スプール形状対決 AR-Cスプール v.s. ABSスプール

今回、シマノv.s.ダイワということで、両メーカーで対照的なスプール形状について述べてみようかなと。まだまだ低レベルアングラーの不肖ゆたりにとっては、ちょっと背伸びした記事になるかな?ちょっと頑張ってみましょうかね! (^^)

さて、シマノといえば、AR-Cスプール。一方のダイワといえば、ABSスプール。

細かい技術的なことはこの不肖ゆたりな、そんなに詳しく知っているわけではないので、あまり深い話はできない。あくまでもざっくりの素人考えではあるが、自らの経験に基づいた比較,評価をしてみたい。

とはいえ、完全にこの不肖ゆたりなの偏見も当然のことながら入っていることは承知の上で、本記事をご覧いただきたい。

スポンサーリンク

シマノのAR-Cスプール 特徴

シマノのAR-Cスプールの大きな特徴。それはスプールエッジに角度が付いていること。


出典:SHIMANO SALTWATER LURE FISHING BLOG

シマノのAR-Cスプールの特徴は、スプールエッジに角度をつけることで、放出されたラインがエッジに沿うように放出されるため、ラインの摩擦抵抗が少なく、飛距離が出るというものだ。と同時に、このスプールエッジの角度により、このライン放出時の摩擦抵抗が適度にかかることで、キャスト時のライン放出を整えることでライントラブルが少なくなるというもの。

もう一つ、小口径のスプールというのも、シマノリールの特徴。

小口径スプールは、ライン放出時の摩擦抵抗が大きいように思えるが、近年の小口径ガイドには相性が良いのかもしれない。

ダイワのABSスプール 特徴

一方のダイワ。ダイワのABSスプールの特徴といえば、大口径の逆テーパー型であるという点。


出典:ダイワHP

大口径については、ラインの巻き数が少ない分、ラインを放出する際の摩擦抵抗が少ないという利点は確かにあると思う。更に大口径の場合、ラインの巻き癖が付きにくいことも、ライン放出時の摩擦抵抗を軽減する意味はあると思う。

もう一つの特徴である逆テーパーについて。

逆テーパー型にすることで、ライン放出時に適度なライン抵抗を掛けることで、キャスト時のライン放出を整え、ライントラブルが少なくなるというもの。構造はシマノのAR-Cとは異なるが、基本的なキャスト時のトラブルレスに対する考え方は一緒だと思う。

飛距離はどっち?

小口径のAR-Cスプール。大口径のABSスプールのものと比べると、ラインの放出抵抗は確かに強いと思われる。しかし、スプールからのライン放出角度が小さいので、小口径ガイドへの糸通りはスムーズにいくのではないかなと思う。

最近では、富士工業製のKRガイドやゼナック独自のRGガイドに代表される高足,小口径ガイドが近年の主流。ABSスプールの場合、リールからのライン放出は良いが、小口径の元ガイドによって、飛距離という点では、大口径スプールの利点を消されてしまう可能性はあるかもしれない。

そのためかどうかは定かではないが、今年のフィッシングショーでダイワが謳っている「LTコンセプト」により、小口径スプールの選択肢が加わったのかもしれない。本来の「軽量(Light),剛性(Tough)」という視点でボヤかされている感じにも受けなくもないが。

参考記事:18フリームスこそが買い?LTコンセプトって一体何ぞや?

以上の理屈から考えると、飛距離ではAR-Cスプールの方が有利に思える。

しかし・・・実際のところはどうなのだろ?有意な差は出ないように思えるが。

トラブルレスはどっちに軍配?

次にトラブルレスに関する比較。これについては、どちらかというと、この不肖ゆたりなの経験から述べてしまうことになるが。

サーフタックルで使用しているのは、シマノリールのAR-Cスプール。リール自体の不具合を除き、リールが要因のライントラブルというのはほとんど起きたことがない。

ただし、エギングでフカフカ巻きをした後に、同じタックルのままでメタルジグをキャストしてしまった時は、さすがにライントラブルは生じてしまったがね。

一方のダイワリール。

この不肖ゆたりな、ダイワリールでは唯一11フリームス2004を所有しているわけだが、この逆テーパーが要因のライントラブルが発生したことがある。それは、ライトタックルの釣りでのこと。

1~2グラム程度のジグヘッドリグによるスローリトリーブでの釣りをしていたのだが、PEラインがフカフカに巻かれたため、逆テーパー型スプールにフカフカ巻きされたPEラインが手元側にズレ落ちて、次のキャストで致命的なライントラブルを生じたことが2,3度あった。要は、テーパー角度があることによる弊害が生じたわけだ。

