ライトゲームは、海太郎が面白い!

最近、ライトゲーム用のジグヘッド,ワームでオレ的に注目しているのが、isseiの海太郎。
 
 

 
 
よく当ブログへコメントいただいているブースカさんから教えてもらい、その時から注目はしていたが、最近になって「おそらく、海太郎のジグヘッドリグだけあれば充分」と感じるようになってきた。
 
 
オレのライトゲームのスタイルとしては、細かいところまで極めるというよりは、ざっくりと大まかにゲームを組み立てるほうが、今の自分に合っていると思う。
 
 
したがって、いろんな種類,サイズのジグヘッドやワームを揃えるというより、「大体これだけあれば充分」と考えて、ある程度数を絞った方が、現場で扱いやすいし、状況判断もしやすいと、最近では感じている。
 
 
いろんなジグヘッドやワームを試してみたが、おそらくこの海太郎シリーズのジグヘッドとワームを揃えれば、他のものはいらないかな~と思っている。
 
 

スポンサーリンク

 
 

リトリーブ用リグ

 
 

タダ巻きをメインにするなら、ジグヘッドはレベリングヘッド。いろいろと性能はあると思うが、一番良いのが、ヘッド部分に重量が刻んである点。見てすぐ分かるのが良いね。
 
 

 

 
 
ワームは、ピンテールのスパテラと、シャッドテールのシルキーシャッド。これで充分でしょ!
 

スポンサーリンク

 
 

ワインド用リグ

 
 
特に注目したいのが、海太郎のワインド用リグのラインナップ。
 
 

 

 
 
ワインドの場合、ワームを指す位置がちょっとでもズレると、思うようにダートしないのよね。結構刺し方が難しい。ワーム素材が硬すぎても刺しづらいし、柔らかすぎても変なところまで通ってしまうから、調整に結構面倒という印象。だから最近は、マイクロワインドから遠ざかっていたわけ。
 
 

このハネエビは、「ガイドホール」が備わっており、正確な位置に刺せるように施されているので、現場でのセッティングが非常に楽そう。
 
 
ワインド用の中で、海太郎製品でさらに面白いと思ったのがコレ↓
 
 

ハネエビパニック。
 
 


2つのヘッドを同時にダートさせるリグ。互いと反する方向へダートするので、さらにアピール力倍増。動画を見るとわかるが、このリグはよく考えられているよね!さすが村上晴彦。ジャンルを問わないこの人の考えは素晴らしい!
 
 
 

まとめ

以上、海太郎製品のジグヘッドリグラインナップを紹介したが、ライトタックルのジグヘッドリグは、もう海太郎のやつだけで充分といった印象。いろんなのがありすぎると、逆に現場で迷ってしまうから、特にライトゲーム初心者にとっては、ホントにこれだけあれば良いんじゃないかな。ワームのカラーも、異なるタイプの3カラーあればいいでしょ!
 
最近のライトゲームは、魚種に特化して細分化がなされているけど、手軽に幅広い魚種が釣れるのがライトゲームの良いところ。
 
 
それをシンプルに分かりやすく表現した海太郎。今後のジグヘッドリグは、海太郎中心で攻めてみたいと思う。
 
 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. booska より:

    こん○○は!
    海太郎良いですよね。私は、ハネエビでマイクロワインド、スパテラでダウンショットを多用しています。マイクロジギングでネコメタルを使ってみたいのですが、今は他のメタルジグがあるので次の機会に購入予定です。先日ゆたりなさんが紹介していたバイスライダーと同じような使い方ができますよ。
    パニックリグは、10本くらい自作しましたよ。

    • ゆたりな より:

      ブースカさん、コメントありがとうございます!

      海太郎は良いですね。ほぼこれだけでライトゲームは完結してしまうと思います。

      そうなんですよ、ネコメタルはバイスライダーと同じ使い方ができますよね。やはりレオン加来や村上晴彦となると、発想が段違いですね。

      パニックリグの自作ネタもいつかは書こうと思っているのですが・・・釣りに行けてないので、もう少し先になりそうです・・・