新年一発目の釣果は?富山遠征2020

元気ですかっ! Σ(・ω・ノ)ノ

元気があれば 何でもできる

元気があれば 新年も釣りができる

だいぶ遅れましたが、新年あけましておめでとうございます。

そして、最初っから細かいことは抜きにして・・・

2020年、新年一発!

今年もやってきました、富山遠征!

今回は元旦に富山入り。

即座に釣りに行きたかったが、さすがに体力的に厳しかったので、2日夜からエントリー。

今回は漁港内でのライトフィッシングでなく、初っ端からシーバス狙い。

うねりと雨のコンディション

しかし・・・時折降る雨と、うねり、波。なかなか厳しいコンディション。

気温は・・・

外気温で6℃。この時期の富山では、近年にないほどの気温の高さ。なので、寒さ自体はそんな大したことはない。

しかし・・・いざフィールドへ立ってみると、遠くで時折ピカッと空が光る。雷か?

天気予報アプリを見ると、確かに能登半島付近で雷マークが! ∑(゚Д゚)

さすがに釣りをして御陀仏はシャレにならないので、とにかく車からすぐに戻れるような場所を選択。

そこで選んだ、とあるゴロタ浜。ここは数年前に、ライトタックルでハタハタが釣れた場所。

ハタハタパターンといえば新潟や能登方面だが、なぜか富山では聞くことはない。

このゴロタ浜は浅く、ウィードも適度にあるので、ハタハタも寄りやすいとみた。

そこへビッグサイズのシーバスが来ると踏んだのだが、さぁどうでしょう?

トライデント90Sが良いっ!


最初はトライデント90Sで広い範囲を探ってみる。

ライトタックルではトライデント60S、ご近所サーフではトライデント115Sを愛用していたが、そういえば90Sの方は使ったことがない。

トライデント60Sの方は、ホタルイカパターンの時期には竿抜けポイントを狙うには効果バツグンで、かなり信頼している。

それに対しトライデント115Sの方は、同サイズのシンキングペンシルの中ではバツグンの飛距離を出すのだが、AR-Cシステムのバネ部分が緩いのか、なーんかウェイトの戻りが弱い気がする。

根掛かり等でロストした2つでも同様に感じていたので、おそらく意図的にそういった仕様になっているのだろうが、不安が拭い切れないのもあり、出番は少なめ。

他にもご近所サーフでシンペンを使用するのはアピール不足という思い込みもあるが、トライデント115Sに関してはこれまでの出番は間違いなく少ない。

一方のトライデント90S。なぜこれまで使わずにいたのか?

これまではトライデント60Sが釣れすぎていたため、90Sの方まで気が向いていなかったというのが正直なところ。

先日、ネット通販でサイレントアサシン140Sを追加購入するついでにトライデント90Sも購入してみた。

実際にトライデント90Sを使用してみたが・・・こりゃぁ釣れるっしょ!「なぜ今まで使わなかったんだろ」と思ってしまうくらい。

飛距離は同サイズのシンキングペンシルと比べると圧倒的。この時期に寄っているカタクチイワシと同じようなサイズ感でちょうど良い。

ウェイトの戻り具合は、トライデント115Sよりは遥かに良い。

しかも、トライデント60Sよりも飛距離を出せるので、ホタルイカパターンのシーズンにトライデント60Sでも届かない竿抜けポイントを探るのに間違いなく有効でしょ!

新年一発目の獲物は・・・

浅いゴロタなので、リトリーブ中に頻繁にウィードに引っかかる。

足元近くに引いた時に・・・あれっ、また引っかかった? (・・;)

いやっ、巻ける!釣れてる!

そのまま引っこ抜いたら・・・

新年一発目の獲物は、良型のカサゴ。狙いとは違うが、これはこれで嬉しい。

その後もトライデント90Sで何かがヒット!

しかし、これは水面付近でバラシ。

メバルやシーバスとは違う。引き的にはおそらくこれもカサゴだろう。

さぁこの調子で・・・と、思ったら・・・

風も強くなり、波をかぶって、無念のストップ・フィッシング

さぁこの調子で・・・と思ったら、ガッツリ根掛かり。貴重なトライデント90Sをロスト。(;´д`)

トライデント90Sはこれ一つしかなかっただけに、とても悔やまれる。

その上、ここで急に雨と風が強くなったため、いったん車内へ退避。

風を背負える場所へも移動したが、雨の頻度が多く雷も怖かった上、不意に波を被ってずぶ濡れになってしまったので、ここで無念のストップ・フィッシング。

【タックルデータ】
ロッド:ノリーズ フラットフィッシュプログラム ラフサーフ88
リール:’12レアニウムCI4+ 3000HG
メインライン:デュエル(DUEL) ARMORED(アーマード) F+ Pro 200M 0.6号/12lb GY(ゴールデンイエロー) H4085-GY
リーダー:クレハ シーガー FXR船 100m 5号

スポンサーリンク

まとめ

結局は中途半端で、狙い通りの釣りが出来ずじまい。まぁ致し方ないといったところ。

別の日も同様のコンディションだったので、結局富山ではこの釣行のみ。

新年の獲物もカサゴのみ。

この結果が2020年、吉と出るか?凶と出るか?

昨年の結果は振り返らず、今年も特に目標設定をすることなく、その状況に合わせた釣りを淡々と楽しんでいきたい。

さぁ、今年はどんな獲物に出会えるか?

楽しみは増していくばかり。

今年も不肖ゆたりなのアホアホブログを、どうぞよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメント

  1. booska より:

    明けましておめでとうございます。

    恒例の富山遠征の記事、楽しみに読ませていただきます。

    私は、今年も緩く釣りを楽しんでいきます。

    今年もよろしくお願いいたします。

    • ゆたりな より:

      ブースカさん、どうもあけましておめでとうございます!

      今年は都合で年末から入らなかったのもあり、なかなかコンディションに恵まれませんでした。
      まぁ、毎年年末年始はこんなもんですが。

      すでに気持ちはホタルイカパターンに向かっております。

      今年もどうぞ、アホアホブログをよろしくお願いします!

  2. あけましておめでとうございます。

    本年もよろしくお願いいたします。

    富山遠征は悪天候で残念でしたね^^;

    自分は釣りに行けなくて、悶々としております。
    とりあえず年始一発目はお世話になっているショップのトラウト大会に行ってきます。

    初トラウトなのでどうなるかですが、愉しみたいと思います(^^)

    • ゆたりな より:

      チンパパさん、明けましておめでとうございます!

      まぁこの時期は仕方ないですね。そんなもんです。

      トラウト大会、楽しみですね。いるのに釣れない感がなんともイライラ感を増幅してしまいますが。

      今年も引き続き、アホアホブログをよろしくお願いします!