TR93″PE special” Houri-Islandが欲しくなっちゃった!

先日、NHKの「ニュースウォッチ9」を家族で見ていたところ、今年の流行語大賞の発表があった。

その時に過去の流行語大賞に入ったものを、時代の流れとともに表していたのだが・・・

その中の一つを、美人メインキャスターの桑子真帆アナウンサーが言い間違えて・・・

「安心してください、履いてください!」 (桑子真帆アナ)

・・・

えっ・・・ということは、「安心してください」って言っているときは、履いていないってことだよね?「安心してください」って言った後に「履いてください」って言うってことは・・・何を見て安心したってことなの???桑子アナ? ∑(゚Д゚)

妙にいろんなことを突っ込んで想像している傍で、またしても我が家の暴君ゆたゆたが述べた一言。

今年の流行語大賞にノミネートされた「おっさんずラブ」を聞き間違えたのか・・・

「おっさん ズラくらぶ?」 (ゆたゆた)

こいつは・・・またしても綺麗にボケてくれる。どっかのカツラ愛好家の秘密結社みたいになっちゃったじゃん・・・(;´д`)

彼の行く末に一抹の不安を感じつつ、心の何処かに妙な期待感を持たせてくれる。そんなひとときを過ごした、不肖ゆたりなです。

スポンサーリンク

さて、前振りはこのくらいにして・・・

この不肖ゆたりながソルトルアーでの釣りを始めて約8年くらいが経過しただろうか。本ブログを開始する1年ほど前のエギングから始まって、ご近所サーフでのソルトルアーに没頭し、現在に至っている。

最初はタックルベリーで1万円以内でエギングタックルを揃えたことから始まり、昨年からようやくサーフタックルにそれなりのお金をかけられるようになり、サーフタックルに関しては現状で完全に満足している。今年はフックやラインなどの消耗品を買うくらいにしかお金を使っていない。ルアーはごくたまに購入するくらいだし。

だが、しかし・・・

最近になって、妙に気になり始めたロッドが出現し始めた。それは・・・

ブリーデンのライトタックル用ロッド、TR93″PE special” Houri-Island。

ライトタックルアングラーにとっては、「今更かよ・・・」と言われるかもしれないが。最近まで、このロッドの存在すらよく分かっていなかった。単に「ブリーデンのライトタックル用ロッド」とくらいしか認識していなかったから。

正直、ライトタックルの釣りをこちらではあまりしないので、ライトタックルに関しては現状のやっすいタックルで十分だと思っていた。しかし、改めてこの9.3フィートのPEスペシャルを調べた時に、「これだ!」と。

その理由について、説明したいと思う。

1.5gから20gのルアーまで投げられる汎用性

まずはこのPEスペシャルの1.5gから20グラムまでの幅広いルアーウエイトに対応できる汎用性が魅力的。

オレの場合、ライトタックルの釣りへのこだわりってそんなに無くて、ジグヘッドもそんなに1グラム以下のものを扱うことはまずない。ジグヘッドでの釣りも探る棚によって微調整にジグヘッドの重さを変えたり、ワームのカラーを頻繁に変えたりなんてことはほとんどしない。

それならば、ルアーの質を大幅に変えてのルアーチェンジをしてしまう。だから、最初からジグ単だけの釣りをするとか、プラグオンリーで決め打ちするとかいうことはせず、とにかくいろんなタイプのルアーをその場で投げ倒すというスタイルで釣りをしている。

メインラインも、エステルラインやらフロロカーボンやらなんてメンドーな使い分けをしたりせず、PEライン一択の釣りになっている。

このスタイルが正しいかどうかの議論は置いといて、こんな釣りをしているオレにとっては、このPEスペシャルのルアーウエイトの汎用性の広さは非常に魅力的。

それでいて、このHouri-Islandって名前が付くと、PEラインに特化したガイドセッティングに仕上がっているようだ。PEラインしか使わないのであれば、もうこのHouri-Island一択で良いのではないかと。

9.3fロングロッドで飛距離を出したい

更にこのPEスペシャルの魅力は、ライトタックルロッドではなかなか無い9.3フィートという長竿であるという点。飛距離を出すには、この長さが非常に魅力的。特に富山で釣りをする場合、確実に「竿抜けポイント」が存在する。飛距離が出しにくいライトリグをかっ飛ばしたい。


やはり遠投を目的に、テイルウォークの8.6フィートのPEZ86UL+を持っているのだが、7グラム以上のルアーを投げるのにはちょっとかったるい。これよりももう少し張りの強いロッドが欲しいと思っていたので、この9.3fのPEスペシャルが良いのと思うのよね。

メタルマルを自在に操りたい

もう一つ、このPEスペシャルを使いたいと思ったきっかけは、同じブリーデンのメタルマルをストレスなく使いこなしたいなと思ったというのもある。


メタルマルについては、すでに28gの方を主力に使っており、ライトタックルでは使用したことが無かった。というのも、最軽量でも13gで、現在持っているタックルで扱うには少々かったるいという印象があったから。

更に19gも使い分けて扱うには、やはりこのPEスペシャルしか無いかなーとも考えている。

釣り場が多彩な富山でのメインロッドとして最適

オレがメインに釣りをしているご近所サーフではサーフ用ロッドで十分なのだが、遠浅サーフから急深ゴロタサーフ,堤防,テトラ帯,浅場のゴロタサーフなど、釣り場が多彩で波がほとんど無い富山での万能ロッドとしても最適だと思う。

富山で通常のサーフロッドやシーバスロッドだと、強すぎる感があるし、ライトルアーがメインになってくるので、そんな時にはこのPEラインが最適だと思っている。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ブリーデンのTR93″PE special” Houri-Islandが欲しくなった理由について述べてみた。

これならば、富山での釣りだけでなく、あんなことやこんなことにも・・・あぁ、釣りの幅が広がりそう!

