カサゴのみのホタルイカパターン釣行【GW富山遠征2013】

5月3日夜、りなりなやゆたゆたを寝かせ、渋滞を含めた長旅の疲れもなんのその、いよいよホタルイカパターン釣行へGo!
 
もう昨年のクロダイ爆釣が思い起こされる、聖地へ向かう。

スポンサーリンク

日付は変わり、0時に聖地へ到着。
 
外に出ると・・・あれっ、妙に寒いな・・・
 
確かに寒いはず、気温7℃・・・支度する手が悴むほど。
 
さらに海岸を見ると・・・あれっ、なにげに波が高いな・・・
 
まぁ、昨年は実質、ここでしかホタルイカパターンを実践した事がないため、とりあえず釣り開始。
 
<使用タックル>
ロッド : テイルウォーク PEZ86UL+
リール : セフィアBB C3000S
PEライン : HARDCORE X4 1.0号(200m)
リーダー : シーガー リアルFX 60m 5号
ルアー : ズィークイッド75フローティング
 
 
昨年と同じ、まずはズィークイッドのフローティングでホットケ&ホタルイカリトリーブにて攻める。
 
・・・
 
・・・
 
あれっ、アタリがまったくない・・・
 
あまりにアタリがないので、シンキングに替えても同じような状態。

たまにメバリング用のシンペンやミノーに替えてもまったくアタリすらない・・・ただでさえルアー交換に手が悴んでやりづらいというのに・・・
 
ランガンするも、ごくたまにアタリはあるが、フッキングまで至らず。さらには追い食いもせず。
 
しかもそのごくたまにアタるときは、必ずズィークイッドのフローティング。
 
数人の釣り人に聞いても、まったくアタリすら無いとのこと。
 
こうなったら、クロダイの回遊を信じて、この聖地で粘ることに。
 

 
辺りが明るくなり始めて、4時過ぎ頃にようやくHit! Σ(゚Д゚)
 
今度は合わせたら、確実にフッキング!
 
・・・がしかし、全然ドラグは鳴らないし、そんなに大きそうもない・・・
 
上がったのは・・・
 

20cmのカサゴ。
 

フロントフックへのバイト。
 
多分、これまでの小さいアタリも、多分コイツ等根魚のしわざ。まぁ、釣れないよりかはマシだけど・・・orz
 
この後もまったくアタリがないため、5時前撤収し、近くの漁港でサゴシ,フクラギ狙いでショアジギするも、まったくもって気配なしorz
 
メジナ狙いのオッサンが釣れているだけで、周りのショアジギンガーにもまったく反応はなさそう。
 
6時過ぎ、完全撤収。

 
あれっ・・・完全に狙いが外れちゃった・・・。
 
アタリが少ないのはコンディションが悪いので仕方ないにしても、なんでこんなにフッキングしなかったんだろ?
 
まずは一発勝負だった1回目釣行を完全に外したため、残り最後の2回目釣行へ望みを託すことに。
 
こりゃぁもうちょっと対策を考える必要があるな・・・
 
 
(つづく)

スポンサーリンク