【PEにシュッ!とほぼ同じ】PEラインのメンテナンスにシリコンスプレーを

PEラインを使用していると、表面のコーティングが剥げて、すぐにライントラブルが頻発してくると思う。
 
先日、ライン交換の際にもコメントを掲載したが、ラインの滑りが悪くなってベールに引っかかったまま巻いてしまったり、飛距離が落ちたり、毛羽立ちが出て耐久性が落ちたりといったことが生じる。
 
こういったトラブルを避けるべく、「PEにシュッ!」などのPEライン専用のコーティングスプレーは存在するが、容量が少ない上に高価なので、ぜいたくに使うことができない。
 
過去にとある釣り雑誌を見たとき、エギング大好きの山田さんの記事で、「コーティングスプレーは、スプールに液が垂れるまでたっぷり掛ける」と記載してあったのを覚えているが、お小遣いの少ない世のおとうちゃん達にはそんな余裕はない。
 
そこで、ネットでいろいろ調べると、良い情報を発見。

PEラインに無溶剤タイプのシリコンスプレー

 
それは、ホムセンで安価に売っている、無溶剤タイプのシリコンスプレー
201403021

無溶剤なので、PEライン表面のコーティングに悪さをする可能性は、極めて低い。
 
ちなみに、クレのシリコンスプレーには、この赤い缶の「シリコンスプレー」と黒い缶の「シリコンルブスプレー」があるが、これは単に流通経路の違いだけで、内容物は同じなんだそうだ。
 
そもそも、「ルブ」って、何の意味があるのかね?
 
いずれにしても、オレは2年ほど前からこのクレのシリコンスプレーを使用しているが、まったくもって問題なし!
 
釣行後、リールをシャワー水洗,乾燥後、それこそこれを山田さんの仰るようにたっぷり掛け、乾燥したらOK。

速乾タイプのシリコンスプレーもあるようだが、そんなに違いはないので、これで充分。
 
201403022
これだと、取り付けノズルが付属しているので、余計なところまで無駄に吹き付けることもない。
 
「PEにシュッ!」も前に使用したことがあるが、明らかな差は感じられない。
 
実際にこのシリコンスプレーを使ってラピノヴァ1.5号を逆巻きしたのを含め、2年間持たせることができた。

このシリコンスプレーを使ったことで大きなトラブルはなかったので、これで問題ないと思う。

そもそも、「PEにシュッ!」は他のシリコンスプレーと比べて、何が違うのだろうか?

明確に記していないのなら、意外と通常のシリコンスプレーと同じで、単にPEライン用としているだけかもしれない。

いずれにせよ、使用上問題がないのであれば、一般的な無溶剤タイプのシリコンスプレーで充分でしょう。
 
これなら世のおとうちゃんアングラーでも、お財布の中身を気にせず、安心して使えるし!
 
しかし、これはあくまでもオレが体験しての話。

予期せぬトラブルが出る可能性までは完全に否定できないので、そこは自己責任でお試しあれ。

スポンサーリンク

コメント

  1. Jingasa より:

    すっかりご無沙汰していました。
    シリコンスプレーなんて手があるんですね。
    知らなかったぁ。
    小生はメンテらしいメンテもせず、考えてみれば
    酷使しまくってました。

  2. ゆたりな より:

    Jingasaさん、ご無沙汰です!
    シリコンスプレーは安上がりだし、これは良いですよ。
    ラインのコーティングが取れると滑りが悪くなり、飛距離が落ちたり、ベールに引っかかったり等のトラブルが頻発しますからね。
    また近いうちに釣行決めますか!