このロッドはすでに実績十分なので、使ってみれば満足できるのは間違いないだろうなと。ただし・・・やっぱりそれなりのお値段がするのよねー。

まずはこれを購入することをモチベーションに、仕事でもう一つ上の段階に行けたら買っちゃおうかなー?

この不肖ゆたりなが、TR93″PE special” Houri-Islandを購入できる日は、いつになるのか・・・

スポンサーリンク

コメント

  1. u-ssy より:

    初めまして!
    最近、ゆたりなさんのブログに辿り着くことが多く、かつ西湘アングラーでメタルマル使いのフラット狙いということで記事をよく拝見しています。
    私はエギングロッドでメタルマルを使ってみたら様々な魚が釣れ、ブリーデンに興味を持ち、以降、メタルマルとPE Special 93を購入し愛用しているので、どうしてもコメントしたくなってしまいましたw
    Houri バージョンではないですが、ガイドセッティング以外は確か一緒だったと思います。
    この竿は本当に色々な魚を連れてきてくれました。
    扱っていてとても楽しいですし、バラシが非常に少ないと思います。
    竿のしなり、魚への追従性が素晴らしく、フッキングがうまくいかなくても獲れたケースが多いです。フッキングできてない恥ずかしい証拠なのですが、サーフにずり上げてからすぐにルアーが外れてしまった事が何度もあります。
    そんな甘々フッキングでも、テンションさえキープしていれば竿が魚を引っ掛けた状態でキープしてくれる。そんなイメージです。
    もちろんメタルマルとの相性は最高で、自己ベストの63cmヒラメ(プリンス前)も、PE Special とメタルマル19gでした。PEは0.5号のリーダーはフロロ3号です。
    お初なのに長文すいません・・・。
    また遊びにきます!

    • ゆたりな より:

      u-ssyさん、こんなアホアホブログを閲覧いただき、ありがとうございます!

      PEスペシャル持ってるんですかー、羨ましいですね!

      それにしても、PEスペシャルで63センチのヒラメとは・・・素晴らしい!しかも西湘サーフでの釣果。これは通常のサーフタックルでの釣果よりも、かなりの価値がありますねー。

      これは私もPEスペシャルを買わねばですねー。気分が盛り上がってまいりました!

      今後とも、不肖ゆたりなのアホアホブログをよろしくお願いします!

  2. Jyabiho より:

    お久しぶりです。
    Jyabihoです。

    わたしもアイランドじゃないほうを冬場のメインで使ってます。
    なんでもいけるロッドですよ
    メタルマルは投げた感じは19gだったか・・・定かではないですが、ちょうどよいフィーリングです。

    一応投げれますが3g未満はちょっとつらいです。
    トライデントはまずまずいけますよ
    ゆたさんの富山の釣りにはマッチするんじゃないでしょうか?

    わたしは沖の尺メバル狙いが中心ですが
    サーフのヒラメでも使ってます。
    ヒラセイゴ50cmまでは余裕でとれましたよ
    テトラ帯でさすがにたもつかいましたが。

    メバルロッドというより
    ちょっと弱めのシーバスロッドって感じです。
    メバルロッドイメージするなら83の方がしっくりくるのかもしれませんねー

    使ったことないけど・・・

    • ゆたりな より:

      Jyabihoさん、コメントありがとうございます!
      なるほど・・・なーんとなしにイメージが分かりました。

      私の場合は、大きい魚を獲ることよりも、幅広いウェイトのリグを遠投する目的になるので、軽量リグの扱いはちょっと辛かろうが、男ゆたりなの気合いでカバーできるかなと。

      でも、サーフでのヒラメでも使えるってぇのは良いですね〜!Jyabihoさんも愛用しているとあれば、ますます欲しくなってきますね〜・・・あっ、もう買う気マンマンの自分がいます・・・(^◇^;)

  3. かえるくん より:

    ゆたりなさんこんばんは

    ボクはホウリの85使いですよ。
    良い点は他に任せて、ボクなりに気になる点を挙げると、20g以上のメタルジグをキビキビ動かしにくい。
    ロッドが魚の引きを吸収してしまうので、他のロッドより引きが弱く感じてしまう。悪いことじゃないんですけど若干釣り味に欠けるという点をあげておきます。

    もう5年くらい使ってますが、いいロッドですよ。

    • ゆたりな より:

      かえるくんさん、こん◯◯は!

      おぉ、かえるくんさんはホウリ85の方ですか!意外にPEスペシャル使いの方が多いんですねー。

      まぁ、MAXウェイトの20g以上のジグをキビキビ動かすとなると、それ以上のキャパのロッドを選択することにはなりますよね。私の想定している使用には、その選択肢はないので、まぁ良いかなと。

      ロッドが魚の引きを吸収してしまうことに関しては、まぁこのロッドの想定している魚が尺以上のメバルになるでしょうから、ある意味仕方のないことかもしれませんね。

      要は、自分が選択したロッドに何を求めるか・・・ということになりますね。私は遠投性能と汎用性を主眼としていますから、あとのデメリットは男ゆたりなの気合いと愛嬌(?)でカバーしたいなと。かえるくんさんのおかげで、更にイメージが湧きました。

      まぁ、そもそも、いつ買えるか分かりませんけどね・・・(^_^;)