クロステージ チニングロッド

ゆたゆたが突然、オレ様のネクタイを首に巻いて、「おとうさんごっこ」なるものを始めた。
 
 
「おいっ、おねぇちゃん!はやくたべろ!」
 
 
「おいっ、おかあさん!きちんとたため!」
 
 
「おいっ、キンキンの(水槽の)みずをかえろ!」
 
 
その後、嫁からの怒りの鉄拳を食らい、「ゆたゆた政権」は儚くも崩れ去った・・(゚Д゚;)バカダナ・・・
 
 

スポンサーリンク


  
 
さて、そんなアホアホはほっといて、おひさしゅうござんす!今日こそはご近所朝練!
・・・と思ったら、今週末は雨でお休み。
 
 
ということで、昨日届いたチニング用ロッドについて。
 
 
201503063
 
 
8フィートのMLクラス、ポッパーゲームやズル引きにも使えるタイプを選択。
これを選んだ理由としては、以前の記事でも書いたが、現在持っているメバルロッドとLクラスシーバスロッドとのギャップを埋めるようなロッドが欲しかったというのが一つ。
 
 
ここ数年は恒例であるGW中の富山ホタルイカパターン。
 
 
3年前に初チャレンジしたとき、ホタルイカルアーであるズィークイッドでいきなり3枚のクロダイを上げることができたが、その後2年はクロダイをキャッチすることができず。
 
 
この時には、7~15g程度のホタルイカルアーのみを使っていたが、時期的には稚アユ等の他のベイトパターンも重なる可能性があるため、2~3g程度のジグヘッドも攻めの選択肢に入れることを考え、比較的ライト寄りの万能ロッドが欲しいと思い始めていた。
 
 
更に、明るくなってからはサゴシやフクラギ(ワカシ)も狙えるよう、そのまま同じタックルで、15g程度までのジグヘッドを使えるようなライトなワインドもできればと欲張って考えていた。
 
 
これまでホタルイカパターンで使用していた8.6フィートメバルロッドでは、ルアーウェイトMAX7gであるため、ホタルイカルアーをキャストするにはちょっとかったるい感じではあったし、7g以上のルアーはもう完全にきつい。
 
 
もう一つ、昨年のホタルイカパターンでは、更なるロングキャストを狙って9.6フィートLクラスのシーバスロッド(ルアーウェイトMAX24g)を使ったが、これはこれでちょっとヘビーなので、他のベイトパターンを想定した軽いジグヘッド使用ではちょっとオーバースペックとなる。
 
 

そこでこの8フィートMLクラスのチニングロッド。イメージとしては、比較的ライト寄りの万能ロッドという感じ。メジャークラフトのクロステージシリーズは、エギングロッド,シーバスロッドと使っているけど、安くても機能は充分!ロッドに多くの能力を要求するより、オレ様がロッドに合わせれば全てオッケー!
 
 
更に、まだチャレンジを諦めていない、地元でのズル引きチニングにも当然使おうと思う。チニングロッドの特長である「根掛かり回避能力」にも注目している。
 
 
また、港内でのライトなシーバスフィッシングへの使用も想定している。15g程度までのミノーも扱えるしね。
 
 
201503061
高足のKRガイド。さぁ、どうなんでしょうね?
 
 
201503062
セフィアBBとの組み合わせ。グリップが短いため、取り回しが良く、扱いやすい。
 
 
これが加わったことで、自分が想定しているショアからの釣りを全て網羅したことになる。
 
 
まぁ、ショアジギングタックルはまだ持っていないが、磯での釣りはりなりなやゆたゆたがもう少し大きくなってから考えようかね。
 
 
デビュー戦はいつになるか未定だが、はやくこれで投げてみたいですなぁ!
 
 

スポンサーリンク

コメント

  1. booska より:

    隣の芝は青く見える。
    やっぱり、クロステージ黒鯛を買えばよかったかな。
    はじめの第一候補だったので・・・。
    ゆたりなさんのロッドも気になりますが
    ガンガンジグのショアスロー用が発売されましたね。
    こちらも気になります。
    小遣いがたりませーん。

  2. ゆたりな より:

    ブースカさん、こん○○は!
    いやいや、マイクロワインドにはやはりアジングロッドが最適、適切な判断だったと思いますよ。私の場合、ブースカさんとは目的がかなり違うんでね。
    ショアスロー用のガンガンジグですか・・・現状では、他のと比べて大きな差が無ければヒラメタルとスローブラッドキャストで確定ですね。
    入手したら、インプレ頼みまっす!
    まぁ私の場合、釣りでは当分買うものはないかな!
    (↑たぶん大ウソ・・・)