MJリグの改良シンカーで「究極の飛距離」へ。その理由とは?

MJリグといえば、この不肖ゆたりなにとってサーフゲームやハタゲーでは欠かせない唯一のワームリグとなっているが、このたび、MJリグのジョイントとシンカー、どちらもバージョンアップ版が出ました。

実はすでに数個のサンプル品を使ってご近所サーフでテストしたのだが・・・いやぁ、お世辞抜きで「ほぼ完璧」といっても良いくらい、劇的に操作性が改善されましたね。

これまでも飛距離や操作性では十分満足のいくものだったが、今回の改良でもう致命的な欠点が見当たらなくなっちゃったね。

その改良の中でも、最も大きな改良を遂げたのがシンカー。

シンカー改良によって、キャスト時に生じるトラブルはほぼ無くなったと断言しても良い。それくらい大幅に操作性が改善した。そのため、表題に挙げた「究極の飛距離」、つまりはキャストムラが極めて少ない、高次元の平均飛距離を得ることが可能となったわけだ。

そんな今回の新シンカーの改良点と、それによりもたらされる効果を説明したい。

スポンサーリンク

MJリグのシンカー改良点

これまではステンレス製の針金による環だったので、使用するたび環が変形して開いてしまい、これがキャスト時の回転やひっくり返りのトラブルを招いていた。


左:正常な環 右:使用により変形した環 


環が変形したシンカーをジョイントにセットすると、このように中心線がらズレる。これにより、飛行姿勢が乱れて回転するというわけ。

では、「針金の径を太くすれば良いんじゃない?」と思うよね?

確かにその通りなのだが、径を太くすれば折り曲げ加工がしづらいという製造側の問題がある。


もう一つ、シンカー部分から引っかかって根掛かりした際、写真のように径が細ければシンカーが外れてリグを回収できるのだが、径が太くなるとシンカーが外れずにリグ回収率も落ちてしまう。

そこで、こうした諸問題を全て解消すべく改善したのは、環部分は強度のあるステンレス板シンカーを固定する部分はこれまで通りの太さのステンレス針金とパーツを分けた。


左:従来の環 右:改良したステンレス板による環

このように、環をステンレス板で加工することで、強度がアップ。これにより、これまでのシンカーの環が原因であった問題が全てきれいに解決。


さらに、シンカーを固定している針金は変わらず。

シンカー改良で飛行姿勢が飛躍的に安定

上記のようにシンカーの環をステンレス板にすることで、シンカーの環による諸問題が全て解決したわけだ。


シンカーの環をステンレス板にしたことで顕著なのが、飛行姿勢の安定性。

「MJリグの鬼」を自称しているこの不肖ゆたりながここしばらくテストを続けていたが、毎キャストほぼ完璧と言って良いほどの飛行姿勢が得られた。

そして、毎キャスト飛行姿勢が安定するということは、平均飛距離が安定かつアップしているということ。実際に高い水準で平均飛距離がアップした。

このように、ただでさえ他のワームリグよりも飛距離がバツグンのMJリグに、安定感がプラスされた。

そんな改良シンカーを使ってキャストするたびに感じるのが、キャストの気持ちよさ

ストレスのないスカッとした飛行姿勢と飛距離が毎キャスト出るので、ホントにクセになるくらい。

多少の横風があろうが、ワームが多少ズレて装着しようが、飛行姿勢を乱すようなクルクル回転することが無くなったので、ストレスは限りなくゼロに近づいた。

実際に風速5m以上の強風横風でもキャストしてみたが、飛行姿勢が崩れることはほとんど無く、高速クルクル回転は全く無し。これでほぼ完璧に近いと断言しても良いほどのパフォーマンスとなった。

そしてこれまでと同様、根掛かりのしづらさは変わらず。

あと、シンカー部分から根掛かりしたときは、ラインシステムの強度にもよるが、シンカーだけが外れてリグを回収できるのは変わらず。

今回のシンカー改良で、真のストレスフリーになったと言い切っても良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

同じワームリグでも、これまでの飛距離が出せると言われているジグヘッドリグは、どのタイプもバイブレーションと同じ飛行姿勢、つまり腹側で空を切るという構造。

これに対してMJリグは、ワームが進行方向に並行となるので、空気抵抗が最小限に抑えられる。

こうした根本的な飛行姿の違いがあるので、単純に同重量で飛距離比較すれば、MJリグに分があるのは当たり前。

あとは実際に新シンカーを使ってもらえれば、不肖ゆたりなの言っていることがお分かりいただけるでしょう。

MJリグを使ったことがない人は、西湘サーフでの使用頻度の高い6号シンカー(22.5g)と同重量、もしくはそれ以上のジグヘッドと投げ比べてみれば、違いは明らかに分かるでしょう。キャストムラの無い、最高の飛距離を体感できると思う。

ちなみに、この改良シンカーは、現行のジョイントでも新タイプのジョイントのどちらも使用可能。効果もほぼ同じ。

ただし、旧シンカーは新タイプのジョイントには使用不可なので、そこんところは注意が必要。厳密に言えば別の使用方法では可能なのだが、その詳細については、新タイプのジョイント説明の時にでも。

次回の記事では、新タイプのジョイントについて解説していきます。

スポンサーリンク