【西伊豆ハタゲー調査】シーズンインはいつなの?

最近は気温も高い。もうそろそろ海の中も活気が出てくる頃か?

この前、サクッとホウボウが釣れちゃったので、ちょっと調子に乗って・・・


久々にやって来ちゃいました!西伊豆ハタゲー遠征!(^◇^;)

昨年の夏、散々通ったゴロタサーフ。そんなに深い水深の場所ではないけど、魚が寄っていれば釣れるでしょ!

遅めの9時エントリー。快晴、波はほとんどない。濁りもない。ポカポカ陽気で暖かいし、こんなコンディションだったら釣れる気がするのだが。

スポンサーリンク

MJリグ 根掛かり回避万全で臨む

やはりここは、初っ端から根掛かり対策万全の体制で臨む。


関連記事:根掛かりの原因から考える とっておきの根掛かり回避アイテム

ボトムからの巻き上げよりも、ボトム中心の攻めでいく。ボトム着底から3階巻き上げ、テンションフォール。単純にその繰り返し。

昨年は2度ほどとてつもない大物を掛け、いずれもリーダーをブチ切られたので、今年のハタゲーはアーマードプロの1.5号+シーガープレミアムマックス6号、これで通していきますよ。

メインライン1.5号でも、MJリグ+6号シンカー(22.5g)で飛距離は充分。これならばゼーンゼン問題なし。今年は超大物も取りこぼしなく取っていくよ! ( ^ω^ )


そんなことをしていたら、横風がキツくなってきた・・・こりゃぁちょっとしんどいな。ちょっと長いお昼休憩として、釣りを中断。風が止んだ頃に再開することに。

強風で中断 弱まった午後に再開


さぁ、14時過ぎ。ちょっと風が弱まったようなので、ゴロタサーフでの釣り再開!

相も変わらず、MJリグでボトムを集中的に攻めるが、アタリが全く得られない。たまに気分転換にパワーシャッドのカラーを変えてみるが、そんなことがバイトのキッカケにはならず。ノーバイトが続く。

たまにまた強い横風がくるが、まぁ釣りできないほどではない。釣りはできるが、魚がいないのか、魚からの反応は全くない。あぁ、ハタゲーにはまだ早いのかな?


岸際を見ると、カニの姿がたまに見られる。根魚のエサはあるんだけどな。

最後の最後で待望のヒット!しかし・・・

16時過ぎ、もう帰ろうかと思い、もうヤケクソ気味。更に沖目を攻めるべく、ショアスロー用ジグで攻めてみる。

ジグパラスロー30gにて。横風があるので、着底後はゆっくりテロテロ巻きで。ヒラメやマゴチも、これだけで充分釣れる。

ジグパラスローに変えた2投目・・・アレッ、根掛かり?( ゚Д゚)ハァ?

あっ、ヒットだ!やった! ( ゚Д゚)!

下に突っ込むような引きではない。カサゴか?そんなに大きそうでもない。

なんて寄せていたら・・・あらっ、急に軽くなった?

・・・あぁ、抜けちゃった?バイトが浅かったのか?ちょっと残念。(´Д`)ハァ…

その後も特に活性が上がるような様子もなく、すぐに撤収。

【タックルデータ】
ロッド : フラットフィッシュプログラム ラフサーフ88 (ノリーズ)
リール : ’17ツインパワーXD 4000XG (シマノ)

スポンサーリンク

まとめ

4月中旬でまだ早いかなとは思ったが、様子見で始めた今回のハタゲー釣行。ちらほらエサ釣りで外道として釣れているようだが、やはりまだ早いのかな?カサゴくらいは釣れてもいいと思うのだが。


話は変わるが、沼津から西伊豆に入ると、ラブライブの猛烈ファンであるラブライバーをよく見かける。

静岡県沼津市の海辺の町、内浦にある私立浦の星女学院。

駿河湾のかたすみにある小さな高校で2年生の高海千歌を中心とした9人の少女たちが、大きな夢を抱いて立ち上がる。

それは、キラキラと輝く“スクールアイドル”になること!

諦めなければきっと夢は叶う――。

いまはただ輝きを目指して、がむしゃらに駆け抜けていこう!
ここから彼女たちの「みんなで叶える物語」スクールアイドルプロジェクトが始まった!

引用:ラブライブ!サンシャイン!!HP

どうやら、この「私立浦の星女学院」のモデルとなっているのは、長井崎中学校みたいね。長井崎中学校が、ラブライバーの聖地のようだね。

ラブライバーはさておき、不肖ゆたりなにとってハタゲーの聖地は何処? (´Д`)ハァ…

2018年もハタゲー調査、続けますよ!

スポンサーリンク