラインアイがルアーボディの奥にあるようなルアーでは、このボンバダスナップを通せない可能性があるので、注意が必要。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ボンバダスナップオーヴォ#0を使用してみての感想を述べてみた。

強度があるだけに、結構無茶な使い方をしたが、ライトタックルでの使用ならば十分な強度は保持できると感じた。

しかし、いくら強度があるからとはいえ、思わぬ大物が掛かる可能性の高いサーフでのヒラメ,マゴチの釣りやライトショアジギング,ハタゲーにはさすがに厳しいとは思う。

したがって、細い線径,軽さを利用してのライトタックルでの使用が最も適切であるように思える。ただし、線径の細さ故、何度もルアーチェンジをしてスナップの開閉を繰り返すと、金属疲労が蓄積し、早めの破断につながる可能性があるので、早めの新品交換が必要。1つのスナップで何釣行も使用し続けるのは避けた方が良さそう。

適切に使用するうえではこのボンバダスナップオーヴォ、上記の内容を考慮し手いただければ十分な強度でルアーの泳ぎを邪魔しないので、優れたスナップであると思う。

今後も、ライトタックルで若干の強度を必要とする釣りには、このボンバダスナップオーヴォを使っていこうと思う。

スポンサーリンク