カラビナキッター 根掛かり時にラインを楽に切る便利グッズ

知ってる人は知っている(と思う)。タツノコプロの懐かしアニメ、「破裏拳ポリマー」。

そんな破裏拳ポリマーに音が似ていると思っているのだが・・・そう思うのって、私だけ? (。´・ω・)?

そんなあると便利グッズが、第一精工の「カラビナキッター」。

「破裏拳ポリマー」と「カラビナキッター」・・・似てると思わない?カラビナキッターを見たとき、この不肖ゆたりなが真っ先に思いついたのが破裏拳ポリマーだったんだけど・・・そんなこと微塵も思わなかったら、軽く流していただきたい。(´Д`)ハァ… 

スポンサーリンク

太いラインだと、ラインローラーに多大なるダメージが

昨年のハタゲー調査では、伊豆のゴロタ場,磯場を中心に活動してきた。たいていはPE1.0号+フロロリーダー4号で対応できたのだが、2回ほど、大型ハタ,青物だったのか、大型マダイだったのか、とんでもない大物が掛かり、4号リーダーがブチ切られた。急激に掛け下がるブレイクやシモリ等の障害物も多い場所であることから、今年のハタゲーはPE1.5号+フロロリーダー6号で臨もうと企んでいる。

昨年のハタゲー調査終盤にはこのラインシステムで臨んでみたのだが・・・

根掛かりし、どうしても外れないためにラインを引っ張って切らねばならない時、いつものようにロッドをラインに沿って真っすぐにし、スプールを抑えながらゆ~っくり引っ張るのだが、さすがにPE1.5号+フロロリーダー6号くらいのゴンゴンのラインシステムともなると、これがなかなか切れない!スピニングリールのラインローラーへの負荷がかかりすぎて壊れるんじゃないかというくらい。大事なリールを永く使うためにも、これまでのようにラインローラーに負荷をかける引っ張りは避けておきたい。

だからといって、素手だと手が切れそうになり大変危険だし。手にタオルを巻いてやったとしても、手への食い込みが半端なく痛い。

そこで探したのが、第一精工から出ている、このカラビナキッターだったというわけ。

カラビナの機能もありながら、根掛かり時のラインを引っ張る機能

パッケージの裏面。

カラビナとしても使え、ノットの締め込みにも対応可能とのこと。

実際に取り出してみると・・・


思った以上にぶっとくてデカいな・・・(;’∀’)


ちょっとゆったり目のD環に繋ぐには良いだろうが、小さめのD環にはさすがに厳しいね。まぁ、カラビナとしての用途にはちょっとデカすぎるかな。丈夫ではあると思うが。


側面の溝へはラインを通すため、ライン保護のためのノンスリップラバーが入っている。引っ張るときは、ラインを2周以上巻き付けてから引っ張る。

根掛かりでラインを引っ張って切るのにこれを使えば、これまでのようにスピニングリールのラインローラー部を傷めずに済む。これが1000円程度だから、リールの破損を防ぐことを考えれば、安いもんだよね。

スポンサーリンク

まとめ

本記事導入部分の「破裏拳ポリマー」は置いといて、このカラビナキッター、ちょっとしたものだけど、意外に考えられているアイテムだとは思う。ただ、希望としては、カラビナとして使えるにはもう少し小さい方が良いかなーと。

ソルトルアーフィッシングを始めて約5年、手持ちのタックルやルアー等に関しては充分そろった感が強い。最近ではルアー等を購入する頻度もめっきり減った。

道具がほぼ揃ったのであれば、無駄に同じようなルアーばかり買い集めるだけでなく、その後はこのような便利グッズや安全装備にお金を掛けた方が、より充実したフィッシングライフを送れると思うのだが。

本記事でちょっとでも気になったとしたら、1000円程度だし、試してみてはいかがかな?

スポンサーリンク