デカキジハタが・・・ 確かに居たんですよ! 富山遠征2017夏

またしても、やってきました!富山遠征2日目!

予報では雨だけでなく、雷注意報も出ていたため、すぐに車へ避難できる場所・・・またしても前回に引き続き、聖地で釣りをすることに決定。もう少し水深の深い場所でもやってみたかったが、こればっかりは安全優先のため、仕方がない。

仕方がないとは言っても、ここは常にベイトが豊富なので、確実にフィッシュイーターはいるはず。チャンスがあれば、デカキジハタも・・・(゚∀゚)

スポンサーリンク

完全に朝マズメ狙い

昨日の結果から、キジハタが釣れ出すのは朝マズメ。

富山ではキジハタを夜中に狙っている人は多いが、昨日の釣果を含めたこれまでの経験上、キジハタは夜中よりも明るくなってからの方が釣れる確率は高いように思える。

しかも、そこにベイトが絡んでいればベスト。それは、キジハタのみならず、最近のハタゲー調査をしているオオモンハタやアカハタにも言えること。

まずは早めの3時過ぎエントリー。この時点では雲はまばら。昨日よりは過ごしやすい。雨は無く、雷が光っていることもない。無理は禁物だが、なんとか安全にやれそうだ。

最初はシンキングペンシルで一定の範囲までランガンするが、全くアタリは得られない。

1時間経過してもアタリが得られないので、昨日同様、MJリグ+パワーシャッド4インチ(カタクチカラー)にてフルキャスト、更に沖目を攻める。

キジハタは26センチ揃い踏み

地合いに近づいたからか、竿抜けポイントに入ったからかは定かではないが、早速沖目でヒット!


引きは強いが、26センチのキジハタ。もう少しサイズが欲しいところ。

その後もバラしを含めてキジハタのヒットが続くが、なぜか26センチのサイズが多い。


昨日同様、チカチカ室蘭カラーでも。今が地合いなのか?

いずれも、かなり沖合でのヒット。昨日同様、岸際近くのヒットはない。


完全に明るくなってからも、ヒットは続く。

デカキジハタは確実にいた!

一旦明るくなってからはアタリが遠のいたため、再度ランガンにて沖合を攻める。


沖合のキジハタをポツポツと拾えるのだが、やはり26センチばかり。なぜだろう?


エビのようなボケのような、なんだか分からない甲殻類を吐き出した。マッチ・ザ・ベイトには程遠い?

そんなことを考えながらランガンしていると・・・

スイミング中にこれまで以上にガツンと強いアタリが!!!Σ(・ω・ノ)ノ! 

ロッドを立てて、ひたすらゴリ巻きで寄せる!

これは・・・これまでのものよりも確実にデカイ!強引に寄せるが、なかなか浮き上がってこない!

強引に寄せてはいるのだが、手前の根に潜られた!(゚o゚;

いつものようにラインを張らず緩めずの状態で待つも、今回はなかなか出てこない。

1分くらい経過しただろうか?ようやく出てきたところをぶっこ抜く!

岸際で姿が見えた・・・デカイっ!40センチ足りなさそうだが、30センチは優に超えている!

このままゴボウ抜きをしようとしたら、岸際で暴れる!

暴れた際、シンカーが岸のコンクリートに当たって・・・あっ、バレた!

バレたが、すぐ足元に魚はいる!これならなんとか掬って放り投げられるか?

タックルを岸に置いて、海に入る!掬おうとしたが・・・あぁ、逃げられた・・・

ダーッ、マジか!クヤシィ~~ッ!!! (ノД`)

確実に昨日の31センチは超えていただけに、悔やんでも悔やみきれない。ショックは隠しきれず。

無念さが天候に現れたのか?雨が降り出したので、7時前に撤収。

【タックルデータ】
ロッド : フラットフィッシュプログラム ラフサーフ88 (ノリーズ)
リール : ’17ツインパワーXD 4000XG (シマノ)
メインライン : アーマードF+Pro 1.0号(デュエル)

スポンサーリンク

まとめ

ただでさえ少ないチャンスだったのに、確実にモノにできなかった。先日の40センチクラスのオオモンハタをバラした時と同じ展開のバラし。

岸際は更に迷いなく、ゴリ巻きから一気にゴボウ抜きするくらいでないとダメだな。真上からゴボウ抜きではなく、斜めからキジハタを飛ばすくらいの勢いでないと。足元でモタモタすると、魚に暴れる余地を与えてしまうので、バラしが多くなる。


バラしたことは仕方ないとして、デカキジハタはいないと思われていた浅場でも、沖合を攻めれば遭遇できる可能性があることは分かった。

しかも、足場が良い為に広くランガンできるので、一箇所で攻めるよりも効率良く探れる。

今回の富山釣行はこれが最後だと思うが、今後もMJリグをメインアイテムとして、デカキジハタを追い続けていきたい。

それにしても・・・あぁ、デカかったなぁ!とっても残念! (ノД`)アァ・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 先月同じような状況でした(^_^;)

    磯で足場が高いポイントだったので、下りれるとこまで下りてもハンドランディングは絶対ムリ!!
    ネットを用意するにも距離があるのでムリ…
    でも、もうこれ以上このモンスターを暴れさせるわけにはいかない(*_*)絶対ライン切れる!!!

    もはや抜くしかない!!

    決死の覚悟でバット部に手を添えながらリフトアップしていくと、案の定。。。

    バキッ!!

    折れました(涙)

    でも、足元に落ちたキジハタは自己記録更新の47cmデシタ♪

    19000円のロッドとの代償は、、、まいっかデス(^^)/

    • ゆたりな より:

      チンパパさん、貴重な体験談をいただき、ありがとうございます!

      47センチは凄いですね~、数少ない富山遠征で今後お目に掛かれるかどうか。

      19,000円のロッドが折れたということは・・・今度はそれ以上に強いロッドが必要ということ。ということは、もっと高価なロッドを購入する理由ができたじゃないですか!

      47センチでも、抜けなきゃダメですよ! (;’∀’)