ラインテンションを掛けて巻き取ることは、シマノリールでもダイワリールでも必須ではあるが、闇夜などの明かりが無いときではフカフカ巻きされていることに気づきにくい。フカフカ巻きされている時は、シマノリールだろうがダイワリールだろうがトラブルは発生しやすいが、その中でもダイワのABSスプールは若干このような症状が発生しやすいように感じている。

まぁ、「フカフカ巻きをしてしまうと、いずれのスプールを使用してもトラブルは発生しますよ~」ということ。フカフカ巻きさえしなければ、シマノだろうがダイワだろうが、どのリールでもそんなトラブルの発生は皆無であろうね。

スポンサーリンク

結局のところは、どうなの?

さて、結局のところ、AR-CとABS、どちらのスプールの方がトータルで優れているのか?

この不肖ゆたりなが思っている理屈と経験で言うならば、AR-Cスプールの方に軍配が上がると思ってはいるのだが・・・同条件での比較検討をしたわけではないから、断定はできない。当たり前か。 (;^_^A

正直、そんなに大きな差は無いのかなと。もし大きな差が生じてしまっているのなら、メーカー側が気付いて早くから対応しているだろうし・・・あっ、もしかしたらダイワのLTコンセプトは、そこに気づいた上での変更だったのかな? (。´・ω・)?

まぁ、そんな憶測は置いといて、周りでもどちらのリールもスプール形状の違いによるクレームなんて聞いたことがないから、実使用上は同等レベルなんでしょうね。使う条件によっても異なると思うし、結局は使う人の好みになるのかな?

なーんか、「結局はどっちやねん?」と言われそうだが、そんなことを考えながらリール選びをするってぇのも楽しみの一つではないかね。

皆様はどっちが好み?実体験で感じたことなどあれば、ぜひともコメントお寄せいただきたい!

スポンサーリンク

コメント

  1. 川原 より:

    私はルアー歴45年以上あります。
    スピニングリールによるラインでのトラブル発生は巻きの甘さが原因になります。
    これはスローオシュレーションでもクロスラップでも同様です。
    飛距離に関してはスローオシュレーションが不利となります。
    それはスプールからPEラインが出る時の抵抗が大きいからです。
    KRガイドのロッドで「スローオシュレーションでPE0.8号よりナイロン2号の方が飛距離が出ます」。
    上期と同じロッドで「クロスラップの場合ではPE0.8号とナイロン2号とではそれほど変わりませんでした」。
    PEを使われるなら「ゆたりなさんの様なDUELのラインが飛距離が出るでしょう。

    • ゆたりな より:

      川原さん、長年のご経験からの貴重なご意見、ありがとうございます!

      最近のスピニングリールにはいろんな機能が搭載されていますが、結局のところ、ご指摘のようにトラブル発生は巻きの甘さ、原因はこれに尽きると思います。

      結局はガイドセッティングやロッドの調子にも依るでしょうし、真に比較検討するとなると、厳密な条件設定が必要だとは思います。

      それにしても、厳密にご検討されている様子に頭が下がります。素晴らしいですね。
      今後もどんどんと、このアホアホブログへコメントいただき、いろんなことを教えてくださいませ!

  2. 小田原のPちゃん より:

    久々ですがコメントさせていただきます。
    DAIWAのカルディア他の刷新…
    やっぱりシマノを意識する感じがプンプンしますね。
    長年の独自規格による番手サイズ違いも、だいぶシマノに寄せてきた感じもあります。
    メーカー各社がイロイロと考え、新しいモデルを出してますが機能的には、頭打ちな感じしますね。
    だから防水性(耐塩害)とかに走ってる気が…
    個人的な考えですが道具である以上、リールも消耗品だと割り切って一定のサイクルでの交換なのかな~
    ちなみにキノコVSタケノコと同じレベルの大和マンVSしまじろうのリール対決ですが…
    自分は、D社好きですね。S社の細すぎるベールが…
    ただD社は、釣具メインの大人の為の玩具メーカーでS社は精密金属加工メーカーって考えると自ずと答え出ると思います。
    ネット上でのクレーム対応の温度差や、リコール出す出さないの考え方…
    高価な道具ですが趣味の範疇である以上、結局当人の好みですよ。

    • ゆたりな より:

      小田原のPちゃんさん、ご無沙汰してます!

      そうですよね!やっぱりシマノを意識する感じがしますよね!
      技術や知恵がすでに頭打ちの中、ゴリ押しで新機能,新規格を絞り出している感は否めませんよね。

      なんだかんだの「大和マンv.s.しまじろう」、確かに最終的には「人の好み」、これに尽きると思います!