かっ飛び棒の飛距離とフォールスピード ぶっ飛び君と比較検証

以前にも記事に上げていた、かっ飛び棒。

なけなしのお金で1本購入して、たしかに使いましたよ。ご近所サーフで確かに使ってみたけれど、悲しいことに、すぐに根掛かりロスト・・・あれだけ高価なルアーであったため、かなりのショック( ノД`)シクシク…

ただ、使ってみて、ある程度の使用感や傾向は掴めたので、これはこれで良し。しばらくは買わないけど。

結論から先に行っちゃうと、ご近所サーフのフラット狙いではまぁ必要不可欠なルアーではないかな・・・と。

勿論、優れたルアーではあるとは思うが、別にこれが無ければストレスを感じるというほどではない。

スポンサーリンク

そこで今回は、まだ試していた時の記憶が薄れないうちに、そこら辺の詳細を、類似のルアーであるぶっ飛び君との比較を含めて述べてみたいと思う。

各項目とも、具体的な数値については敢えて述べない。使用しているタックルや投げ方等によっても異なるので、あくまでもぶっ飛び君との比較での話になるので、ご了承願いたい。

※「ぶっ飛び君」記事一覧はこちら
 

かっ飛び棒の飛距離 間違いなく飛ぶが・・・

かっ飛び棒。名前の如く、本当にかっ飛ぶのか?

実際のところ、ぶっ飛び君よりも「最高飛距離は」出る。「最高飛距離は」と限定しているところがポイント。平均飛距離は、ぶっ飛び君の方が上。

というのも、ぶっ飛び君はどんな投げ方をしても、初速時の飛行姿勢が良いため、飛距離が安定して出やすい。

一方のかっ飛び棒では、投げ方によっては、初速時の飛行姿勢が安定しないため、ぶっ飛び君よりも飛距離が下回ることがある。ただし、投げ方さえ決まれば、スカッと飛んで、ぶっ飛び君より5メートル程度は飛距離が上回るといった印象。

「投げ方が決まれば・・・」というのは、やはりペンデュラムキャストが基本の投げ方になると思う。垂らしは長めにとり、キャスト時にロッドのバット部にルアーの重さを乗せるようにして、フィニッシュ時にティップを下げすぎないこと。これが基本。

キャストが上手い人は、もっと差が出せるのかもしれないが、オレの印象としては、「10グラムもウェイトが違うのに、この程度の差しかないのか・・・」というのが、率直な印象。

とはいえ、両方とも、高いレベルで充分な飛距離は出ているのは認めるところ。

かっ飛び棒のフォールスピード 思った以上に遅い???

ここが最も意外だった点。

フォールの速さは、10グラム程度ウェイトがあるかっ飛び棒の方が遅いのだ。しかも、ぶっ飛び君とは微差ではなく、明らかな差がある。

記憶だと、かっ飛び棒がカウント15で着底のところを、ぶっ飛び君ではカウント10程度。ちょっと記憶が定かではないので、多少の間違いはあるかもしれないが、とにかくかっ飛び棒はフォールが極端に遅い。

このフォールスピードの遅さは、フラット狙いの遠浅サーフでは特に有効に働くだろう。ご近所サーフのようなドン深サーフでも有効に働くことは間違いないのだが、オレの場合、フォール時間でそこまで待ってられない。しかも、流れが出るならば猶更。

ドン深サーフの場合、あまりにフォールスピードが遅すぎると手返しが悪くなるため、ちょっと不向きかなーといった印象。明らかにこのポイントにはフラットが付いているだろうと確信が持てない限り、ドン深サーフでは使う気にはなれないというのが、オレの印象。

少なくとも、ドン深サーフでランガン主体の釣りには、あまり向かないかなーと感じる。

スポンサーリンク

まとめ

以上、かっ飛び棒を使用してみての印象を、キャストとフォールに焦点を絞って述べてみた。

不満ぽく述べてはいるが、優秀なルアーであることは間違いない。ドン深サーフでのランガン主体のフラットフィッシュ狙いには向かないと思うだけのこと。人によって違う意見があるかもしれないが。

ドン深サーフでスローフォールを多用したいのであれば、ファントムⅢの方が使い勝手が良いと思う。ぶっ飛び君よりもちょっとフォールスピードが速いくらいなので、これくらいだったら辛抱できるかな。

とはいえ、ぶっ飛び君と10グラム程度ウエイトがあるのに、飛距離はぶっ飛び君以上は当然として、フォールスピードがぶっ飛び君より遅いって、このバランスは相当なもの。遠浅サーフでのフラットフィッシュ狙いには、これは必要不可欠なルアーだと思う。

オレの場合、主戦場がドン深で根掛かりが頻発するようなご近所サーフであるため、追加購入はしないが、唯一無二のルアーであることは間違いない。また違ったシチュエーションやターゲットで使ってみたいと思う。

未だ経験は無いが、ヒラスズキ狙いのサラシ打ちには良さ気だろうな。将来ぜひとも使い倒したいルアーである。

スポンサーリンク