【ソルティビーツ85(ラッキークラフト)】唯一無二のジョイント系バイブレーション

このルアーを使っての釣果実績はいまだ無いが、自分的には今後に期待しているルアー。

今回はラッキークラフトのソルティビーツ85(ラッキークラフト)

ソルティビーツ85は、85mmのジョイント系バイブレーション。

ソルティビーツには70mm(10g)があるが、サーフメインで使えるように85mm(17.5g)を購入。
 
201509261
上がソルティビーツ85,下はエフリードジョインテッド(アングラーズリパブリック)。

ジョイント系ルアーというと、艶かしくクネクネ泳ぐが、飛距離が出ない印象がある。

そして、ソルティビーツはジョイントに加えてバイブレーション仕様という、他には無いスペックが魅力的。

ソルティビーツ85は、動きが面白い

 
いわゆるジョイントルアーの部類ではあるが、一般的なジョイントルアーの性能とはちがう部分の性能を求めている。
 
ソルトでジョイントルアーと言うと、ジョイクロに代表されるビッグベイト系を中心に、最近では写真にもあるエフリードジョインテッドやバチ系ルアーといった多連結系が見られる。


このソルティビーツは、ラインアイの位置がバイブレーションと同じ背中に付いており、ちょっと他のジョイント系とは一線を画す。
 
オレがソルティビーツで期待しているのは、一般的なジョイント系で求められるスローでクネクネとした動きではない。
 
このルアーの動きを見ると、バイブレーション的な動きだけでなく、不規則にフラフラと左右に寄る、千鳥足という感じのアクションをするのだ。

他のルアーには見られない、唯一無二の動きが、フィッシュイーター達にハマるときがあるのではと、密かに睨んでいる。

ソルティビーツ85の飛行姿勢や飛距離は予想以上

 
また、一般的なジョイント系ルアーは飛距離に難ありのモノが多いが、このソルティービーツ85は飛行姿勢もさほど乱れることなく、飛距離もそこそこ出せる。

もちろん、「抜群の飛距離」とまではいかないが、波足が短い時に使用するのが面白いと思う。
 
そして、一般のバイブレーションのようなエビったりのトラブルは比較的少ない。オレが使っているパワースライト85ほどではないが。

ソルティビーツ85は、速巻きだと水面を割りやすい

そんなソルティビーツ、引き抵抗は少ない方なので、速巻きを多用したくなるが、速巻きしたときは他のバイブレーションよりもレンジを外れやすく、水面を割りやすい。


このように、水を受ける背面が丸まっているので、そのぶん水圧を受けにくい構造になっている。

そのため、速巻きを多用するよりも、ロッドを立て気味にして若干スローに巻くのが良いだろう。

それこそ、ナイトで使用すると面白いかもしれないね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ソルティビーツ85の使用感を、自分なりに述べてみた。

ソルティビーツは他のバイブレーションにはない、唯一無二の存在であることは間違いない。

いつも使用しているルアーのなかに、このソルティビーツをラインナップに加えると、ちょっとした攻めのアクセントを加える意味では良いかもしれない。

基本的には激混みの人気サーフは嫌いではあるが、激戦区でこそ、あえて使ってみたい。そんなルアーである。

オレだけ爆釣があるか?オレだけスカるのか? 
 
 
 
 

スポンサーリンク